武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

大阪 映画

初めての小説『フェイドアウト 日本に映画を持ち込んだ男、荒木和一』、今月末に発売です~(^_-)-☆

投稿日:

以前、少しお知らせしましたが……。

ぼくの初小説『フェイドアウト 日本に映画を持ち込んだ男、荒木和一』が今月末に発売されます。

23冊目の著作で、67歳にして小説家デビューです~😁(笑)

初めて筆名(東龍造=ひがしりゅうぞう)を使いました。

名前の由来は、うふふ~😆

版元は幻戯(げんき)書房という出版社。

おそらく聞いたことのない出版社だと思いますが、小説『男たちの大和』で知られる歌人で作家の亡き辺見じゅんさん(実兄が角川春樹氏)が創設した出版社で、「紙の本」の力を信じ、文芸書を中心に地道に本づくりに取り組んでいます。

同書は、125年前の明治29(1896)年から翌年にかけて大阪を舞台に、アメリカ・エジソン社の映写機ヴァイタスコープを個人輸入した心斎橋の舶来品雑貨商、荒木和一の動きを追ったものです。

このことは拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社、2016年10月発行)の第一章で記載した内容ですが、非常にドラマチックな展開とあって、「これだけで済ませておくのはもったいない」というご意見を多数寄せられ、ならば、事実から着想を得た評伝風小説として世に出そうと決意。

改めて調査・取材に着手し、推敲に推敲を重ね、また何度も書き直しもして、4年がかりでようやく陽の目を見ることができました。

それだけに、すごく愛おしいです~😍😍

映画がいかにして日本に導入されたのか、そのプロセスもよくわかっていただけると思います。

出版記念トークイベントも企画されておりまして、詳細が分かれば、告知させていただきます~✌️

-大阪, 映画,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

愛こそはすべてを描き上げたイタリア映画~『ミラノ、愛に生きる』

愛こそはすべてを描き上げたイタリア映画~『ミラノ、愛に生きる』

明日がクリスマス・イブ。 あと1週間余で2011年のエンディングですね。 今年の映画の見納めにこんな作品はいかがですか。 『ミラノ、愛に生きる』 純然たるイタリア映画です。      ☆     ☆  …

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(11)

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(11)

【今読んでおきたい本】 『剣の天地』 池波正太郎 *新潮文庫 1979年 家来の命を救うため、あっさりと自分の城を捨てたあと、剣士としてその道を極め、新陰流の創始者となる。 木刀では怪我を負うと、竹刀 …

「大阪の映画を語る!」~日本映画連続講座2011

「大阪の映画を語る!」~日本映画連続講座2011

今月30日(日)、大阪マラソンが開催されますね~。 抽選漏れで出場できなくなったぼくは、まさにその日、大阪城近くの大阪歴史博物館 NHK大阪放送局と同じ建物)で、『大阪の映画を語る!』と題して講演する …

児童移民の実態に迫る~イギリス映画『オレンジと太陽』

児童移民の実態に迫る~イギリス映画『オレンジと太陽』

なかなか骨太な社会派の映画が公開されます。 『オレンジと太陽』 オススメです。      ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ 児童移民。 子供を強制的に海外へ移送すること。 民主国家を …

三重苦を克服したフランス人少女の物語~『奇跡のひと マリーとマルグリット』

三重苦を克服したフランス人少女の物語~『奇跡のひと マリーとマルグリット』

 『奇跡の人』   この題名を聞くと、年配者ならヘレン・ケラーとサリヴァン先生の話を思い浮かべるでしょう。   よく似たことがフランスでもあったんですねぇ。   ☆    …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。