武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

大阪アジアン映画祭2011~5日から開幕!

投稿日:2011年3月1日 更新日:

大阪アジアン映画祭
きょうから3月。
春の足音がどこからともなく聞こえてきますね。
この時期、恒例のイベント『大阪アジアン映画祭2011』が5日から開幕します。
アジア各国から出品される映画の一挙上映~!
見応えのある作品が多いと思います。
期間中、『おおさかシネマフェシュティバル2011』(5、6日)が谷町4丁目(法円坂)の大阪歴史博物館4階講堂で開かれます。
映画ファンのための映画まつり。
昨年公開された映画のベストテン発表&表彰式(6日午前10時~)もあります。
ぼくも審査員のひとりでした。
【日本映画】
1位 『悪人』
2位 『告白』
3位 『ゲゲゲの女房』
4位 『オカンの嫁入り』
5位 『キャタピラー』
6位 『最後の忠臣蔵』
7位 『十三人の刺客』
8位 『川の底からこんにちは』
9位 『孤高のメス』
10位 『座頭市THE LAST』
【外国映画】
1位 『インビクタス/負けざる者たち』
2位 『白いリボン』
3位 『ハート・ロッカー』
4位 『瞳の奥の秘密』
5位 『息もできない』
6位 『ブロンド少女は過激に美しく』
7位 『プレシャス』
8位 『オーケストラ!』
9位 『トイ・ストーリー3』
10位 『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

これぞ、東映実録映画!! 半端やおまへん~『孤狼の血』(12日公開)

これぞ、東映実録映画!! 半端やおまへん~『孤狼の血』(12日公開)

熱きエネルギーが炸裂するアウトロー映画。 父子のような刑事コンビの捜査を介して暴力団抗争を描き上げる。 映画の醍醐味を存分に満喫できる娯楽大作だ。 (C)「孤狼の血」製作委員会 原作は作家、柚月裕子が …

骨太な報道メディアの社会派映画『新聞記者』(28日から公開)

骨太な報道メディアの社会派映画『新聞記者』(28日から公開)

日本では、どういうわけか、政治を扱った報道メディアの社会派映画がほとんど作られていません。 アメリカでは、『大統領の陰謀』をはじめ、『ニュースの真相』、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』などいろ …

飲むのはほどほどに 日本映画『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』

飲むのはほどほどに 日本映画『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』

       (C)2010シグロ/バップ/ビターズ・エンド 忘年会の季節です。 お酒を飲む機会がめっきり多くなってきました。 昨夜は、読売新聞時代の2人の大先輩(ともにI氏)と一献傾けました。 飲ん …

感無量……、アンジェイ・ワイダ監督の新作『ワレサ 連帯の男』が完成!!

感無量……、アンジェイ・ワイダ監督の新作『ワレサ 連帯の男』が完成!!

わ~っ、完成したんや!!    ポーランド映画界の巨匠、アンジェイ・ワイダ監督の新作『ワレサ連帯の男』(4月末に公開)。 ほんま、感無量です。   その理由は……。   …

ビートルズ愛が凝縮したイギリス映画『YESTERDAY イエスタデイ』(10月11日公開)

ビートルズ愛が凝縮したイギリス映画『YESTERDAY イエスタデイ』(10月11日公開)

『ボヘミアン・ラプソディ』や『ロケットマン』など英国のミュージシャンを描いた映画が相次いで製作されていますが、極めつけはこれかな!? 10月11日公開の『YESTERDAY イエスタデイ』。 名匠ダニ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。