武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

エッセー 大阪 映画

朝日新聞のニュースサイト「withnews(ウェイズニュース)」に拙稿が載りました~(^_-)-☆

投稿日:

朝日新聞のニュースサイト「withnews(ウィズニュース)」にぼくのエッセイが載りました。

写真集『昭和の映画絵看板 看板絵師たちのアートワーク』への想いを綴ったものです。

大阪・ミナミの映画街の絵看板を300枚、一挙掲載したこの本は「映画」と「大阪」にこだわるぼくの心にグサリと突き刺さり、自著ではないのに(笑)、先月30日、出版記念トークイベントを企画し、司会を務めさせてもらいました。

その流れで出版社(トゥーヴァージンズ)から原稿依頼があったというわけ。

かつてライバル関係にあった新聞社に寄稿したのは、ひょっとしたらこれが初めてかも(笑)

お時間があれば、ご笑覧ください。

宣伝のため戦車まで…映画絵看板、元絵師たちの〝痛快な昔話〟 (withnews.jp)

-エッセー, 大阪, 映画,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

お知らせです~映画のカルチャー

お知らせです~映画のカルチャー

気がつけば、15年も経っていました。   サンケイリビングカルチャー倶楽部の『シネマ鑑賞力養成講座』(以前は「シネマ心模様」)です。   最初からの受講生の方もおられます。 &nb …

舞台『フェイドアウト』広島公演のリポート!!

舞台『フェイドアウト』広島公演のリポート!!

舞台『フェイドアウト』の広島公演が16,17の両日、広島YMCAコンベンションホールで開催されました。 初の地方公演とあって、原作者としてちょっぴり舞い上がりながら、初日、1回目のステージ(18時~) …

京都新聞とハヤカワミステリーマガジンの書評

京都新聞とハヤカワミステリーマガジンの書評

京都新聞(2014年3月23日付朝刊)のこの書評、なかなか酔狂で、気に入っています。   今ごろになって、ポツリポツリとメディアで紹介されています。   ハヤカワミステリーマガジン …

不審死のナゾに迫る女医~異色サスペンス映画『午後8時の訪問者』

不審死のナゾに迫る女医~異色サスペンス映画『午後8時の訪問者』

あの時、ああしておけばよかった……。 日々、後悔するのが世の常だが、そこに人の死が絡むとどうなるのか。 本作の主人公は自責の念と罪悪感にかられ、ストイックな行動に移す。 その姿を徹底的に追尾した異色サ …

これは興味深い! 『ジブリの立体建造物展 図録〈復刻版〉』

これは興味深い! 『ジブリの立体建造物展 図録〈復刻版〉』

ジブリ・アニメ作品に登場する建造物は、『風の谷のナウシカ』や『天空の城ラピュタ』のように空想的なものをイメージしますね。 『千と千尋の神隠し』の油屋にしても、日本と中国の世界観を融合させたような、摩訶 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。