武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

韓国の骨太な社会派ドキュメンタリー映画『共犯者たち』&『スパイネーション 自白』

投稿日:

こんな骨太なジャーナリストがお隣の韓国にいるとは知らなかった。

政権批判の報道をしたことで不当解雇された公営放送局MBCのプロデューサー、チェ・スンホさんが独立メディア「ニュース打破」を立ち上げ、政権に寄り添って〈広報機関〉と化した放送局に容赦なくメスを入れていきます。

この人がメガホンを取り、その様子をあますことなく伝える社会派ドキュメンタリー映画『共犯者たち』が大阪・十三の第七藝術劇場で公開中です。

脱北者を「北朝鮮のスパイ」として拘束するおぞましい現実にチェ・スンホさんが迫る『スパイネーション 自白』も上映されています。

『華氏119』のマイケル・ムーアも真っ青になるほどの不屈の精神で、アポなし突撃取材を敢行し、政権のメディア介入や言論弾圧の実態を暴いていく過程が何ともスリリング。

この人、1年前にMBCに復職し、何と社長に選任されました!!

『タクシー運転手 約束は海を越えて』や『1987、ある闘いの真実』などジャーナリズムの本質を突く映画を連発している韓国ですが、日本ではこの手の映画が皆目作られませんね。

マスコミ関係者、メディア研究者、社会派映画に関心のある人は必見ですよ。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

罪深き逃避行~『八日目の蝉』

罪深き逃避行~『八日目の蝉』

話題の映画『八日目の蝉』の映画エッセーをどうぞ。      (C)2011映画「八日目の蟬」製作委員会 愛情を一杯注いで育ててくれた母親が、自分を誘拐した犯人だった。 あっと驚く展開の中 …

今年最後の映画カルチャー

今年最後の映画カルチャー

ホワイトボードに何が書かれていると思いますか? 今年、封切られた映画の題名です。 ぼくが担当しているサンケイリビングカルチャー倶楽部『映画鑑賞力養成講座』の年末恒例イベントで、受講生の方々に今年観たお …

蒼井優ちゃんが熱演! 恋愛時代劇~『雷桜』

蒼井優ちゃんが熱演! 恋愛時代劇~『雷桜』

  Ⓒ2010「雷桜」製作委員会 日本の女優で気になるのが蒼井優です。 演技へののめり込み度が高く、ますます巧くなっていくのではと期待できるから。 時代劇の『雷桜』で、彼女がイケメン俳優の …

心がほっこりする素晴らしい音楽映画~『はじまりのうた』~♪♪

心がほっこりする素晴らしい音楽映画~『はじまりのうた』~♪♪

ちょかBandでライブ活動を続けているわが身、この映画はかなり心に染み入りました。   音楽力がさく裂しています!!   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     …

日常の尊さを綴った珠玉のイギリス映画『いとしきエブリデイ』

日常の尊さを綴った珠玉のイギリス映画『いとしきエブリデイ』

前説は不要です。 以下の拙文を読んでください~(^o^)v     ☆     ☆     ☆     ☆ 限りなくドキュメンタリーに近いフィクション。 ある一家を独特な手法で5年にわたって追い求めた …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。