武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

尼崎を舞台にしたけったいな家族映画『あまろっく』!

投稿日:

『あまろっく』--。

尼崎を舞台にした、何ともけったいなファミリー映画です。

町工場を営む65歳の父親(笑福亭鶴瓶)が、20歳のうら若き女性(中条あやみ)と再婚!

39歳の独身娘はどうしたらええねん!?

その娘に扮した仏頂面の江口のりこが最高!!

地元の兵庫県では12日に先行上映、19日から全国で公開されます。

映画ファンのための感動サイト「シネルフレ」で本作についてあれこれと書いています。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本とトルコの深い関わりをストレートで切り込む~『海難1890』

日本とトルコの深い関わりをストレートで切り込む~『海難1890』

日本とトルコが深く関わった出来事に迫る両国の合作映画。   目の前で絶望に陥っている人たちに手を差し伸べる人道的行為を真正面から見据える。   テロの脅威が増し、人命が軽んじられる …

キレて一線を越えれば、こうなる~『人生スイッチ』

キレて一線を越えれば、こうなる~『人生スイッチ』

毒舌コメディー~(*_*;   こんなジャンルがあれば、このアルゼンチン・スペイン合作映画『人生スイッチ』(7月25日公開)はその最たるもの。 歯車の狂った人たちの哀しくも面白い6つのエピソ …

妖しげな2人劇~『毛皮のヴィーナス』

妖しげな2人劇~『毛皮のヴィーナス』

好きか嫌いか、はっきり差が出る映画だと思います。   ぼくははまった!   参ったなぁ、こんな映画を撮るなんて……。   ☆     ☆     ☆     ☆      …

ジュンク堂書店難波店で刊行記念トークセッション~(^_-)-☆

ジュンク堂書店難波店で刊行記念トークセッション~(^_-)-☆

夕方から、ジュンク堂書店難波店で、拙著『フェイドアウト 日本に映画を持ち込んだ男、荒木和一』(幻戯書房)の刊行記念トークセッション。 ありがたいことに、出版記念イベントはこれで3回目ですが、物語の主舞 …

来年2月22日~24日、処女小説『フェイドアウト 日本に映画を持ち込んだ男、荒木和一』が舞台化されます!

来年2月22日~24日、処女小説『フェイドアウト 日本に映画を持ち込んだ男、荒木和一』が舞台化されます!

ペンネームの東龍造で編んだ初の小説『フェイドアウト 日本に映画を持ち込んだ男、荒木和一』(幻戯書房)が来年、舞台化されることになりました! 主人公の荒木和一が、明治30(1897)年2月22日~24日 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。