武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

日記

明日から2度目の南インド放浪の旅~(^_-)-☆

投稿日:

明日から南インドへ旅立ちます。

3年ぶり2度目です。

還暦の記念に初めて訪れた前回は、ケララ州南部とタミル・ナードゥ州南部を巡ってきました。

インド亜大陸の最南端カニャークマリ(ロサリン岬)で「イェーツ!!」と叫んだ経験は大きな宝物になっています。

それが旅の目的でした!

今回は前回に訪れることができなかったタミル・ナードゥ州の北部を踏破してきます。

インド北部とは異なり、南インドはイスラムの影響が少なく、ヒンドゥーの濃密な世界に包まれています。

その中でもかなりヒンドゥー色の強いエリアです。

旅の目的は……。

「心の洗濯」です。

「洗練された中での秩序(日本)」から「混沌とした中での秩序(インド)」に身を置くと、背伸びしている自分を元の背丈に戻してくれ、気分もリフレッシュできます。

それは前回の旅で十分、味わいました。

関西国際空港からマレーシア航空でクアラルンプール経由、チェンナイへ向かいます。

大都会チェンナイは一泊だけして、すぐさま田舎へ逃れ、各地のヒンドゥー寺院を回ってくる予定です。

最終目標は、シヴァ神のリンガ(男根)そのものといわれるティルヴァンナマライのアルナーチャラ山(約800メートル)への登頂です。

山頂ではやはり「イェーツ!!」と絶叫します(笑)。

〈聖なる山〉とあって、土足厳禁、裸足で登らねばなりません。

苦行ですね(笑)

足の裏を負傷したら、潔く下山します。

何事も無理したらあきまへん~(^^;)

帰国は29日。

わずか10日ばかりの短い旅です。

ほんまは半年ほど居続けたいのですが、そういうわけにはいきません。

リュックサックは、前回同様、山登りをしている「ちょかBand」の相方、疋田さんから借りました。

このリュックで十分です。

旅の間、フェイスブックで随時、画像を盛り込んでレポートを投稿します。

帰国後、それをブログでもアップします。

だんだん気分が高揚してきた。

思う存分、満喫してきます。

イェーツ!!

-, 日記

執筆者:


  1. 百々之助 より:

    Godspeed!

  2. MS より:

    Bon voyage!
    アーリア人が北インドに侵入してドラヴィダ人を南インドへ追いやる構図は、どこかアングロサクソンとケルトの関係に似てる気がしますね。南インドとケルトに通底する何かがある?

    • admin より:

      コメント、ありがとうございます。
      29日に帰国しました。これからブログで日記風に綴っていきます。
      アーリア人VSドラヴィダ人、アングロサクソンVSケルト……。よく似た構図ですね。
      基本、強者が弱者を制する、その本質的な流れがたまたま一致しただけだと思います。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

目からウロコ……

目からウロコ……

フルマラソン出場(できれば大阪マラソン!)をめざし、ジョッギングを続けているんですが、この本を読んで衝撃を受けました。 『マラソンは毎日走っても完走できない』というタイトル。 え~っ! 一体なんやねん …

東日本大震災、10年を迎えました!

東日本大震災、10年を迎えました!

未曾有の原発事故を引き起こし、約2万2000人の犠牲者を出した東日本大震災から、今日でちょうど10年。 あの日、ぼくは大阪・北堀江にあった松竹関西支社の試写室で『八月の蝉』を観ていました。 試写室は最 …

旅を楽しむ秘訣~受け身から脱して!!

旅を楽しむ秘訣~受け身から脱して!!

↑英・スコットランドのネス湖畔、アーカート城で 何事も目的を持って取り組めば、パワーがみなぎります。 旅も同じ。 興味のある事や知りたい事を求めて旅立つと、計り知れないほど大きな収穫を得られます。 美 …

橘画廊オープン~現代アートの発信地!!

橘画廊オープン~現代アートの発信地!!

ぼくの左に座ってはるご老人をご存知ですか。 現代アートの巨匠、嶋本昭三さんです。 正直、ぼくはお名前を存じませんでした。 不勉強です!! この人、海外ではかなり著名な芸術家で、欧米の名だたる美術館でよ …

高校の陸上部、ミニ同窓会、楽しかった~(^_-)-☆

高校の陸上部、ミニ同窓会、楽しかった~(^_-)-☆

40年以上前の高校時代(大阪府立清水谷高校)、陸上部で一緒に汗を流していた面々と心斎橋で再会しました。 同期と1つ、2つ下の後輩たちとの合同の集い。 ぼくはほんまに頼んなかったし、ええ加減なキャプテン …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。