武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

ダブリン発の爽やかな音楽・青春・恋愛映画~『シング・ストリート 未来へのうた』

投稿日:

© 2015 Cosmo Films Limited. All Rights Reserved

© 2015 Cosmo Films Limited. All Rights Reserved

「ONCE ダブリンの街角で」(2007年)、「はじまりのうた」(13年)と胸に染み入る音楽映画を世に放ったアイルランド人のジョン・カーニー監督。

最新作も音楽を前面に打ち出し、後味抜群の青春ラブストーリーに仕上げた。

不況にあえぐ1985年のダブリン。

14歳のコナー(フェルディア・ウォルシュ・ビーロ)は父親の失業で荒れた公立高校に転校する。

そこでイジメに遭い、校長に睨まれる。

家庭では両親の喧嘩が絶えない。

唯一の楽しみは音楽オタクの兄(ジャック・レイナー)と英国のヒット曲を聴くこと。

デュラン・デュランやザ・クラッシュなど80年代サウンドのオンパレードに心が揺さぶられる。

どんな事態に直面しても、コナーは妥協しない。

強靭さと反逆性が通奏低音となり、物語に芯を据える。

そこはかとなく醸し出される気品も嫌味がない。

そんな彼が年上のラフィーナ(ルーシー・ボイントン)にひと目惚れ。

そこから音楽を濃密に絡ませ、カーニー監督ならではの恋愛ドラマへと発展する。

彼女の心を射止めるためにバンドを結成するという動機が実にほほ笑ましい。

メンバー集めのくだりは、同じダブリンを舞台にした音楽映画の秀作「ザ・コミットメンツ」(1991年)を彷彿とさせる。

こちらはカバー曲ではなく、オリジナル曲で勝負。

それもミュージック・ビデオで売り出そうとする。

路地裏や海岸で彼らがゲリラ的に撮影する様子を監督がハンディ・カメラで肉迫するように活写する。

両者の波長が見事にマッチ。

全編からほとばしる音楽愛に心底、和まされる。

いや、音楽愛だけではない。

恋愛感情、友情、兄弟愛といろんな愛が詰まっている。

コナーが少年から脱皮を遂げるラストシーンにそれらが集約されていた。

音楽って、やっぱりええもんです~!!

1時間46分

★★★★(見逃せない)

☆9日からシネ・リーブル梅田ほかで公開

(日本経済新聞夕刊に2016年7月8日に掲載。許可のない転載は禁じます)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

伝説のバーマンが世界のバーへと誘うドイツ映画『シューマンズ バー ブック』

伝説のバーマンが世界のバーへと誘うドイツ映画『シューマンズ バー ブック』

バー文化、カクテル文化の深奥さを浮き彫りにしたドイツのドキュメンタリー映画『シューマンズ バー ブック』 東京では公開中で、大阪は5月5日からテアトル梅田で封切られ、その後は各地で~。 映画ファンのた …

刑事事件の裏側をえぐった日本映画『三度目の殺人』

刑事事件の裏側をえぐった日本映画『三度目の殺人』

ホームドラマを深化させてきた是枝裕和監督が一転、社会派の裁判ドラマに挑んだ。 法廷での真実とは何なのか。 心理サスペンスの形態を取りながら、その重い命題にメスを入れた。 ©2017 フジテレビジョン …

関西経済連合会で講演~『映画のはじまり、みな関西』

関西経済連合会で講演~『映画のはじまり、みな関西』

スリランカの哀しみをグッと胸に収め、今日の昼、中之島のホテル「リーガロイヤルNCB」でかつてないほどビッグな講演に臨みました。 関西経済連合会の評議員会で、『映画のはじまり、みな関西』をテーマにお話し …

ときめきシネマ・ワールド(NHK文化センター神戸教室)~!

ときめきシネマ・ワールド(NHK文化センター神戸教室)~!

明日から10月、秋ですね~。   秋といえば、文化・芸術のシーズン。   映画の世界に浸るのに最適です。   その流れで(笑)、NHK文化センター神戸教室の定時講座『とき …

アイリッシュ・バーGATBYで『ウイスキー アンド シネマ』出版記念トークショー

アイリッシュ・バーGATBYで『ウイスキー アンド シネマ』出版記念トークショー

昨夜、うちの近くのアイリッシュ・バーGATBY(大阪市西区京町堀)で、実に楽しいひと時を過ごしました。   新刊『ウイスキーアンドシネマ』(淡交社)の出版記念トークショー。   先月、実家(谷町6丁目 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。