武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

ケルト

山陰日本アイルランド協会の会報『コージャス』26号に拙著が大きく掲載されました!

投稿日:

山陰日本アイルランド協会から、会報『コージャス〈友情〉』の最新号(26号)が届きました。

この協会は、明治期の作家、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)のひ孫、小泉凡さん(小泉八雲記念館館長、島根県立大学短期大学部名誉教授)が創られたもので、アイリッシュ・フェスティバルやアイルランド文学読書会などさまざまな活動を行っています。

13日~21日は、聖パトリック・デー(3月17日)にちなみ、「アイリッシュ・ウィーク in Matsue 2021」というイベントが企画されています。

今号の会報の特集は『COVID ‐19の時代を生きる』。

興味深い原稿がいろいろ載っています。

その中に、昨年秋、ぼくが上梓した『ヨーロッパ古代「ケルト」の残照』(彩流社)の拙稿が大きく掲載されていて、びっくりしました!

1ページ分です!

同会のHPでもご覧できますよ。

-ケルト,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「ケルト」の守護神、アーサー王を新しい観点から斬った『キング・アーサー』(17日公開)

「ケルト」の守護神、アーサー王を新しい観点から斬った『キング・アーサー』(17日公開)

アーサー王――。   超有名な御仁とあって、これまで何度、映画化されてきたことか。 英国映画界の俊英ガイ・リッチー監督の『キング・アーサー』(17日公開)は、独特な解釈で描かれた新機軸のアー …

田辺聖子さんの『一生、女の子』

田辺聖子さんの『一生、女の子』

先日、講談社から1冊の本が贈られてきました。 『一生、女の子』 大阪をこよなく愛する作家、田辺聖子さんへのインタビュー記事、生い立ちから今日までの証言集、自作の解説、そして仲のいい落語家、笑福亭鶴瓶と …

南大阪・泉北ニュータウンの酒肆 BAR KANEDAでのトークライブ~(^_-)-☆

南大阪・泉北ニュータウンの酒肆 BAR KANEDAでのトークライブ~(^_-)-☆

昨夜は南大阪・和泉市にある酒肆 BAR KANEDA酒肆で新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)のトークライブでした。 トークライブは、隆祥館書店(中央区谷町六丁目)⇒ …

『探検! 発見! 関西の近代化遺産』

『探検! 発見! 関西の近代化遺産』

『探検! 発見! 関西の近代化遺産』 明治安田生命「関西を考える会」が作成した冊子が届きました。   明治以降、産業・交通・土木に関する建造物について、学識者によるアンケートの回答をまとめた …

4月18日、隆祥館書店で文化イベント~!!

4月18日、隆祥館書店で文化イベント~!!

世の中がだんだんややこしくなってきましたが……、だからこそ、こんなイベントが意味を持つのではないでしょうか。 『文化のインフラとしての本屋のあり方』 4月18日(土)15時~17時、大阪・谷町六丁目に …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。