武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

稀代の結婚詐欺師、『クヒオ大佐』~

投稿日:2009年10月14日 更新日:

クヒオ
今、公開中の日本映画『クヒオ大佐』はちょっと拾いモノでした。映画エッセーをどうぞ。
 *     *     *     *     *     *
人を騙すのは良くないことだが、詐欺師がいかにして善意の人間を欺き、その人がなぜ嵌められるのか、そこのところが非常に気になる。だから詐欺師を描いたドラマが数多く作られるのだろう。
この映画もそう。しかし実話と知って、驚いた。こんな人物が本当に実在したのかと……。
結婚詐欺を働くクヒオ大佐(堺雅人)は、どうみても胡散臭い。父がハワイのカメハメハ大王の末裔、母が英国のエリザベス女王の親戚という自称、米軍特殊部隊のパイロット。
常に制服姿で現れ、笑みを絶やさず流暢な日本語で専門用語を連発し、武勇伝を語る。
れっきとした日本人。英語を操れないのに、難役の米国人になりきる、その「クヒオ」を増幅すればするほど、ウソっぽさが見えてくる。でも本人は気づかない。そこがこの映画の笑いのツボだ。
米軍人であることをことさら印象づけるため、電話をかける際、必ず英語の無線交信の録音テープを流す。何と姑息な手段。というか滑稽すぎる。
女性を手玉に取ろうと奮闘するこの憐れな男を、つけ鼻をした堺が飄然と演じ切った。観る者に嫌悪感を与えず、愚かしさをじんわりと醸し出していた。笑顔がいい。まさに適役だ。
痛々しいほどの純愛に走る弁当屋経営者のしのぶ(松雪泰子)、好奇心旺盛な博物館学芸員の春(満島ひかり)、したたかなクラブのホステス未知子(中村優子)。
クヒオと関わる3人の女性が、恋愛というテーマを引き出し、単に詐欺師の物語に終わらせなかった。曲者的なしのぶの弟(新井浩文)の存在が俄然、光っていた。
少年期の辛い体験がトラウマになり、妄想の世界へと逃げ込んだ男。そのように主人公をとらえ、ゆめゆめ悪人に仕立てなかった吉田大八監督の懐の深い演出が気に入った。1間53分。★★★★
(日本経済新聞2009年10月9日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

大御所、山本富士子さんからもらった名刺ケースを発見!

大御所、山本富士子さんからもらった名刺ケースを発見!

今朝、嫁さんの部屋で、書棚の引き出しを整理していたら、こんなモンが出てきました❗ 「粗品 山本富士子」と書かれた熨(のし)付きの桐の小箱。 何やろ?? 興味津々、開けると、「Fujiko …

犯罪被害者の本性が暴かれる異色サスペンス映画『エル ELLE』

犯罪被害者の本性が暴かれる異色サスペンス映画『エル ELLE』

フランスを代表する演技派女優イザベル・ユペールのカリスマ性のある演技。 ポール・ヴァーホーヴェン監督の刺激的な演出。 両者が見事に融合し、あっと驚く異色サスペンス映画に仕上がった。 悲鳴と共にいきなり …

めちゃめちゃ元気をもらえる『のんちゃんのり弁』~♪

めちゃめちゃ元気をもらえる『のんちゃんのり弁』~♪

      (c)2009「のんちゃんのり弁」製作委員会 今、公開中の日本映画『のんちゃんのり弁』は超オススメです。とくに落ち込んでいる人にはカンフル剤になるかも~。 以下、『うずみ火』(48号)に書 …

拙著『大阪「映画」事始め』、『大阪の歴史』で紹介されました!

拙著『大阪「映画」事始め』、『大阪の歴史』で紹介されました!

このほど刊行された大阪市史料調査会の紀要『大阪の歴史』(編集:大阪市史編纂所)第85号の「新刊図書紹介」に、拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)が載りました。 調査員の古川武志さんが過分な評価をしてい …

新人監督、広瀬奈々子のデビュー作『夜明け』

新人監督、広瀬奈々子のデビュー作『夜明け』

サスペンス風に不穏な空気を放ちながら人間を凝視する。 それも対象は弱者。 シンプルな物語の中に生きる本質をほのかに浮かび上がらせた秀作が生まれた。 ©2019「夜明け」製作委員会 監督は自身のオリジナ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。