武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

知人の映画研究家、吉田はるみさんが『アリスのいた映画史』(彩流社)を出版!

投稿日:

アリス・ギイ——。

世界初の女性映画監督なのに、彼女の存在も、どんな作品を撮ったのかも、ほとんど知られていません。

なぜか――??

ぼくの知人の映画研究家、吉田はるみさんがそこにメスを入れ、『アリスのいた映画史』(彩流社)を上梓されました。

19世紀末~20世紀初頭、フランスとアメリカで活躍し、クローズアップや連作もいち早く手がけた稀有な映画人です。

この人、もっと評価されてしかるべし!

心底、そう思いました。

本書は、お堅い論文調ではなく、物語風に綴られているので、すごく読みやすいです。

映画好きの人、とりわけ映画史に興味のある方、そして女性の生き方に関心を持つ方、どうぞ手に取って読んでください!

-映画,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

『キャピタリズム マネーは踊る』~マイケル・ムーアの怒り

『キャピタリズム マネーは踊る』~マイケル・ムーアの怒り

アメリカは、言わずと知れた資本主義国家です。その根幹を見据えるドキュメンタリー映画『キャピタリズム マネーは踊る』がいま公開されています。 いろんな意味でかなり面白いです。以下、ぼくの映画エッセーを載 …

『冒険者たち』~夢とロマン、そして青春へのオマージュ

『冒険者たち』~夢とロマン、そして青春へのオマージュ

好きな映画は山ほどあります。 でも、心が乾いてきたとき、無性に観たくなるのがこの作品です。 世界に誇れるフランス映画~!! こんなエッセーを書きました。      ☆     ☆     ☆      …

家族愛と報復心に突き動かされて……ドイツ映画『女は二度決断する』

家族愛と報復心に突き動かされて……ドイツ映画『女は二度決断する』

メッセージ性の強い実録映画。 ドイツで実際に起きたネオナチによる在住外国人への連続殺人事件を題材にしている。 最愛の家族を奪われた者の悲痛な気持ちを壮絶な復讐劇としてあぶり出した。 Ⓒ2017 bom …

周防正行監督の5年ぶりの新作は『カツベン!』

周防正行監督の5年ぶりの新作は『カツベン!』

日本で映画が産声を上げたときから不可欠な存在だった活動弁士、略して活弁(かつべん)。 世界に類を見ない日本だけの専門職で、俳優以上に人気を博していました~! そんな活動弁士を描いた映画『カツベン!』が …

舞台『フェイドアウト』の公演、無事に閉幕と相成りました~(^_-)-☆

舞台『フェイドアウト』の公演、無事に閉幕と相成りました~(^_-)-☆

舞台『フェイドアウト』、昨日、無事に終わりました‼️ 3日間にわたる5回の公演がすべて完売になり、ご覧いただいた方々の感想もすべからく大好評~✌&#xfe0f …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。