武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

無常観が漂う英国映画~『わたしを離さないで』

投稿日:2011年4月1日 更新日:

きょうの日経新聞夕刊に載った映画の拙稿をどうぞ。
わたしを離さないで
    (c)2010 Twentieth Century Fox
限られた人生をいかに全うするべきか。
本質的なテーマに迫ったSF映画である。
といっても、SFらしくない。
愛情と友情を描いた青春映画ともいえる。原作は日系英国人作家カズオ・イシグロの同名小説。
英国の田園地帯にある寄宿学校。
そこで共同生活を送る子供たちは一見、ごく普通の少年、少女だが、1970年代にしては、地味でレトロな服を着ている。
しかも敷地から一歩も出ず、時折、「マダム」と称する女性から使い古した人形を与えられて喜んでいる。
不可解な空気が放たれる中、仲良しの3人組に焦点が当てられる。
控えめな少女キャシー(キャリー・マリガン)、彼女と心を通わすナイーブな少年トミー(アンドリュー・ガーフィールド)、独善的な娘ルース(キーラ・ナイトレイ)。
18歳で農場のコテージに移ってから、彼らの感情が複雑に絡み合う。
嫉妬心、喪失感、諦観、怒り。
淡彩な映像とは裏腹に、激しい心のうねりをあぶり出す。
孤立していくキャシーが哀しくてたまらない。
そのうち痛みを伴ったひたむきさが3人から伝わってくる。
臓器移植が絡んだ残酷な運命を甘受せねばならない、そんな特別な人生。
だから今の一瞬を輝かそうと必死なのだ。
その姿が切なく、また美しい。
再会した彼らが寄宿学校の秘密を確かめようと、ある行動を起こす……。
無常観が全編を覆っており、生かされているという仏教思想もそこはかとなく感じられる。
原作の世界観を、マーク・ロマネク監督が抑制の効いた演出で如実に反映させた。
英国の物語なのに、どこか日本のドラマのよう。
ぼくにはそう思えてならなかった。
厳しい内容だが、実は生きる素晴らしさを謳い上げている。
国難の最中にある今、観ておきたい作品だ。
1時間45分。
★★★
(日本経済新聞2011年4月1日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)
☆公開中

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「生」を見つめる女性のドラマ~『サラの鍵』

「生」を見つめる女性のドラマ~『サラの鍵』

昨夜、某洋画映画会社の有名宣伝マン、Hさんの送別会が大阪・心斎橋の日航ホテル大阪で開かれました。 100人もの方が集まり、いかにHさんに人徳があったのかを実感した次第です。 昨年11月、ちょかBand …

『第三の男』~究極のラストシーン

『第三の男』~究極のラストシーン

チャチャチャチャチャ~ン、チャチャ~~ン、チャチャチャチャチャ~ン、チャチャ~~ン……♪♪ 暗号とちゃいますよ。メロディーを文字化したんですが、これじゃなにがなんだかさっぱりわかりませんよね(笑)。 …

23日(土)、ABCテレビ『おはよう朝日 土曜日です』に出演します~(^_-)-☆

23日(土)、ABCテレビ『おはよう朝日 土曜日です』に出演します~(^_-)-☆

ABC朝日放送からまたまたお声がけいただき、23日(土)、朝のテレビ情報番組『おはよう朝日 土曜日です』の映画特集にゲスト出演します。 前回(4月11日)の映画特集が高視聴率を取ったそうで、二匹目のド …

神戸での講演『スコットランドとウイスキー』~(^^♪

神戸での講演『スコットランドとウイスキー』~(^^♪

昨日は神戸朝日ホールで、ケン・ローチ監督のイギリス映画『天使の分け前』の上映会(主催:神戸映画サークル協議会)がありました。   どん底状態に陥ったスコットランドの青年がスコッチ・ウイスキーと出会って …

映画は「なんば」からはじまった!~12月7日(木)18:30~、難波の大阪府立大学サテライト・キャンパスで

映画は「なんば」からはじまった!~12月7日(木)18:30~、難波の大阪府立大学サテライト・キャンパスで

大阪と映画との深い関わりを探った拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)を上梓して、早1年以上が経ちました。 難波が映画興行(仏リュミエール商会のシネマトグラフ)のみならず、映画上映(米エジソン商会のヴァ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。