Category Archive: その他

9月 13

亡き恩師、坂本先生を偲んで……

今から半世紀以上前、大阪・天満橋にあった大阪市立東中学校で3年次の担任だった坂本寿栄子先生が黄泉の客人になられました。

よく怒ってはりましたので、あだ名は「エレキばばあ」(笑)

反逆精神と気骨ある国語の先生でした。

きのう、娘さんから封書で訃報が届き、吃驚しました。

4月19日に亡くなられ、享年、102。

2時間前までふつうに喋り、スープを飲んでおられたというから、大往生ですね。

東中(とうちゅう)は大阪でもとびきりの進学校で、勉強、勉強、勉強……ばかり。

めちゃめちゃ窮屈な校風だったので、ぼくは正直、なじめなかったです。

校区のトップ校、大手前高校に進学するための予備校みたいな感じで、ぼくはそれに反発して受験勉強を途中から放棄し、学園紛争で定員が割れていた清水谷高校を選びました。

もっとも大手前に行く学力がなかったのですが(笑)、自由な校風の清水谷に進学して、心底、よかったと思うています。

みんなと同じことをするのが大キライなぼくは、勉強はそこそこにして、陸上部の活動(走り幅跳び)とプロレスごっごに明け暮れていました。

そんな浮ついたぼくに坂本先生はずっと寄り添ってくれはりました。

プロレスごっごでケガをするたびに、「ホンマにええ加減にしときや!」と頭をはたかれ、えらい叱られましたが……。

夏の全日本放送陸上競技会のことが忘れられません。

校内の実力テストの日と重なっていたのです。

ぼくは絶対に試合に出場すると決めており、先生も承諾してくれはったのに、学校のトップから「出場はまかりならぬ!」と命じられ、やむなく辞退しました。

ホンマに無念で無念で、本気で泣きました。

そのとき先生が涙ながら、こう言うてくれはったんです。

「私もめちゃめちゃ悔しい。せやけど、社会に出たら、納得のいかんことがもっともっとぎょうさんある。この悔しさをバネにして、強くなりなさい!」

中学卒業後は疎遠になりましたが、社会に出て新聞記者になってから、時々、連絡を取り合うようになり、たまにご自宅にもお邪魔させてもらいました。

先生のご主人は新婚時代に南太平洋のニューギニア戦線へ出征され、戦死されました。

ごく短い結婚生活……。

後年、遺骨収集のため、現地へ赴いたことを手記にまとめられ、それをぼくが古巣新聞の紙面で紹介したこともありました。

新聞社を辞めたときはさすがに心配されましたが、ケルト文化の話をすると、目を爛々とさせて聞き入ってくれはりました。

すごい好奇心の持ち主です!

「エコ贔屓する先生や」という声も聞かれ、ぼろクソに言う同期生もいました。

でも、ぼくにとっては、めちゃめちゃ怖くて、そしてめちゃめちゃ好きな恩師でした!!

娘さんの文面に「母、自慢の生徒さん」と記されているのが、何とも気恥ずかしい。

まぁ、そう思っていただけたのがすごくうれしいです。

先生、ありがとうございました!

先生と出会えてよかったです!

間違いなく、ぼくの人生に大きな重しを与えてくれはりました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

8月 15

敗戦75年……

「焼夷弾が雨あられのように降り注ぎ、あわてて子たちと一緒に防空壕へ走った。空襲が終わり、外に出たら、町がほとんど焼かれていて一変してた。焼死しはった人もぎょうさんいた。女学校(現在の清水谷高校)に爆弾が落ち、何人か亡くなったんや」

「防空壕で亡くなった人がぎょうさんいたから、次の空襲では上六まで駆けつけ、百貨店(現在の近鉄百貨店上本町店)へ逃げ込んだ。ホンマに怖かった」

ぼくが大学1年の時、83歳で亡くなった祖母が、晩年になって時々、思い出したように戦時中の話を喋ってくれました。

長いこと同居してましたから。

祖父とは昭和4年に死別しており、オヤジさんと長兄は出征していたので、祖母が3人の子と清水谷高校近くの長屋(大阪市中央区)で暮らしていたそうです。

戦後、復員してきた父と兄が働き手となり、祖母もいろんな仕事に就き、一家5人が一丸となって厳しい生活を乗り越えていきました。

敗戦75年目の今日、気丈な明治女のおばあちゃんのことがふと思い出されました。

8月 11

けったいですね……( ;∀;)

風邪を引いたり、病気になったりした人に対して、「お大事に❗」、「お大事になさってください」というのが人間として当たり前ですよね。

ところが新型コロナの場合、感染するや、白い目で見られがちで、「お大事に❗」の言葉はおろか、差別意識まで芽生えてしまいます。

陽性の段階ですら、「犯罪者」扱いにされるケースもあります。

恐怖心が先立つのでしょうかね~😵

ふつうの風邪、コロナより強烈なインフルエンザと同じように、誰でも罹患する可能性があるんですから、そろそろ新型コロナを「特別視」するのを止めて、ホンマに冷静にならなアカンと思います~👍

もっと恐ろしい病気がぎょうさんあるんですから~❗

7月 30

朝日カルチャーセンターで小泉凡さんの公開講座+小寺さん、最後の担当講座!

明治期の作家ラフカディオ・ハーンこと、小泉八雲のひ孫さんで、民俗学者の小泉凡さんの公開講座『小泉八雲と「怪談(KWAIDAN)」~見えないものへのまなざし』が本日、朝日カルチャーセンター中之島教室で開催されました。

凡さんとは、「ケルト」を介して、何十年来のご縁で、本日、久しぶりに再会できました。

ひいお祖父さんの研究では第一人者とあって、講演は非常に興味深いものでした。

◎八雲が松江で体験したコレラ禍で、学校でクラスターが発生しても、生徒たちがパニックを起こさなかった。

◎社会不安があると、妖怪がブームになる。

◎感染症も妖怪も目に見えないものに対する人間の恐怖心の歴史で、共に人間の力の限界を教える。

◎ゆえに⇒「人間中心主義」の反省、人間の謙虚さと優しさを回復すべし。

2時間みっちり、有益な話をいろいろ聞かせてもらいました😃

凡さんを招聘したのは、朝日カルチャーの有能なスタッフ、小寺千絵さん。

長きにわたるぼくの「ケルト」講座を立案してくれはったお人です。

「ケルト」紀行シリーズの本が上梓されるたびに、カルチャーで公開講座を開いてくれはりました。

今までどれほど企画してくれはったことか。

千里⇒川西⇒芦屋⇒中之島の各教室での「ケルト」講座はどれも盛況で、すごく話し甲斐がありました。

しかも拙著の販売まご協力いただき……。

感謝しています。

小寺さん、最後の担当講座が凡さんで締めてくれはって、ホンマ、嬉しかったです❗

お疲れさまでした!!

7月 23

『ザ・NINJA・クイズ』、最後の「番外編」

読売新聞奈良版でうちの嫁さんが19年間続けてきた『ザ・NINJA・クイズ』。

2週間前、連載が450巻で終わることを投稿しましたが、その「番外編」(22日付け)の掲載紙が先ほど奈良支局から郵送されてきました。

最終回の応募総数が341通もあり、クイズの終了を惜しむコメントがぎょうさん寄せられていました~😁

これでもって正真正銘、フィナーレです。

再度、お疲れさんでした~❗

彼女が心を込めて読者の方々に向けたメッセージ(つぶやき?)を読んでやってください~(^_-)-☆

*イラストの本人像……、これ、ウソです(笑)。実物はかなりスリム~😅

7月 09

読売新聞奈良版の『ザ・NINJA・クイズ』、450の巻で終了

うちの嫁さん、イラストレーターです。

この19年間、読売新聞の奈良版(のちに滋賀、伊賀、和歌山、福井の各版)で、「ザ・NINJA・クイズ」を月に2回連載してきたんですが、紙面改革によって、450回目で終了と相成りました。

最終回(7月8日付け朝刊)の掲載紙が先ほど奈良支局から郵送されてきました。

今回、応募数が少ないですが、多い時には350通、平均250通が支局に届いていたそうです。

県版レベルではかなりの反響だと思います。

締め切り日が近づいてくると、自室にこもり、参考文献とにらめっこして、頭をひねり、イラストと出題文を必死のパッチで考えてはりました。

「くノ一シノブ」、「伊賀のグリ丸」、「甲賀のガジ郎」、「服部ボクネン斎」、「謎の行者・オズヌ」、「忍ガラスのカン太郎」、「忍犬ケン太」といったキャラクターを自在に操り、結構、楽しそうでしたが……。

紅一点、「くノ一シノブ」ちゃんのファンがいてはるとか(笑)

今やいっぱしの「忍者博士」~!

「せめて区切りのええ500回まで続けたかったわ」と残念そうですが……。

2週間後、22日付けの紙面に読者の方への熱いメッセージが載ります。

お疲れさんでした!!

7月 08

「新しい生活」~???

新型コロナウイルス禍によって「新しい生活(社会、日常)」が叫ばれていますが、ぼくはその言葉(考え方、認識)にめちゃめちゃ違和感を抱いてますねん。

昨夜、NHK・BS『アナザーストーリー選「マンデラと“ゆるし”~アパルトヘイトとの闘い~」』(再放送)を見て、その思いをいっそう強くしました。

白人優位社会からあらゆる人種の共存社会へ……。

そのことを新生南アフリカの指導者マンデラが「新しい社会、生活を!」と訴えていました。

ガンジーも英国からのインド独立時に同じことを言うてはりました。

軍事政権を倒した、世界でいちばん貧しいウルグアイの元大統領ムヒカさんも……。

それは相当な覚悟を持って、国の新しい秩序を構築するときにこそ使うべき言葉だと思います。

何が言いたいのかというと、コロナ以降の日常は「新しい生活」でも何でもなく、「不自然で不健全きわまる生活」だということ。

換言すれば、居心地の悪いややこしい生活であり、あくまでも、「非常(異常)事態における〈一時的〉な生活」とぼくは受け止めています。

人の営みの根幹ともいえる「3密」を避けなければならないという今の状況は明らかに不健全です!!

こんな状態がずっと続いたら、社会が歪になり、人間性も阻害されてしまいますよ。

だから、安易に「新しい生活」と規定してほしくないんです。

皆、右へならへ~、こんなん大嫌い~(>_<) 近い将来、マスクなしで、当たり前のように人と人が膝を交えて語り合えていた元の普通の生活にきっと戻るはずです。 あのスペイン風邪の時でもちゃんと戻ってました。 とにかく、今は我慢して、一日も早く元の日常に戻さなあきません~!!

6月 27

ぞろ目、66歳になりました~(^_-)-☆

今日、誕生日を迎えました。

これからも引き続き、「ICI」でやっていきます。

わかりますか?

「イチビリ」、「ちょか」、「いらち」

大阪人以外の人には理解しにくいかもしれませんが……。

最後の「いらち」は余計かな。

ということで、よろしゅうお願いします。

イェーツ~(^O^)/

6月 16

亡き井上ひさしさんの箴言

文章を書くうえでいつも念頭に置いているのが、劇作家、井上ひさしさんの言葉です。

これを実践するのはしんどいです~(笑)

永遠の課題かな。

4月 11

今朝のテレビ出演、楽しかったです~(^_-)-☆

今朝のABCテレビ朝の情報番組『おはよう朝日土曜日です』へのゲスト出演。

亡くなられた大林宣彦監督へのコメント出演は急きょ、依頼されました。

本チャンの「元気になる名作映画」特集は、勝手に口からどんどんアドリブが出て、相方のヤッピー(八塚アナ)が慌てていましたが(笑)、シャンプーハットの2人がゲラゲラ笑っていたので、さらにテンションが高まった次第です。

ご紹介した作品は、『ニュー・シネマ・パラダイス』、『インビクタス/負けざる者たち』、『フラガール』、『裏窓』、『十二人の怒れる男』の5本。

映像の使用料や版権などでいろいろ制約がある中での苦渋のリストアップでした。

日本映画が『フラガール』1本だけというのもそういう事情です。

それにしても、よぉ動きながら、よぉ喋りました。

めちゃめちゃ楽しかった。

ちなみに、ぼくの映画ベスト10は以下の通りです。

「日本映画」
1、『生きる』
2、『砂の器』
3、『東京物語』
4、『泥の河』
5、『飢餓海峡』
6、『用心棒』
7、『わが町』
8、『浮雲』
9、『奇跡』
10、『青春デンデケデケデケ』

「外国映画」
1、『第三の男』(英)
2、『街の灯』(米)
3、『スティング』(米)
4、『さらば、わが愛/覇王別姫』(中国)
5、『十二人の怒れる男』(米)
6、『ニュー・シネマ・パラダイス』(伊)
7、『カサブランカ』(米)
8、『冒険者たち』(仏)
9、『お熱いのがお好き』(米)
10、『ベニスに死す』(伊)

古い記事へ «