武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

南インド紀行(2015.2.14~27)

南インド紀行(15)~フード&ドリンク

投稿日:

南インドに来て以来、基本的に毎日、三食すべてカレー風味です。

 

朝からそうです。

14239788414761

 

日本のカレーのようなとろみのある料理は実は少なくて、スープ状のものがほとんど。

 

めちゃめちゃ辛いのもあれば、酸味を利かせたのもあり、具材もバラエティーに富んでいて、どれもすごく美味しいです~(((^^;)

 

とりわけ、ミールス(Meals)という定食はほぼ毎日、食べています。

14241719436053

数種類のおかずをライスに混ぜて頂きます。

 

北インドはナンですが、南インドはお米のご飯。

 

それほどパサパサしておらず、日本のご飯とちょっと似ていますよ。

 

ミールスは、たいていバナナの葉っぱの上にのっていますが、最近はステンレス皿が増えてきているようです。

14251342835581

値段は70~90ルピー(約140~180円)。

 

外国人の場合、スプーンを出してくれます。

 

ぼくは旅の途中から、時々、現地の人たちと同じように右手を使って口に入れています~(^-^)

 

この方が食べやすいから。

 

知らぬ間にインド人化してるぅ~(((^^;)

 

食事の前と後に、「WASH」と書かれたところで手を洗います。

 

それで衛生面もバッチリ!

 

食堂で出される水は、申し訳ないけれど飲みません。

 

お腹をこわしたくないから~!

 

だから、常に携帯しているペットボトルの水を飲んでいます。

 

「インドに行ったら、お腹をこわすよ」と旅立つ前、多くの人に言われました。

 

幸い、体調はすこぶる快調です。

 

やはり、水に留意しているからだと思います。

 

宿屋で歯磨きする時も、必ずペットボトルの水を使っています。

 

ケララ州ではそこまで神経質になる必要はなかったです。

 

間違って水道水を口にしてしまったことがありましたが、ノープロブレムでした。

 

タミール・ナドゥ州ではやはり用心しておくに越したことはありません。

 

ヨーロッパへの「ケルト」の取材旅行でもそうですが、ペットボトルの水はこういう個人旅行では絶対に不可欠ですね。

 

で、カレー風味ですが、日本にいてもぼくは週に3回、カレーを食べている「カレー大好き人間」なので、こちらの料理は全く平気です。

 

飽きてもきません。

 

むしろマサラ風味でないと、物足りなく感じられるようになってきました(笑)

 

それに、お通じがすごくいいんです。

 

まさに薬膳ですね!

 

もちろん、だしと醤油味は恋しいですが……(((^^;)

 

ただ、こちらは宗教的にヴェジタリアン料理が多く、それがちょっと辛い時もあります。

 

先日、泊まったラーメシュワラムは巡礼者が多く、町の食堂はほとんどがヴェジタリアン向けで、「Pure  Vegetarian と明記した店が目につきました。

 

なので、丸2日間、肉けなしでした~(((^^;)

 

これは結構、こたえますね。

 

活力が出ぇ~へん(>_<)

 

せめて魚くらいは欲しい。

 

ビーフ、ポーク、チキン、マトン…、何でもええから、お肉食べたい~(T_T)

 

そんな切望感を抱き、ティルティラパッリの町のバーで、付きだしのピリ辛チキンを冷えていない(笑)ビールで味わいました。

14242479005550

付きだしなのに量が多く、もう一皿追加したら、それで十分、お腹が満たされました。

 

飛び上がるくらい満足した~(^O^)/

 

食事+お酒は、インドに来て初めてだったかも。

 

やっぱり晩酌がないと物足りないですな~(^-^)

 

普通の食堂はまずアルコール飲料を置いていませんからね~(((^^;)

 

そういえば、カニャークマリ近郊のスチンドラムの町に出向いたとき、スパイシー・ビーフを出してくれたバーがありました。

IMG_2413

インドで牛肉~!!??

 

びっくりしましたが、店員に訊くと、「クリスチャンだから、関係なし」と。

 

なるほど。

 

他の客もビーフをアテにビールを飲んではりました。

14242479083221

 

お酒の飲めるところも少ないですね。

 

大都会のシティホテルに行けば、ゴージャスなバーがあると聞いていますが、ぼくが訪れたのはたいてい田舎町、そんなシャレたところはありませんでした。

 

マドゥライやティルティラパッリなどの都市なら、中堅のホテルにバーを併設しているところもありました。

 

「BAR」「BEER&WINE」と書かれた看板が胸を高まらせます。

 

みな、たいていビールを飲んではりました。

 

ウイスキーはワンショットで、100~150ルピー(約200~300円)と割高。

 

田舎の町では、国産ウイスキーばかり。

 

すべてブレンデッドです。

 

スコッチは、シングルモルトはおろか、ブレンデッドですら眼にしたことはなかったです。

 

バックバーのお酒も国産のものばかり。

14242714171751

 

たまにウイスキーをオーダーしている人を見かけましたが、香りや風味を満喫するなんてことはさらさらなく、グビリと一気飲みしてはります。

 

琥珀色の液体が酔うための飲料として飲まれているのが、無性に悲しかったです。

 

ウイスキーを飲み干した人に、「口に含んで、ゆっくり味わう。それがウイスキーの楽しみですよ」と言っても、わかってもらえなかったです~(*_*)

 

現在、インドは世界最大のウイスキー生産国であり、消費国です。

 

でも、ホンマもんのウイスキーかどうかわからない代物が結構、あるみたいですねぇ。

 

夜、宿屋でチビチビやりたかったので、酒屋もよく探しましたが、ほんまに少ない。

 

見つけたときは、めちゃうれしかったです。

 

日本のようなこぎれいなリカー・ショップをイメージしてもらったら困ります。

 

薄暗い店舗の前にカウンターがあり、奥と横の棚にお酒が並んでいます。

 

盗難避けなのでしょうか、中には鉄サクがついている店もありました。

 

だから、客は店内に入れません。

 

お酒はラム、ブランデー、ウイスキー、ジン、ウォッカ、そしてビール。

 

みな国産品で、たいていボケットサイズ(180ml)です。

 

ウイスキーは100~200ルピー(約200~400円)で、他のお酒はだいたい100ルピーでした。

 

客は店の前に来て、ほしいお酒を言えば、中にいる店員がそれを取ってくれます。

 

何かに警戒しているようで、どの店員も目つきが悪く、愛想も最低でした。

 

何だかドラッグの密売所のような妖しい雰囲気なので、写真撮影ができなかった~(‘;’)

 

ぼくはラム、ブランデー、ウイスキーを買いました。

14244363039773

14245340847060

正直、味はいまひとつ。

 

どれも甘味が強いんです。

 

甘味料を添加してるのかも……。

 

日本には絶対に入っていない「COSMOPOLITAN」というインド産ウイスキーが100ルピーで売っていたので、お土産にと6本まとめて買いました。

14247429033970

しかし日本に持って帰れなかった!!

 

税関で没収~??

 

ちゃいます。

 

インド滞在中、すべてぼくのノドを通っていったから~(・。・;

 

せめて1本くらい日本に持ち帰りたかったなぁ~。

-南インド紀行(2015.2.14~27)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

南インド紀行(4)~インド亜大陸最南端でイェーツ~(^O^)/

南インド紀行(4)~インド亜大陸最南端でイェーツ~(^O^)/

カニャークマリ。   西洋人が「コモリン岬」と呼んでいるインド亜大陸最南端の地です。   眼の前に大海原が広がっていました。       真正面がイン …

南インド(11)~スリランカが眼と鼻の先

南インド(11)~スリランカが眼と鼻の先

海辺の聖地ラーメシュワラムに来たからには、眼と鼻の先にあるスリランカを見たい!   これまで2度、訪れているスリランカをインドから見ることができたらシメたもの。   よし、半島の最 …

南インド紀行(7)~オモロイ長距離バスの旅

南インド紀行(7)~オモロイ長距離バスの旅

インド最南端のカニャークマリ(コモリン岬)とその周辺で3日間、のんびりと素晴らしい時間を満喫できました。   はて、次はどこに行こうか?   あれこれ思案した末、タミール・ナドゥ州 …

南インド紀行(19)~愛すべき南インドの人たち

南インド紀行(19)~愛すべき南インドの人たち

どんなややこしい国なんやろ~。   インドへ旅立つ前、ニュースや映画、書物などで知り得ている情報を総合すると、結局、上記のイメージを抱かざるを得ませんでした。   そして好奇心と期 …

南インド紀行(18)~コヴァーラム・ビーチ

南インド紀行(18)~コヴァーラム・ビーチ

昨夜、列車から飛び降りるという「荒業」を使って、真夜中にトリヴァンドラムに到着。   中央駅前から乗ったリクシャーの運転手におススメ宿まで連れて行ってもらい、野宿せずにすみました~(^_^. …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。