武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

南インド紀行(2015.2.14~27)

南インド紀行(8)~マドゥライの旧市街にて

投稿日:2015年3月7日 更新日:

耳につんざくクラクション。

 

それがけたたましく街中に鳴り響く。

 

リクシャー(小型三輪のタクシー)とオートバイ、さらにバスまでもがレースさながら、猛スピードで飛ばしています。

20150220_182418

 

 

横断者がいても、まず止まってくれず、ブレーキをかけずにハンドル操作で衝突を避けようとします。

 

危ない、危ない~!!

IMG_2452

そんな中、いろんな服装をしたあまたの人がそれぞれマイペースで歩いています。

IMG_2459

頭に大きな荷物を載せて歩いている人。

 

オレンジ色の僧衣に身を包んだ巡礼者。

 

だぶだぶの制服を着た小学生。

 

杖を手にし、この世を悟りきったような目付きの修行僧。

 

路上にしゃがみ込んで物乞いしている人。

IMG_2546

歩きながらスマホをいじくっているイケメン青年。

 

土産物を売りつけようとする人。

 

黒いヒジャブを身に着けたムスリム(イスラム教徒)の女性。

 

パリッとしたワイシャツ姿のビジネスマン。

 

その他諸々……。

 

サンダル履きの人が目立ちますが、裸足の人も結構、多いです。

 

そこに牛が悠然と闊歩~(*^^*)

 

多様性の極致!!

14244228081410

巨大なミーナークシー・アンマン寺院を核とするマドゥライの旧市街は、聖俗、そしてひと昔前と今が渾然一体と化しており、終日、得も言われぬ世界を形成しています。

20150220_110221

マドゥライはタミール・ナドゥ州のほぼ中央に位置する人口約100万人の都市です。

 

100万都市といえども、インドではごく普通の地方都市。

 

街全体に何となくスパイシーな香りが漂っているのも刺激的です。

IMG_2486

どこからともなく流れてくるエキゾチックなインド音楽、そこに住民たちの大きな話し声がかぶさる。

 

音量的にもボリューム満点です~(笑)

 

それに散乱しているゴミが中途半端ではない。

 

そのゴミを聖なる牛たちがあさっています~!

14244483572460

 

とにかく、すさまじい喧騒と活気、そして猛烈に雑然とした雰囲気。

 

ぼくが抱いていたインドの都会のイメージそのものでした。

IMG_2473

 

IMG_2490

最初の滞在地トリヴァンドラム(ケララ州の州都)はもう少し整然としていましたが、東隣のタミール・ナドゥ州に入ると、「インド」らしい空気がみなぎってきます。

 

北インドではさらに濃厚かもしれませんね。

 

何だか幼いころ親に連れていってもらった大阪・新世界の界隈とよく似ています。

 

もちろん牛は姿を見せなかったけど~(((^^;)

 

昭和30年代の懐かしい情景と重なり、マドゥライの旧市街に入っても、あまり違和感を覚えませんでした。

 

何もかも全てが整いすぎている現代日本の生活に浸っていると、目の前で繰り広げられているホットな日常に妙に安堵している自分がいます。

 

「汚い」「雑然としている」「不潔」「ワケがわからん」…。

 

こうした定型的なモノサシでは推し量れない空間が広がっているのです。

 

これも人間が営んでいるひとつの社会なんですねぇ。

 

所詮、異邦人の一介の観光客なので、溶け込むのは無理です。

 

でも、限りなく距離感を狭めて、「彼ら」と接したい。

 

異なる文化、生活、風習を否定的にとらえず、少しでも理解したい。

 

炎天下のミーナークシ寺院に佇みながら、そんなふうに思いました。

20150220_112513

この寺院、絵はがきではこんなに美しいんです~(笑)

IMG_20150303_0002

IMG_20150303_0001

この寺院の中が荘厳でした。

 

カメラの持ち込みは禁止なのに、携帯・スマホはOK。

 

オモロイですね、この発想~(#^^#)

 

内部はこんな感じです。

20150220_113419

 

20150220_113859

20150220_113310

20150220_112711

20150220_113538

20150220_113444

20150220_112541

-南インド紀行(2015.2.14~27)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

南インド紀行(18)~コヴァーラム・ビーチ

南インド紀行(18)~コヴァーラム・ビーチ

昨夜、列車から飛び降りるという「荒業」を使って、真夜中にトリヴァンドラムに到着。   中央駅前から乗ったリクシャーの運転手におススメ宿まで連れて行ってもらい、野宿せずにすみました~(^_^. …

南インド紀行(2)~ちょっとヤバイ経験??

南インド紀行(2)~ちょっとヤバイ経験??

  翌日(15日)、ホテル最上階の展望のいい「レストラン」で、南インド風味の朝食をとりました。   米の蒸しパンともいえるイドリーとそれをドーナッツ状に揚げたヴァーダ。 &nbsp …

南インド紀行(5)~アラビア海に沈む夕陽

南インド紀行(5)~アラビア海に沈む夕陽

カニャークマリの漁村の風情が気に入り、翌朝、再訪しました。 今日(17日)も朝から快晴、インド晴れです。   機嫌よく街中を歩いていると、紫色の塗料があちこちに眼につきました。   …

南インド紀行(13)~厚い信仰心

南インド紀行(13)~厚い信仰心

ラーメシュワラムの早朝。   どこからともなく、ヒンドゥ教の音楽が聞こえてきます。   その発信源は、ヒンドゥのラーマナータスワーミ寺院です。   そばに近寄れば、スピー …

南インド紀行(7)~オモロイ長距離バスの旅

南インド紀行(7)~オモロイ長距離バスの旅

インド最南端のカニャークマリ(コモリン岬)とその周辺で3日間、のんびりと素晴らしい時間を満喫できました。   はて、次はどこに行こうか?   あれこれ思案した末、タミール・ナドゥ州 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。