武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

サンティアゴ巡礼の道を歩く~映画『星の旅人たち』

投稿日:2012年6月9日 更新日:

サンティアゴ巡礼--。
なんとなくロマンをかき立てられますね。
この巡礼の道を舞台にした映画『星の旅人たち』がきょうから公開されています。
     ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆
星の旅人たち
© Copyright 2010 The Way Productions, LLC All Rights Reserved.
旅はよく人生に例えられる。
その逆もしかり。
山あり、谷あり。
そして必ず出会いがある。
本作はまさにそれを映像化したヒューマン・ドラマ。
終着点に向け、ひた歩く主人公への共感が後味の良さに繋がった。
サンティアゴ巡礼の道。
この設定にまず惹かれる。
フランス南西部からピレネー山脈を経てスペイン北部を横断し、聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへと至る、総距離800㌔にも及ぶルートである。
出発点の町に米国人の初老の眼科医トム(マーティン・シーン)がやって来る。
妻の死後、疎遠になっていた1人息子ダニエル(エミリオ・エステヴェス)が巡礼中に事故死し、その遺骸を引き取るためだ。
息子は何を思ってこんな所に来たのか。
トムが抱いた疑問が映画の主題となる。
ただ、父親が巡礼の旅を始めた動機がやや希薄。
もう少し内面の苦しみ、ダニエルとの葛藤を際立たせてほしかった。
監督は主演シーンの長男エステヴェス。
役柄だけでなく、映画全体がこの親子関係を色濃く反映させている。
聖地を目指すシーンの姿は演技を離れていた。
他の旅人との邂逅が脇筋(サブプロット)として面白い。
グルメで陽気なオランダ人男、チェーンスモーカーの厭世的なカナダ人女性、自己主張の強いアイルランド人作家……。
みな個性豊か。
しかも秘密を抱えている。
ある程度、予測できるが、彼らが家族のような間柄になっていく様が実にほほ笑ましい。
ぼくは数年前、ほんの少しだけ巡礼の道を歩いた。
映画の中で変化に富む自然が次々と映し出され、心が和らいだ。
風景美が作品のトーンを決定づけるほど大きな要素になっている。
トムは何を考えながら歩いていたのだろう。
与えられた人生を精一杯、生きるだけ……。
そんなつぶやきが聞こえてきた。
2時間8分
★★★
6月 9日(土)~シネ・リーブル梅田
6月16日(土)~シネ・リーブル神戸
6月30日(土)~京都シネマ
(日本経済新聞2012年6月8日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)
☆巡礼ゴールは、聖地サンテイアゴ・デ・コンポステーラ。
壮大な大聖堂がそびえています。
IMG_0963

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミステリー風味のドキュメンタリー映画『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』

ミステリー風味のドキュメンタリー映画『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』

  ヴィヴィアン・マイヤー。   ご存知ですか?   全く無名のアマチュア女性写真家でしたが、6年前に死去してから、俄然、世界的に脚光を浴びています。   市井 …

自然の中に居場所を求め~日本映画『リトル・フォレスト 夏・秋』

自然の中に居場所を求め~日本映画『リトル・フォレスト 夏・秋』

                           ©「リトル・フォレスト」製作委員会   こんなタイプの映画、初めて観た。   山あいの集落で作物を育て、1人で自活する若い女性 …

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます! 今年も、これまでと同じように「好きの力」を生かし、前向きに歩んでいこうと思っています。 元旦からさっそく仕事でした。 湊町のFM大阪まで歩いて行き、深夜番組『「なにわ …

おおさかシネマフェスティバル2013

おおさかシネマフェスティバル2013

春の訪れを知らせる『おおさかシネマフェスティバル2013~映画ファンのための映画まつり』が今日、大阪・法円坂の大阪歴史博物館で開催されました。   1975年からなので、今年で38回目。 & …

不審死のナゾに迫る女医~異色サスペンス映画『午後8時の訪問者』

不審死のナゾに迫る女医~異色サスペンス映画『午後8時の訪問者』

あの時、ああしておけばよかった……。 日々、後悔するのが世の常だが、そこに人の死が絡むとどうなるのか。 本作の主人公は自責の念と罪悪感にかられ、ストイックな行動に移す。 その姿を徹底的に追尾した異色サ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。