Admin

筆者の詳細

登録日時: 2012年3月19日

バイオグラフィー

武部好伸(タケベ・ヨシノブ) 1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。

最新記事

  1. 亡き恩師、坂本先生を偲んで…… — 2020年9月13日
  2. ドキュメンタリー映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』 — 2020年9月11日
  3. ヨーロッパ古代「ケルト」の残照 — 2020年9月10日
  4. 新著『ヨーロッパ古代「ケルト」の残照』、上梓しました! — 2020年9月9日
  5. 安倍首相、辞めはりますね — 2020年8月29日

最多コメントの記事

  1. 昨夜はサンボア100周年記念パーティーでした~(^_-)-☆ — 5 comments
  2. 『列車の到着』の映像、100余年の時を隔てて~ — 4 comments
  3. 今年最初の映画紹介~アキ・アウリスマキ監督の新作『希望のかなた』 — 4 comments
  4. 明日(21日)から亡き父親の写真展『あゝ、懐かしの大阪~昭和30年代の息吹~』が開催 — 4 comments
  5. 明日から2度目の南インド放浪の旅~(^_-)-☆ — 3 comments

この筆者の投稿リスト

9月 13

亡き恩師、坂本先生を偲んで……

今から半世紀以上前、大阪・天満橋にあった大阪市立東中学校で3年次の担任だった坂本寿栄子先生が黄泉の客人になられました。

よく怒ってはりましたので、あだ名は「エレキばばあ」(笑)

反逆精神と気骨ある国語の先生でした。

きのう、娘さんから封書で訃報が届き、吃驚しました。

4月19日に亡くなられ、享年、102。

2時間前までふつうに喋り、スープを飲んでおられたというから、大往生ですね。

東中(とうちゅう)は大阪でもとびきりの進学校で、勉強、勉強、勉強……ばかり。

めちゃめちゃ窮屈な校風だったので、ぼくは正直、なじめなかったです。

校区のトップ校、大手前高校に進学するための予備校みたいな感じで、ぼくはそれに反発して受験勉強を途中から放棄し、学園紛争で定員が割れていた清水谷高校を選びました。

もっとも大手前に行く学力がなかったのですが(笑)、自由な校風の清水谷に進学して、心底、よかったと思うています。

みんなと同じことをするのが大キライなぼくは、勉強はそこそこにして、陸上部の活動(走り幅跳び)とプロレスごっごに明け暮れていました。

そんな浮ついたぼくに坂本先生はずっと寄り添ってくれはりました。

プロレスごっごでケガをするたびに、「ホンマにええ加減にしときや!」と頭をはたかれ、えらい叱られましたが……。

夏の全日本放送陸上競技会のことが忘れられません。

校内の実力テストの日と重なっていたのです。

ぼくは絶対に試合に出場すると決めており、先生も承諾してくれはったのに、学校のトップから「出場はまかりならぬ!」と命じられ、やむなく辞退しました。

ホンマに無念で無念で、本気で泣きました。

そのとき先生が涙ながら、こう言うてくれはったんです。

「私もめちゃめちゃ悔しい。せやけど、社会に出たら、納得のいかんことがもっともっとぎょうさんある。この悔しさをバネにして、強くなりなさい!」

中学卒業後は疎遠になりましたが、社会に出て新聞記者になってから、時々、連絡を取り合うようになり、たまにご自宅にもお邪魔させてもらいました。

先生のご主人は新婚時代に南太平洋のニューギニア戦線へ出征され、戦死されました。

ごく短い結婚生活……。

後年、遺骨収集のため、現地へ赴いたことを手記にまとめられ、それをぼくが古巣新聞の紙面で紹介したこともありました。

新聞社を辞めたときはさすがに心配されましたが、ケルト文化の話をすると、目を爛々とさせて聞き入ってくれはりました。

すごい好奇心の持ち主です!

「エコ贔屓する先生や」という声も聞かれ、ぼろクソに言う同期生もいました。

でも、ぼくにとっては、めちゃめちゃ怖くて、そしてめちゃめちゃ好きな恩師でした!!

娘さんの文面に「母、自慢の生徒さん」と記されているのが、何とも気恥ずかしい。

まぁ、そう思っていただけたのがすごくうれしいです。

先生、ありがとうございました!

先生と出会えてよかったです!

間違いなく、ぼくの人生に大きな重しを与えてくれはりました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

9月 11

ドキュメンタリー映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』

今日は朝からウキウキ~😃🎵 なぜなら、ドキュメンタリー映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』の試写があるから。

そして、先ほど観ました~❗

案の定、アドレナリン濃度が一気に上昇~😍⤴️⤴️😍

1960年代後半から1976年のサンフランシスコでの「ザ・ラスト・ワルツ」コンサートまで、ロックシーンを熱く駆け抜けた愛すべき5人組のバンド~🎵🎸🎵

カナダ出身(1人を除く)なのに、アメリカ南部の土臭いサウンドをガンガン聴かせてくれましたね。

本作は、リーダー格ロビー・ロバートソンの自伝に基づき、彼の生い立ち、メンバーとの出会い、ボブ・ディランのバックバンド時代、自分たちのステージ活動などを余すところなく映像で伝えてくれます。

ディランをはじめ、ブルース・スプリングティーン、エリック・クラプトン、ジョージ・ハリソン……らそう錚々たるミュージシャンの証言と36曲にもおよぶ懐かしのナンバー~🎵

ホンマにすごいバンドやったなぁと改めて実感しました~❗

彼らの活動期、ぼくはジャズにのめり込んでいて、正直、あまり聴かなかったんですが、社会人になり、マーティン・スコセッシ監督の傑作ドキュメンタリー映画『ザ・ラスト・ワルツ』を観て、どっぷりハマった~‼️

そのスコセッシと『パパロッティ 太陽のテノール』を撮ったロン・ハワード監督が製作総指揮に名を連ねています。

ドラッグ、妬み、その他諸々知らない逸話がいろいろ紹介されていましたが、5人は兄弟のような強い絆を結んでいたんですね。

メンバーの3人が他界した今、よけいに愛おしく感じられました~😍

まだ興奮してます(笑)

10月23日から全国順次公開。大阪は30日から~。

9月 10

ヨーロッパ古代「ケルト」の残照

ヨーロッパ古代「ケルト」の残照

著者:武部好伸
出版社:彩流社
発売日:2020/9/30
定価:2,750円

 

ライフワークとして取り組んでいる「ケルト」紀行シリーズ全10巻(彩流社)の延長線上にある書物です。「ケルト」の原初の一端を浮き彫りにしようと、「ケルト」紀行シリーズを終えた2008年以降も引き続きヨーロッパ各地に点在するケルト関連スポットを取材してきました。

本書では、1995年からの分を含め、13の国と地域(ドイツ、オーストリア、スロヴァキア、ルクセンブルク、ベルギー、フランス、スペイン、イタリア、イギリス〈イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランド〉、アイルランド)にある29か所の貴重な遺跡を取り上げています。その遺跡とは、古代ケルト人が暮らしていた定住地のヒルフォート(丘砦)とオッピドゥム(要塞都市)です。

ヨーロッパの見知らぬ〈素顔〉が見えてきますよ!

9月 09

新著『ヨーロッパ古代「ケルト」の残照』、上梓しました!

新著『ヨーロッパ古代「ケルト」の残照』(彩流社)が手元に届きました~❗

22冊目の自著です。

ライフワークの「ケルト」に焦点を絞った本では、これで14冊目になります。

新聞社を辞めた25年前からヨーロッパのケルト関連スポットを踏破し、取材してきました。

その成果を「ケルト」紀行シリーズ全10巻(彩流社)にまとめ、2008年に一応、完結したのですが、実は未踏の地が結構あり、引き続き取材を続行。

本書は以前の分を含め、13か国、29か所の貴重な遺跡を取り上げ、「ケルト」の原初の一端を探っています。

ややマニアックな内容ですが、きちんと活字として〈記録〉に残すことができてよかったと思っています。

すべて自分の足で稼いだ〈現場主義〉に根づくものです。

それだけに、この本はめちゃめちゃ愛おしい~❗💕❗

来週末、本屋さんに並ぶそうです。

他のケルト関連本はこれです。

8月 29

安倍首相、辞めはりますね

きのう、ぼくとおない年の安倍首相が辞意を表明しました。

事あるごとに責任を痛感していると明言しながら、一度たりとも責任を取らなかったなぁ。

「長」たる者……、一般社会なら、絶対にあり得ないんやけど。

潔くなかった……。

いろいろ噴出したわが身に絡むややこしい問題に対して、十分に説明したと言えども、全く納得のいく説明になってなかったなぁ。

不透明やった……。

戦争指導者だった母方の祖父(岸信介)ではなく、非戦・平和主義を貫いたリベラルな父方の祖父(安倍寛)の薫陶を受け継いでほしかったなぁ。

テレビで記者会見を見て、そんなことを思いました。

持病の再発……、お大事にしてください。

途中でテレビを切り、散歩に出かけたら、北の空にすごい入道雲~!!

ムクムクムク……と音が聞こえそう。

夕陽に染まった超ド級の積乱雲です。

モスラが出現するんとちゃうやろか、とずっと見とれていました~(^_-)-☆

8月 28

甲子園でフィーバー~(^_-)-☆

きのう、今季初の甲子園でした~🎵😍🎵

毎年、懲りもせず、年に10回程度、甲子園(あるいは京セラドーム大阪)へ足を運び、わが阪神タイガースを応援しているのですが、今年は新型コロナ禍で開幕が遅れ、しかも観客を5000人以下に制限されたので、まったくチケットをゲットできませんでした。

ところが、プロ野球の神サンがチケットを授けてくれはりました~❗

ホンマは、馴染みのバー天神橋サンボアさんの常連客から回ってきたものです。

ラッキー😃💕

ありがとさんです❗

試合前、サンボアさんでチケットを受け取り、ビール・ベースのカクテル、レッド・アイを気付けでグビリとやり、いざ甲子園へ~🏃💨

8月の後半になって初めて甲子園というのは、ぼくにとっては前代未聞のこと。

夕立ちが上がり、視界が良好になった球場。

やっぱりここで飲むビールは最高でした~🍻

ゆったり観戦できるのはありがたいですね。

アルプス席が閉鎖され、何だか幼いころに行ったガラガラの甲子園にタイムスリップしたみたい~😆

でも、あの熱気がないのは何とも寂しい限り~😢

まぁ、贅沢言わんと、ジェントルマンの斉藤さん(天神橋サンボアの常連さん)と一緒に阪神の3タテを願って、しっかり応援しました~✌️⚾🐯

頼れるサンズが逆転3ランとソロホームランを連続で放ち、6対3で中日に快勝。

この直後、会心の3ランでした!! 画像がブレていて、すんません!

中日に3タテし、単独で3位に浮上しました。

ジェット風船も六甲おろしの熱唱もダメで、消化不良気味でしたが、ええ塩梅で勝利を収め、素晴らしいひと時を過ごせました。

もう1回くらい甲子園に来れるかな……(^^♪

8月 21

恩師、山崎正和先生、永眠……

文化勲章を受章された大学(大阪大学文学部美学科)のゼミ教官、山崎正和先生が19日に黄泉の客人になられていました。

享年、86。

昨年3月のお誕生日会では、かくしゃくとされておられました

劇作家、評論家として多大な功績を残されましたが、全くブレのない一本筋の通ったところがまばゆく感じられました。

保守の論客……。

飲み会の席で、酔いに任せてこんなことを言いました。

「先生と違って、ぼくはリベラル派で、ちょっと左がかっています」

すると、笑みを浮かべてこう返してくれはりました。

「純粋な学問にはイデオロギーは関係ないよ」

この春、先生の教え子が集う恒例のお誕生日会がコロナで中止となったのが残念でした。

ゼミをちょくちょくサボり、おそらく一番の劣等生であったであろうぼくを根気よく指導してくださり、ホンマにご迷惑をおかけしました。

以前、投稿しましたが、1984年に先生が吉野作造賞を受賞されたとき、ぼくは古巣新聞社の科学部記者で守備範囲外だったのに、あえてインタビューさせてもらいました。

この記事で、少しはご恩返しができたかなと思っています。

ご冥福をお祈り申し上げます。

そして、ホンマにありがとうございました❗

合掌……。

8月 20

南紀への小旅行~(^_-)-☆

18日~19日、和歌山・南紀へ小旅行に出かけました。

当初は日帰りの予定だったのですが……・(^^;)

〈1日目〉

お盆の休みは全く関係なく、大なり小なりずっと「オン」状態だったので、この日は頭を休めるため、完全に「オフ」の日。

朝、目覚めたら、突然、「岬での絶叫病」が再発し、すぐにJR天王寺駅へGo~🏃💨

何とか特急くろしお号に飛び乗れました~💨💦

いわば、衝動的です(笑)。

串本駅から町営の乗り合いバスに乗ると、何と運賃が無料でした~👍

コロナ禍による町民の負担軽減のためとのことですが、町民でないぼくもその恩恵に預かりました~(^_-)-☆

町営バスの車内はみな「身内」……

乗客と運転手はみな知り合い。

「わざわざ停留所に来んでも、うちの前で待ってたらええのに」

「〇〇さん、最近、見るとらんが、元気にやってるんかのう」

ほかほかムードがたまりませんわ。

そうこうしているうちに、本州最南端の潮岬に尽きました。

ここは約半世紀ぶりかな。

5年前、還暦の思い出に潮岬で叫ぶつもりが、インド最南端の岬(カニャークマリ)に大変更したので、ようやく実現の運びとなった次第です~😉

気温36度、雲一つない快晴。

でっかい、でっかい太平洋を背にして、思いっきり叫びました。

イェーッ~❗\(^-^)/❗

周りに誰もいないので、めちゃめちゃ大声が出た❗

もちろん、マスクなんか不要です。

あ~っ、気持ちよかった😃

潮岬観光タワーで、「本州最南端訪問証明書」をゲット!

コロナと無縁の世界、よろしおますな~😉

このあと潮岬灯台を見学。

そのあと町営バスで大島へ渡りました。

かつてはフェリーしかなったのですが、今では串本大橋ができてすぐに行けます。

大島は、明治23(1890)年、オスマン・トルコ帝国から特派使節として来日した650余人の将兵を乗せた軍艦エルトゥールル号が難破し、多大な犠牲者を出した地です。

そのとき地元の人たちによる救命活動は、トルコでよく知られており、それゆえ親日国になったといわれています。

2015年には、日本=トルコ合作映画『海難1890』も製作されました。

その悲劇を解説したトルコ記念館をじっくり見学。

窓から海を望むと、座礁した軍艦が見える仕組みになっています。

この軍艦、木造だったんですね!

当時、オスマン・トルコ帝国は衰退が著しく、欧米列強のように金属製の軍艦を建造できなかったのでしょう。

記念館のあと、すぐ近くにある樫野灯台に上り、雄大な太平洋とふたたび対峙しました。

しょうもないことを忘れてしまいますね!

灯台に行くまでにトルコの近代化に務め、今の「トルコの祖」といわれるケマル・アタチュルクの像と対面しました。

日本でこの人の銅像を拝見できるとは思わなかったです。

串本駅前行きの町営バスまで時間があったので、近くの喫茶店へ。

見るからに「昭和」丸出しのレトロなお店でした。

ビールでノドを潤しながら、70歳のママさんから亡き夫とののろけ話を聞かされ、危うくバスに乗り遅れるところでした~(^^;)

こちらの人、フレンドリーですね~(^^♪

このあと大阪へUターンするつもりだったのに、だんだん帰るのが邪魔くさくなり、結局、串本駅前のビジネスホテルにチェックインしました。

コロナ禍の今、飛び込みでも全くノープログラム。

宿泊客が数人だけみたいでした~😵

天然温泉や「Go To トラベル」も利用でき、ラッキー~😃💕

その天然温泉で汗を流し、気分一新、ホテル受付のお姉さんに地元の人しか行かけへんという居酒屋さんを教えてもらい、そこで美味な料理を堪能しました。

今日水揚げされたというマグロの造り&クジラの竜田揚げ。

とりわけカツオの塩辛がシビれた~👍

新宮の地酒、太平洋とよぉ合いましたわ~!

南紀といえば、マグロです!
クジラの竜田揚げもGOODでした
珍味……、カツオの塩辛

ネットの情報より、じかに仕入れた情報の方がいかに納得できるかということ。

海外の旅でもこれを踏襲してます。

まぁ、日帰りを止めて、ホンマによかったです~😉

居酒屋で美味しいモンを食べてから、釣りを楽しんでいる夜の漁港を散策し、締めでバーに足を運ぶと、店主さんが申し訳なさそうに……。

「すみません。コロナの関係で、一見さんと県外のお客様はお断りしています。どうかご理解ください。串本にはあと一軒、バーがありますが、同じ対応をさせてもらっています」

そういうことなんや~😅

厳しい現実に直面しました!

でも、これも旅情……、まったく気にしていません(笑)

そんなこんなで、1日目が終わりました。

〈2日目〉

ホテルをチェックアウト後、近くの喫茶店で朝食を取ろうとしたら、「県外の人の入店をお断りしています」の貼り紙。

ガーン!

朝からこれですか……。

まぁ、しゃないですね。

どう考えても過剰反応と思うのですが、お店の立場になると理解できます。

そこで自動販売機で買った缶コーヒーで済まし、電車で白浜へ向かいました~🚃💨

温泉が目的ではありません。

せっかく南紀へ来たのだから……、観光そっちのけで、博物学、植物学、海洋学、鉱物学、考古学、民俗学など幅広い分野で世界的に名をとどろかせた紀州出身の「知の巨人」、南方熊楠の世界に浸ろうと思いました。

ぼくを日本ペンクラブの会員に推薦してくださった和歌山出身の作家、神坂次郎さんの代表作『縛られた巨人―南方熊楠の生涯』を読み、俄然、この人物に興味を覚えていたのです。

円月島を眼下に望める番所山にある南方熊楠記念館へ。

熊楠が収集した鉱物、貝殻、粘菌などをじっくり拝見しました。

観光客の多い白良浜とはうって変わり、こちらはのどかです。

屋上からの眺めがことさら素晴らしかった!

ランチは円月島を望みながら、お造りの盛り合わせと地ビール~🐟

🍻

新鮮で美味しゅうございました~😃

白浜駅前から明光バスで紀伊田辺へ向かい、街中にある南方熊楠顕彰館と隣接する旧居に入りました。

熊楠が研究に耽っていた部屋は思いのほか資料が散乱しており、「ぼくとよぉ似ている」と妙に親近感を。

未知の物事に対する好奇心と探求心、それをとことん解明しようとする行動力と意欲に圧倒され、大いに刺激を受けました❗

資料倉庫です

博覧強記……、驚異的な記憶力は「写すことで覚えられる」を実践してきはったからなんですね~😲

やっぱり肉筆で書き込まなあかんねん。

思いのほか満足感を抱き、紀伊田辺駅から特急くろしお号に乗って天王寺駅への帰路に就きました。

日帰りから急きょ一泊になったけれど、心身ともにリフレッシュでき、熊楠さんからめちゃめちゃパワーをもらえた南紀への小旅行~😉

コロナ禍でも十分、旅を楽しめます。

潮岬へ叫びに行って大正解、ホンマ、充実した2日間でした~😉

8月 15

敗戦75年……

「焼夷弾が雨あられのように降り注ぎ、あわてて子たちと一緒に防空壕へ走った。空襲が終わり、外に出たら、町がほとんど焼かれていて一変してた。焼死しはった人もぎょうさんいた。女学校(現在の清水谷高校)に爆弾が落ち、何人か亡くなったんや」

「防空壕で亡くなった人がぎょうさんいたから、次の空襲では上六まで駆けつけ、百貨店(現在の近鉄百貨店上本町店)へ逃げ込んだ。ホンマに怖かった」

ぼくが大学1年の時、83歳で亡くなった祖母が、晩年になって時々、思い出したように戦時中の話を喋ってくれました。

長いこと同居してましたから。

祖父とは昭和4年に死別しており、オヤジさんと長兄は出征していたので、祖母が3人の子と清水谷高校近くの長屋(大阪市中央区)で暮らしていたそうです。

戦後、復員してきた父と兄が働き手となり、祖母もいろんな仕事に就き、一家5人が一丸となって厳しい生活を乗り越えていきました。

敗戦75年目の今日、気丈な明治女のおばあちゃんのことがふと思い出されました。

8月 11

熱きジャーナリスト魂を描いた映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』(14日から公開)

ガレス・ジョーンズという英国人ジャーナリストをご存知ですか?

正確にはウェールズ人ですが……。

第2次世界大戦の6年前、世界恐慌のあおりで経済の疲弊が続いていた先進諸国の中で唯一、「繁栄」を誇っていたスターリン統治下のソ連に目を付け、そのおぞましい実態を暴いた人です。

ヒトラーに初めて単独インタビューしたお人でもあります。

14日公開の『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』は、社会正義と現場主義に根差し、命を張って取材に邁進したガレス・ジョーンズの熱きジャーナリスト魂が描き上げられています。

すべて実話……、ぼくは涙しました。

ジャーナリズムの衰退が叫ばれている今だからこそ、観るべき映画だと思います。

ポーランドの女流映画監督、アグニェシカ・ホランドの本気度が伝わってきました!

映画ファンのための感動サイト「シネルフレ」で、本作の背景や意義についてたっぷり書かせてもらっています。

http://cineref.com/review/2020/07/post-1037.html

古い記事へ «