武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

ケルト

山陰日本アイルランド協会の会報『コージャス』26号に拙著が大きく掲載されました!

投稿日:

山陰日本アイルランド協会から、会報『コージャス〈友情〉』の最新号(26号)が届きました。

この協会は、明治期の作家、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)のひ孫、小泉凡さん(小泉八雲記念館館長、島根県立大学短期大学部名誉教授)が創られたもので、アイリッシュ・フェスティバルやアイルランド文学読書会などさまざまな活動を行っています。

13日~21日は、聖パトリック・デー(3月17日)にちなみ、「アイリッシュ・ウィーク in Matsue 2021」というイベントが企画されています。

今号の会報の特集は『COVID ‐19の時代を生きる』。

興味深い原稿がいろいろ載っています。

その中に、昨年秋、ぼくが上梓した『ヨーロッパ古代「ケルト」の残照』(彩流社)の拙稿が大きく掲載されていて、びっくりしました!

1ページ分です!

同会のHPでもご覧できますよ。

-ケルト,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

書評が大きく載りました(産経新聞)~(^_-)-☆

書評が大きく載りました(産経新聞)~(^_-)-☆

「産経新聞に載ってましたね」 昨日のちょかBandビッグライブの会場やSNSで複数の人から教えられ、その紙面を見ると、拙著『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の書評が読書 …

映画も翻訳本も魅せる『複製された男』

映画も翻訳本も魅せる『複製された男』

ポルトガル唯一のノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴのミステリー『複製された男』が映画化され、18日から全国で公開されます。   自分と同じ人物と出会った男の数奇な物語(???)。   …

ちょうど20冊目になるんです~!!

ちょうど20冊目になるんです~!!

新刊のことばかりで申し訳ないです。 きょう、書店に並んでいました。 正直、うれしいです。 思わず、1冊買ってしまった!!(笑) 新聞記者時代の1990年に自費出版した『スコットランド気まま旅』から数え …

23日、大阪・中之島での特別講座『「ケルト」を旅する 中・東欧からギリシア、トルコへの歴史紀行』

23日、大阪・中之島での特別講座『「ケルト」を旅する 中・東欧からギリシア、トルコへの歴史紀行』

再度の告知です。 『「ケルト」を旅する 中・東欧からギリシア、トルコへの歴史紀行』 こんな演題で、23日(土)、朝日カルチャーセンター・朝日JTB・交流文化塾の中之島教室で目一杯、解説させていただきま …

スペインひとり旅(6)

スペインひとり旅(6)

念願の地にやっと来れました~!! ヌマンティア(Numantia)。 ソリア(Soria)の北7キロに位置しています。 スペイン全土から言えば、中東部で、メセタ(中央台地)の東端辺り。 ソリアからバス …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。