武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

稀代の結婚詐欺師、『クヒオ大佐』~

投稿日:2009年10月14日 更新日:

クヒオ
今、公開中の日本映画『クヒオ大佐』はちょっと拾いモノでした。映画エッセーをどうぞ。
 *     *     *     *     *     *
人を騙すのは良くないことだが、詐欺師がいかにして善意の人間を欺き、その人がなぜ嵌められるのか、そこのところが非常に気になる。だから詐欺師を描いたドラマが数多く作られるのだろう。
この映画もそう。しかし実話と知って、驚いた。こんな人物が本当に実在したのかと……。
結婚詐欺を働くクヒオ大佐(堺雅人)は、どうみても胡散臭い。父がハワイのカメハメハ大王の末裔、母が英国のエリザベス女王の親戚という自称、米軍特殊部隊のパイロット。
常に制服姿で現れ、笑みを絶やさず流暢な日本語で専門用語を連発し、武勇伝を語る。
れっきとした日本人。英語を操れないのに、難役の米国人になりきる、その「クヒオ」を増幅すればするほど、ウソっぽさが見えてくる。でも本人は気づかない。そこがこの映画の笑いのツボだ。
米軍人であることをことさら印象づけるため、電話をかける際、必ず英語の無線交信の録音テープを流す。何と姑息な手段。というか滑稽すぎる。
女性を手玉に取ろうと奮闘するこの憐れな男を、つけ鼻をした堺が飄然と演じ切った。観る者に嫌悪感を与えず、愚かしさをじんわりと醸し出していた。笑顔がいい。まさに適役だ。
痛々しいほどの純愛に走る弁当屋経営者のしのぶ(松雪泰子)、好奇心旺盛な博物館学芸員の春(満島ひかり)、したたかなクラブのホステス未知子(中村優子)。
クヒオと関わる3人の女性が、恋愛というテーマを引き出し、単に詐欺師の物語に終わらせなかった。曲者的なしのぶの弟(新井浩文)の存在が俄然、光っていた。
少年期の辛い体験がトラウマになり、妄想の世界へと逃げ込んだ男。そのように主人公をとらえ、ゆめゆめ悪人に仕立てなかった吉田大八監督の懐の深い演出が気に入った。1間53分。★★★★
(日本経済新聞2009年10月9日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ありがたい紹介記事、大阪日日新聞紹介

ありがたい紹介記事、大阪日日新聞紹介

こんな記事が出ると、無性にうれしくなりますね~(^_-)-☆   ちょっと前ですが、10日付けの大阪日日新聞1面の「潮騒」。     拙著『ウイスキーアンドシネマ』のことを見事な文章で紹介し …

旬の俳優、トム・ハーディが1人2役で見せる犯罪映画~『レジェンド/狂気の美学』

旬の俳優、トム・ハーディが1人2役で見せる犯罪映画~『レジェンド/狂気の美学』

○C2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED. トム・ハーディ。 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』や『レヴェナント 蘇えりし者』などで圧倒的な存在感を示 …

今朝、ABCテレビ『おはよう朝日土曜日です』に出演しました~(^_-)-☆

今朝、ABCテレビ『おはよう朝日土曜日です』に出演しました~(^_-)-☆

今朝、ABCテレビ『おはよう朝日土曜日です』(おは土)で、アカデミー賞の諸々について喋ってきました~😁 コメンテーターの福本豊さんと握手したかったのですが、なにせ秒単位で動いており、ご …

内田マジックが炸裂~極上コメディー『鍵泥棒のメソッド』

内田マジックが炸裂~極上コメディー『鍵泥棒のメソッド』

© 2012「鍵泥棒のメソッド」製作委員会 こういう映画、大好きです。   今日から公開されています。   もう一度、観てみたいなぁ。        ☆     ☆    …

2014年 映画ベストテンの発表~(^_-)-☆

2014年 映画ベストテンの発表~(^_-)-☆

ジャジャジャーン、映画ベストテンの発表です~(^O^)/ 今年もよぉ、映画を観ました~(^^♪ なにせ仕事とあって、映画配給会社の試写室がほとんどでしたが……。 お金をかけた大作よりも、小粒でピリリと …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。