武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

その他 日記 映画

13年間続けてきた日経新聞の「シネマ万華鏡」……終焉と相成りました

投稿日:

昨日、アップした日経新聞の「シネマ万華鏡」の拙稿。

金曜日夕刊の文化面で月に2度、映画の原稿を寄稿していましたが、昨日をもって「上がり」となりました。

2006年からなので、13年間も続けてきたことになります。

トータルで305本の映画~!

毎回、エッセイ風に好き放題に書かせていただき、編集の方には感謝しています。

何よりも、ほとんど接点のなかった日経新聞とご縁を作ってくださった元デスクのCさんにはほんまにありがたく思うています。

ジャーナリズムの本質に迫った骨太な社会派映画『記者たち~衝撃と畏怖の真実』で締めくくれたのがほんまによかったです。

どうして「上がり」かと言うと、4月以降、東京の原稿を流用することになったからです。

以前から他の全国紙ではそうなっており、日経の大阪本社が最後の牙城でした。

時代の流れですね……。

よくぞここまで踏ん張ってきたものです。

すべて東京中心。

メディアの世界も東京一極集中の趨勢に逆らえなくなってきました。

海外ではちょっと考えられないことです。

先進諸国の中で一極集中を続けているのは日本だけ。

全くよろしくない事態だとぼくは受け止めています。

かつて全国紙の大阪本社はどこもこちらの書き手に原稿を依頼し、独自に映画のページを作っていたのですが……。

うだうだ言っても仕方がありません。

残念ですが、現実をきちんと受け止め、これからも映画を観続けていこうと思っています。

そして、大阪に踏み留まり、執筆テーマ(映画、ケルト文化、洋酒、大阪)をあれこれと表現・発信していくつもりです~(^_-)-☆

-その他, 日記, 映画

執筆者:


  1. 先生のファンです より:

    日経を購読していた時は、とても興味深く拝読していました。関西での試写会も少なくなったような……気のせいでしょうか

    • admin より:

      日経大阪本社は、映画原稿について長年、大阪の執筆者(ぼくのような)の原稿を使ってきたのですが、4月からすべて東京の原稿を流用するようになりました。
      従って、ぼくの出番がなくなったわけです。
      これも経費削減の方策です。何でもかんでも一極集中ですね。
      試写は、これまで通り行われており、同じペースで観ています。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

兄貴のこと……。

兄貴のこと……。

今日は、岡山へ母親と兄貴の家族を訪ねました。   武部家は生粋の大阪人です。   父親が上六(上本町六丁目)、母親が玉造生まれ。   ぼくと2つ上の兄も谷六(谷町六丁目) …

イタリア映画『海は燃えている イタリア最南端の小さな島』25日公開

イタリア映画『海は燃えている イタリア最南端の小さな島』25日公開

某大国の大統領が入国の一時停止を発令し、改めてクローズアップされた難民・移民の問題。 それに直面しているイタリアの小島の現状を本作『海は燃えている イタリア最南端の小さな島』はあますことなく伝えていま …

年明けに小粋な本を出します~!!

年明けに小粋な本を出します~!!

昨夜はイラストレーターの宮野さん、デザイナーの時岡さんと打ち合わせ+飲み会でした。 何の打ち合わせか~?? コジャレた本を年明け早々に出すことになっておりまして、2人の協力が不可欠なんです。 本のタイ …

フランスの大女優、ジャンヌ・モローさんが天国に召されました

フランスの大女優、ジャンヌ・モローさんが天国に召されました

フランスの世界的な大女優、ジャンヌ・モローさんが永眠されました。 享年、89。 大好きな女優さんのひとりでした。 『死刑台のエレベーター』、『突然、炎のごとく』、『黒衣の花嫁』……。 知的で洗練された …

FM大阪のクラシック番組に出演します~19日深夜

FM大阪のクラシック番組に出演します~19日深夜

ホンマに音楽が大好きです。 でもクラシックとなると、ゆめゆめ明るくありません。 そんなぼくに、FM大阪から深夜のクラシック番組『おしゃべり音楽マガジン くらこれ!』へのゲスト出演の依頼がきました。 「 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。