武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

映画パブリシスト、岸野令子さんの新刊『ニチボーとケンチャナヨ』が出版されました!

投稿日:

関西の映画界でこの人を知らないとモグリと言われている女性がいます(笑)。

岸野令子さん。

映画の配給・宣伝会社「キノ・キネマ」の代表で、ベテランの映画パブリシストです。

ぼくが映画に没頭していた学生時代、全大阪映画サークル協議会の事務局を担当してはった岸野さんと出会ったので、もう47年前になるんですね……。

古巣新聞社の映画記者として再会した時、「昔、映画の感想なりをいろいろ投稿してくれはったね」とぼくのことをよぉ覚えてくれてはりまして、そのことがすごくうれしかったです。

その後、今日までおつき合いさせていただいていますが、ぼくにとっては、たくましいお姉ちゃんみたいな存在です(笑)。

そんな岸野さんが2冊目の単著『ニチボーとケンチャナヨ 私流・映画との出会い方2』(せせらぎ出版)を出版しはりました。

おめでとうございます!

「ニチボー」はロシア語、「ケンチャナヨ」は韓国語で、ともに「ノープロブレム(どうってことありまへん)」という意味らしいです。

先日、ありがたく謹呈していただき、さっそく興味深く読破しました。

香港国際映画祭、釜山国際映画祭、全州(チョンジュ)国際映画祭、カンヌ国際映画祭、ベルリンのアジア女性映画祭、山形国際ドキュメンタリー映画祭、東京国際映画祭……。

1991年から30年間にわたり、各地の映画祭の詳細なリポートが綴られています。

ルポ・ライター顔負けの筆致です。

とりわけ韓国映画、女性映画、ドキュメンタリー映画へのこだわりが、当時の現地の雰囲気や多くの映画人と出会いを添えて、随所に出ていました。

ぼくと同じように、岸野さんも「現場主義者」なんやとわかりました。
コラムも面白かった。

何でもかんでも英語で「処理」する風潮を揶揄した「“英語帝国主義”からの脱却を」は熱烈に納得しました(笑)。

ホンマに映画がお好きなんやなぁ~と改めて実感しました。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画を観るための20の心得~!!! 9日(土)のNHK文化センター神戸教室で

映画を観るための20の心得~!!! 9日(土)のNHK文化センター神戸教室で

映画は、自分の好きなように観ればいいんですが、それでもあえて、「映画を観るための20の心得」を伝授します(笑)。   場所は、NHK文化センター神戸教室の映画講座『ときめき・シネマ・ワールド …

ヒマラヤ国際映画祭 テーマは「地球を考える」~

ヒマラヤ国際映画祭 テーマは「地球を考える」~

お昼に入ったマクドナルドで福引のクジを引いたら、なんと1年分のチーズバーガーが当たった~!!! なんてことはありえませんよね(笑)。きょう(4月1日)はエイプリル・フールです。すんません、しょうもない …

オランダ映画『人生はマラソンだ!』

オランダ映画『人生はマラソンだ!』

『人生はマラソンだ!』。こんな題名のオランダ映画が21日から公開されます~(^_-)-☆    文字通り、フルマラソンにチャレンジする中年男たちを描いたヒューマンドラマ。   市民 …

走って、走って、「生」を発散~ドイツ映画『陽だまりハウスでマラソンを』

走って、走って、「生」を発散~ドイツ映画『陽だまりハウスでマラソンを』

世はマラソンブーム。   それもシニアから始める人が増えています。   かく言うぼくもその1人です~(^_^)   マラソン完走後の充足感は言葉で言い尽くせません。 &n …

懐徳堂秋季講座~『大阪映画事始め』11月24日~26日

懐徳堂秋季講座~『大阪映画事始め』11月24日~26日

江戸時代、大坂の庶民の学問所だった懐徳堂は、ぼくの母校、大阪大学文学部のルーツといわれています。 その懐徳堂記念会が春と秋に特別講座を開いています。 今秋のテーマは『大阪の映画、映画のなかの映画』。 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。