武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

リアルさを追求した異色スパイ映画~『裏切りのサーカス』

投稿日:2012年4月21日 更新日:

めちゃめちゃ渋い映画が、きょうから公開されています。
『裏切りのサーカス』
     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆
『裏切りのサーカス』メイン(小)
単なるスパイ映画ではない。
諜報員の実像に肉迫する。
娯楽色とアクションを一切廃し、孤愁が漂う男の世界に引きずり込む。
スゥーデン人のトーマス・アルフレッドソン監督が重厚な作風で見せ切った。
原作は英国ミステリー界の重鎮ジョン・ル・カレの代表作『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』(1974年)。
ル・カレ自身が製作総指揮を務める。
冷戦下の70年代前半、「サーカス」と呼ばれる英国諜報部の幹部4人の中にソ連の二重スパイがいるとの情報。
裏切り者は誰か。
引退した初老の諜報員スマイリー(ゲイリー・オールドマン)がその正体を探る。
非常に興味をそそられる内容だ。
そこに陰謀や罠が張りめぐらされる。
しかも工作員のエピソードが次々と映され、複雑な様相を呈する。
漫然と見ていると、混乱するかもしれない。
この重層的なプロセスこそが映画の核。
新兵器もカーチェイスも出てこない。
淡々と、それでいて濃厚に搾り出すようにドラマが結末へと向かう。
全編を通じて陰鬱、かつ静謐な映像。
従来のスパイ映画、とりわけ007とは対極にある。
当然、スマイリーはジェームズ・ボンドのようにカッコよくはない。
冴えないと言おうか、内向的で地味な人物。
その主人公に扮したオールドマンの抑制の効いたいぶし銀の演技。
うならされた。
幹部のリーダー、コントロール(ジョン・ハート)、尊大なヘイドン(コリン・ファース)……。
登場人物の描き方も押しつけがましくなく、ごく普通の組織人に見える。
ソ連の大物スパイの存在が不気味だ。
簡素な事務机が並ぶ諜報部のオフィス、遊び半分でソ連国歌を合唱するパーティーなど意外な情景が随所に現れる。
とことん追求するリアルな世界。
それに気分よく酔わされた。
渋い。
2時間8分
★★★★
☆21日から大阪ステーションシネマほかで公開
(日本経済新聞2012年4月20日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今年ナンバー1(!?)の邦画、『ディア・ドクター』~

今年ナンバー1(!?)の邦画、『ディア・ドクター』~

2009年が幕をおろすまでまだ5か月以上もありますが、現時点でまちがいなく日本映画のベストワンと言える作品が『ディア・ドクター』です。 日経新聞に掲載されたぼくの拙文を紹介します。まだ公開中です。未見 …

江戸時代版〈食いつないでいく方法〉~『殿、利息でござる!』

江戸時代版〈食いつないでいく方法〉~『殿、利息でござる!』

コミカルな時代劇です。 でも、実際にあったお話。 世の中、やっぱりお金、お金……( ;∀;) 『殿、利息でござる!』は14日から全国ロードショーです。 映画ファンのための感動サイト「シネルフレ(Cin …

ラヴ・ロマンス映画ベスト10~

ラヴ・ロマンス映画ベスト10~

4月1日。新年度のスタートです。 32年前のきょう、グータラ大学生だったぼくが新聞社に入った日です。 入社式ではちょっぴり緊張していましたが、まぁ、なんとかなるやろと開き直ってもいました。実際、なんと …

父娘の絆を濃厚に! 大阪映画『ソウル・フラワー・トレイン』

父娘の絆を濃厚に! 大阪映画『ソウル・フラワー・トレイン』

こんな大阪映画が封切られています。 ドギツイと思う人がいるかもしれませんが、味のあるドラマに仕上がっています。     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ (C)ALEWO 古くは「花 …

高倉健、6年ぶりの映画『あなたへ』

高倉健、6年ぶりの映画『あなたへ』

(C)「あなたへ」製作委員会 健さんが6年ぶりに銀幕に戻ってきた。   若い人にはピンとこないだろうが、高倉健の存在は日本映画において千鈞の重みがある。   205本目の出演作とな …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。