Category Archive: 講演

10月 17

関大梅田キャンパスで映画&洋酒のトークイベント(11月10日)~(^_-)-☆

関西大学梅田キャンパスの異業種交流サロン「KANDAI Me RISE(かんだいみらいず)倶楽部」が楽しいイベントを企画しています。

11月10日(火)の夜に開催されるトークイベント『ほろ酔いシネマBAR-映画を彩る洋酒たち―』

ぼくがナビゲーターを務めます。

会員だけでなく、一般の方も募集しています。

映画とお酒のお好きな人、ホンワカとした気分になりたい人、いっちょかみな(何でも首を突っ込みたがる)人……にはうってつけですよ。

https://peatix.com/event/1675367

10月 14

18日、福岡で「ケルト」の講演~(^_-)-☆

以前、お伝えしましたが、18日、福岡で日本ケルト協会のセミナーで講演をします。

演題は『古代「ケルト」の残照~オッピドゥム(要塞集落)を巡って~』。

これ、新著『ヨーロッパ古代「ケルト」の残照』(彩流社)の内容に沿ったものです。

今年の春先、日本ケルト協会から講演のオファーがあったのですが、その時はまだ本を執筆中で、このセミナーに間に合わすべく、必死になって執筆のスピードを加速しました。

脱稿後、編集者が実にスピーディーに事を運んでくださり、かなり早めに上梓することができました。

このセミナーが何だか「出版記念講演」みたいになり、ホンマによかった、よかった!

「ケルト」を介してヨーロッパの「古層」を垣間見られると思います。

九州近辺の方、興味があれば、どうぞお越しください。

今後、福岡以外でもこのテーマで講演があろうかと思います。

決まれば、即、告知させてもらいます。

7月 03

小泉凡さんの特別講座、7月30日(木)

「小泉八雲と『階段(KWAIDAN)』見えないものへのまなざし』

ぼくの講座ではありませんが、ご縁のある方の非常に興味深い講座なので、ご紹介させていただきます。

講師は、明治期の日本で小説、随筆、民俗学など幅広い分野で活躍したラフカディオ・ハーン、こと小泉八雲のひ孫に当たられる小泉凡さん。

現在、松江市にある小泉八雲記念館館長を務めてはります。

凡さんとは、「ケルト」を介して20年ほど前に知り合い、松江で開催されたアイルランド関係の講演会に招聘していただき、ご自宅に招待されたこともあります。

ピアノがめちゃめちゃお上手です~(笑)

講座では、八雲研究家の第一人者である凡さんならではの切り口で、目に見えない世界の本質を語ってくれはると思います。

ご関心のある方、大阪・中之島へどうぞ~(^_-)-☆

3月 29

4月18日、隆祥館書店で文化イベント~!!

世の中がだんだんややこしくなってきましたが……、だからこそ、こんなイベントが意味を持つのではないでしょうか。

『文化のインフラとしての本屋のあり方』

4月18日(土)15時~17時、大阪・谷町六丁目にある「隆祥館書店」で。

新型コロナウイルス禍による自粛が全国的に強化され、図書館も閉館になっています。

こういう非常時に町の本屋は何ができるのか……。

書店オーナーの二村知子さんが、言い知れぬ切迫感からこのイベントを企画しはりました。

作家の増山実さん、ジャーナリストの木村元彦さんと共に忌憚のない意見を交換したいと思うています。

当日は、最大限の感染防止対策を講じると二村さんが言うてはります。

皆さんもご一緒に考えませんか?

参加費:1500円

2月 01

英国コーンウォールのトークショー~7日(金)夜、天六のワイルドバンチで

大阪・天六(天神橋筋六丁目)のブック・カフェバー「ワイルドバンチ」は、映画をいろんな形で発信している文化スポットです。

これまで、ぼくはそこで映画や人生訓などいろいろトークをさせていただきました。

そして7日(金)にはこんなイベントが~!!

公開中の映画『フィッシャーマンズソング コーンウォールから愛をこめて』に絡み、『イギリス・コーンウォール解説』というトークイベントです。

コーンウォールは、イングランドの最西端に位置する「ケルト」の地です。

拙著『イングランド「ケルト」紀行~アルビオンを歩く』(彩流社)の関連で、イングランドについてはちょくちょく講演しているのですが、コーンウォールだけに焦点を当ててお話するのは初めてです。

なかなかユニークな土地柄です。

ご興味があれば、お気軽に聴きに来てください~(^_-)-☆

10月 07

アイルランド、てんこ盛り~!! 今月19日(土)、朝日カルチャーセンター芦屋教室で

再告知です。

昨年春、朝日カルチャーセンター中之島教室で2度も開催した特別講座『アイルランド物語-歴史、文化、風土を知る-』が非常に好評だったとのことで、今月19日(土)、芦屋教室でも開くことになりました。

まだ残席があるらしいですが、ご興味のある方、お早めにお申し込みください。

HPからでもOKです。

https://www.asahiculture.jp/course/ashiya/da41f4a4-2012-31ad-6e93-5d25bd1f6e2a

8月 24

キネプレの特別イベント~『食っていく、という話をしよう』30日!

ぼくの知人でお世話になっているキネプレ主宰者、森田和幸さんからオファーがありました。

以下、告知文です。

【来週開催!】

8/30(金)20時~、大阪・天六(天神橋筋六丁目)のブック・カフェ「ワイルドバンチ」で、『食っていく、という話をしよう』イベント第1回を開催!

エッセイストの武部好伸さんをお招きし、記事や文章の書く心構え、インタビュー術、仕事の流儀などのお話を伺います。

現在予約受付中!学生割引あり~!

予約・詳細は↓

http://www.cinepre.biz/archives/25232

3月 14

23日、大阪・中之島での特別講座『「ケルト」を旅する 中・東欧からギリシア、トルコへの歴史紀行』

再度の告知です。

『「ケルト」を旅する 中・東欧からギリシア、トルコへの歴史紀行』

こんな演題で、23日(土)、朝日カルチャーセンター・朝日JTB・交流文化塾の中之島教室で目一杯、解説させていただきます。

なじみの薄い国々を「ケルト」のフィルターで斬ります。

なんで「ケルト」やねん??

疑問に思われる人が多いでしょうが、講演を聴いていただくとすべて判明します。

非常に濃密な内容で、絶対にコスパがええです(自分で言うか!)。

興味のある方、知的好奇心のある方、いっちょかみの人……、ご都合よろしければ、聴きに来てください~(^_-)-☆

2月 11

大阪自由大学で『大阪の映画文化史』をお話しします~(^_-)-☆

先日、大阪市立中央図書館で、『映画のはじまり、みな大阪』のテーマで講演したばかりですが、3月に一般社団法人(非営利型)大阪自由大学で『大阪の映画文化史』と題して3回にわたってお話しさせていただきます。

大阪自由大学は、地域・市民に開かれた学びの場です。

毎日新聞社の大先輩(池田知隆さん)が理事長を務めてはります。

映画黎明期、映画製作の撮影所、「大阪映画」の数々。

明治から大正、昭和を経て、平成にいたる大阪の映画文化史をわかりやすく解説するつもりです。

3回通しで聴講されると、大阪と映画の関わりの深さがわかっていただけると思っています。

ご興味のある方、お気軽に聴きに来てください~(^_-)-☆

2月 05

10日(日)、シネ・リーブル梅田で『ちいさな独裁者』のトークイベント~(^_-)-☆

第2次世界大戦終結から74年が経ちますが、今なおヒトラー、ナチス・ドイツ、ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)をテーマにした映画が相次いで製作されています。

「負の遺産」を風化させまいとする映画人の気概に大いにリスペクトしています。

8日から公開の『ちいさな独裁者』もそうです。

ドイツ敗戦の直前、一介の若い脱走兵が将校の軍服をまとったことから、嘘を塗り固めて暴君と化していく様をスリリングに描かれています。

これ、実話なんです!

ぼくはゆめゆめドイツや戦争映画の専門家ではないのですが、シネ・リーブル梅田で10日(日)14時の回の上映終了後、16時からトークイベントをすることになりました。

お時間が許せば、本作を観て、ぼくの拙い話をお聴きくださいませ。

映画のHP:http://dokusaisha-movie.jp/

古い記事へ «