武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

映画パブリシスト、岸野令子さんの新刊『ニチボーとケンチャナヨ』が出版されました!

投稿日:

関西の映画界でこの人を知らないとモグリと言われている女性がいます(笑)。

岸野令子さん。

映画の配給・宣伝会社「キノ・キネマ」の代表で、ベテランの映画パブリシストです。

ぼくが映画に没頭していた学生時代、全大阪映画サークル協議会の事務局を担当してはった岸野さんと出会ったので、もう47年前になるんですね……。

古巣新聞社の映画記者として再会した時、「昔、映画の感想なりをいろいろ投稿してくれはったね」とぼくのことをよぉ覚えてくれてはりまして、そのことがすごくうれしかったです。

その後、今日までおつき合いさせていただいていますが、ぼくにとっては、たくましいお姉ちゃんみたいな存在です(笑)。

そんな岸野さんが2冊目の単著『ニチボーとケンチャナヨ 私流・映画との出会い方2』(せせらぎ出版)を出版しはりました。

おめでとうございます!

「ニチボー」はロシア語、「ケンチャナヨ」は韓国語で、ともに「ノープロブレム(どうってことありまへん)」という意味らしいです。

先日、ありがたく謹呈していただき、さっそく興味深く読破しました。

香港国際映画祭、釜山国際映画祭、全州(チョンジュ)国際映画祭、カンヌ国際映画祭、ベルリンのアジア女性映画祭、山形国際ドキュメンタリー映画祭、東京国際映画祭……。

1991年から30年間にわたり、各地の映画祭の詳細なリポートが綴られています。

ルポ・ライター顔負けの筆致です。

とりわけ韓国映画、女性映画、ドキュメンタリー映画へのこだわりが、当時の現地の雰囲気や多くの映画人と出会いを添えて、随所に出ていました。

ぼくと同じように、岸野さんも「現場主義者」なんやとわかりました。
コラムも面白かった。

何でもかんでも英語で「処理」する風潮を揶揄した「“英語帝国主義”からの脱却を」は熱烈に納得しました(笑)。

ホンマに映画がお好きなんやなぁ~と改めて実感しました。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

栄光からの転落、自分の居場所を求めて~『レスラー』

栄光からの転落、自分の居場所を求めて~『レスラー』

2代目タイガーマスクとして活躍したプロレスラーの三沢光晴さん、そしてレフェリーの田辺哲夫さんが、相次いで試合中に亡くなりはりました。ご冥福をお祈りします。 最近でこそあまりプロレスを観なくなりましたが …

ラヴ・ロマンス映画ベスト10~

ラヴ・ロマンス映画ベスト10~

4月1日。新年度のスタートです。 32年前のきょう、グータラ大学生だったぼくが新聞社に入った日です。 入社式ではちょっぴり緊張していましたが、まぁ、なんとかなるやろと開き直ってもいました。実際、なんと …

『日本に初めて映画を持ち込んだ男~大阪の実業家、荒木和一』の拙稿が『大阪の歴史』に載りました!

『日本に初めて映画を持ち込んだ男~大阪の実業家、荒木和一』の拙稿が『大阪の歴史』に載りました!

『日本に初めて映画を持ち込んだ男~大阪の実業家、荒木和一~』 こんな題名の拙稿が大阪市史編纂所の紀要『大阪の歴史』86号に掲載されました。 昨年秋に上梓した『大阪「映画」事始め』(彩流社)に盛り込めな …

大渡ちゃん、すくすく育ってね~(^o^)v

大渡ちゃん、すくすく育ってね~(^o^)v

大学の教え子、アヤちゃん(関大社会学部武部ゼミ3期生の山田亜矢子さん、2006年卒業)の夫婦から待望の第一子誕生の吉報が届きました(^o^)v    元気な男の子で、名は大渡(だいと)。 & …

今年の邦画ベストワン~!? 『ぼくたちの家族』

今年の邦画ベストワン~!? 『ぼくたちの家族』

©2013「ぼくたちの家族」製作委員会 これ、ひょっとしたら今年の邦画ベストワンになる可能性が大です。   迷うことなく、★★★★★をつけました~(^_-)-☆   ☆     ☆ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。