武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

その他 エッセー 大阪 日記 雑学

Viva~! 大阪中之島美術館~!

投稿日:

開館が待ち遠しかった大阪中之島美術館~!

今日、何とか時間を作り、400点のコレクションを鑑賞してきました。

佐伯祐三、池田遙邨、モディリアーニ、マリー・ローランサン、ルネ・マグリット……、オープニング記念とあって、錚々たる画家たちの作品のみならず、写真、リトグラフ、家具なども展示されており、てんこ盛りの内容でした~。

大阪ゆかりのアーティストが思いの外、いることもわかりました。

これで観覧料が1500円とは、コスパが良すぎる~!

収蔵品が6000点もあり、これから特別展がいろいろ開催されるそうです。

2時間、たっぷり「芸術」の息吹に暴露され、大満足でした~(^_-)-☆

間違いなく、世界に誇れる美術館です。

浪花っ子にとっては鼻高々~ (笑)

さて、大阪で一番のおススメ・スポットはどこ? 

こう訊かれると、ぼくは迷うことなく中之島を挙げます。

なぜなら、景観といい、ウォーターフロントといい、申し分ないからです。

都会のど真ん中というロケーションも最高!

そんな中之島に新しい美術館が誕生したのですから、ときめきが半端ではありません。

近未来をイメージさせ、異彩を放つブラック・キューブ(黒い直方体)の建物がひと際、目を引きつけ、ぼくの大好きなモディリアーニを存分に鑑賞できるとあって、ジーンと胸が熱くなってきます。

この美術館の開館によって、南側の国立国際美術館、東方の中之島香雪美術館、大阪市立東洋陶磁美術館と合わせ、個性豊かな4つの美術館が中之島に! 

まさに「芸術の島」と言っても過言ではありません。

ベルリンにある、5つの博物館が並ぶ「博物館島」(世界遺産)にも比肩できるでしょう。

「文化の至宝」といえる大阪中之島美術館……、ぼくは末永く愛し続けます。

-その他, エッセー, 大阪, 日記, 雑学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ささやかな就職内定祝賀会(?)~♪

ささやかな就職内定祝賀会(?)~♪

人生には寄り道がつき物。   ストレートにわが道を歩むのはもちろんいいけれど、大きな壁にぶつかったり、あえて別のルートを探ったりして、わき道にそれる生き方も大いに尊重したいと思っています。 …

兄貴のこと……。

兄貴のこと……。

今日は、岡山へ母親と兄貴の家族を訪ねました。   武部家は生粋の大阪人です。   父親が上六(上本町六丁目)、母親が玉造生まれ。   ぼくと2つ上の兄も谷六(谷町六丁目) …

恩人の作家、神坂次郎さんへの追悼

恩人の作家、神坂次郎さんへの追悼

和歌山出身の作家、神坂次郎さんが黄泉の客人になられました。 享年、95。 神坂さんには随分、お世話になりました。 1998年10月、日本ペンクラブの理事を務めておられたとき、ぼくを会員に推薦してくれは …

秋の終わりの紅葉狩り、信貴山へ♪

秋の終わりの紅葉狩り、信貴山へ♪

午前中、穏やかな陽光が降り注いでいたので、「もう今日しかない!」と紅葉を鑑賞しに行こうと決めました。 目的地は生駒山系の信貴山。 なぜか信貴山の名が頭に浮かびました。 近鉄大阪線の山本駅で支線に乗り換 …

昨夜はサンボア100周年記念パーティーでした~(^_-)-☆

昨夜はサンボア100周年記念パーティーでした~(^_-)-☆

昨夜は梅田のザ・リッツ・カールトン大阪で、「サンボア100周年祝賀会」でした。 1918年、神戸で母体となったバーが産声を上げ、現在、大阪(8店)、京都(3店)、東京(3店)で14店舗を展開。 といっ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。