武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

大阪 映画

初めての小説『フェイドアウト 日本に映画を持ち込んだ男、荒木和一』、今月末に発売です~(^_-)-☆

投稿日:

以前、少しお知らせしましたが……。

ぼくの初小説『フェイドアウト 日本に映画を持ち込んだ男、荒木和一』が今月末に発売されます。

23冊目の著作で、67歳にして小説家デビューです~😁(笑)

初めて筆名(東龍造=ひがしりゅうぞう)を使いました。

名前の由来は、うふふ~😆

版元は幻戯(げんき)書房という出版社。

おそらく聞いたことのない出版社だと思いますが、小説『男たちの大和』で知られる歌人で作家の亡き辺見じゅんさん(実兄が角川春樹氏)が創設した出版社で、「紙の本」の力を信じ、文芸書を中心に地道に本づくりに取り組んでいます。

同書は、125年前の明治29(1896)年から翌年にかけて大阪を舞台に、アメリカ・エジソン社の映写機ヴァイタスコープを個人輸入した心斎橋の舶来品雑貨商、荒木和一の動きを追ったものです。

このことは拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社、2016年10月発行)の第一章で記載した内容ですが、非常にドラマチックな展開とあって、「これだけで済ませておくのはもったいない」というご意見を多数寄せられ、ならば、事実から着想を得た評伝風小説として世に出そうと決意。

改めて調査・取材に着手し、推敲に推敲を重ね、また何度も書き直しもして、4年がかりでようやく陽の目を見ることができました。

それだけに、すごく愛おしいです~😍😍

映画がいかにして日本に導入されたのか、そのプロセスもよくわかっていただけると思います。

出版記念トークイベントも企画されておりまして、詳細が分かれば、告知させていただきます~✌️

-大阪, 映画,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大阪ヨーロッパ映画祭が始まります~!!

大阪ヨーロッパ映画祭が始まります~!!

大阪ヨーロッパ映画祭が明日(22日)から、堂島のホテルエルセラーン大阪をメーン会場にして開幕します(26日まで)。   今年で19回目。   すっかり晩秋の大阪の風物詩になりました …

こんな瞬間があってもいいかも~4つの短編オムニバス映画『Only 4 you』

こんな瞬間があってもいいかも~4つの短編オムニバス映画『Only 4 you』

  あっちへ行ったり、こっちへ行ったりと迷いながら人生を歩んでいると、どこかで転機にぶつかる時がありますね。   ぼくはスコッチのシングルモルトに出会えて、ライフワークともいえる「 …

キネ坊主(Cine Boze)にトークイベントの内容が載りました!!

キネ坊主(Cine Boze)にトークイベントの内容が載りました!!

関西の映画シーンを伝えるサイト「キネ坊主(Cine Boze)」。 そこに17日、テアトル梅田でのイギリス映画『ウイスキーと2人の花嫁』のトークイベントの内容がすべて掲載されています。

人生、一度限り……、余命いくばくもない。はて、どうする?ドイツ映画 『君がくれたグッドライフ』

人生、一度限り……、余命いくばくもない。はて、どうする?ドイツ映画 『君がくれたグッドライフ』

人生、一度限り。 余命いくばくもないとわかったとき、どうしますか? そのひとつの回答を、このドイツ映画『君がくれたグッドライフ』は示してくれています。 安楽死、尊厳死の問題にも言及しており、いろいろ考 …

人生、楽しんでナンボ! 中国映画『グォさんの仮装大賞』

人生、楽しんでナンボ! 中国映画『グォさんの仮装大賞』

© 2012 Desen International Media Co.,Ltd この映画、小品ですが、ええ味を出しています。 胸にジーンときました~(*^^*)     ☆     ☆     ☆  …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。