武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画 音楽

ドキュメンタリー映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』

投稿日:2020年9月11日 更新日:

今日は朝からウキウキ~😃🎵 なぜなら、ドキュメンタリー映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』の試写があるから。

そして、先ほど観ました~❗

案の定、アドレナリン濃度が一気に上昇~😍⤴️⤴️😍

1960年代後半から1976年のサンフランシスコでの「ザ・ラスト・ワルツ」コンサートまで、ロックシーンを熱く駆け抜けた愛すべき5人組のバンド~🎵🎸🎵

カナダ出身(1人を除く)なのに、アメリカ南部の土臭いサウンドをガンガン聴かせてくれましたね。

本作は、リーダー格ロビー・ロバートソンの自伝に基づき、彼の生い立ち、メンバーとの出会い、ボブ・ディランのバックバンド時代、自分たちのステージ活動などを余すところなく映像で伝えてくれます。

ディランをはじめ、ブルース・スプリングティーン、エリック・クラプトン、ジョージ・ハリソン……らそう錚々たるミュージシャンの証言と36曲にもおよぶ懐かしのナンバー~🎵

ホンマにすごいバンドやったなぁと改めて実感しました~❗

彼らの活動期、ぼくはジャズにのめり込んでいて、正直、あまり聴かなかったんですが、社会人になり、マーティン・スコセッシ監督の傑作ドキュメンタリー映画『ザ・ラスト・ワルツ』を観て、どっぷりハマった~‼️

そのスコセッシと『パパロッティ 太陽のテノール』を撮ったロン・ハワード監督が製作総指揮に名を連ねています。

ドラッグ、妬み、その他諸々知らない逸話がいろいろ紹介されていましたが、5人は兄弟のような強い絆を結んでいたんですね。

メンバーの3人が他界した今、よけいに愛おしく感じられました~😍

まだ興奮してます(笑)

10月23日から全国順次公開。大阪は30日から~。

-映画, 音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

浪花の映画大特集~50本を一挙上映!!!!

浪花の映画大特集~50本を一挙上映!!!!

この夏、大阪で画期的なイベントが開催されます~!! 大阪を舞台にした映画、50作品を一挙上映する『浪花の映画大特集』。 大阪・九条のシネー・ヌーヴォで、23日~9月2日。 溝口健二監督のトーキー第1作 …

映画は「なんば」からはじまった!~12月7日(木)18:30~、難波の大阪府立大学サテライト・キャンパスで

映画は「なんば」からはじまった!~12月7日(木)18:30~、難波の大阪府立大学サテライト・キャンパスで

大阪と映画との深い関わりを探った拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)を上梓して、早1年以上が経ちました。 難波が映画興行(仏リュミエール商会のシネマトグラフ)のみならず、映画上映(米エジソン商会のヴァ …

4月18日から映画講座『シネマ・パラダイス~映画はお好き?』が関大梅田キャンパスで始まります~(^_-)-☆

4月18日から映画講座『シネマ・パラダイス~映画はお好き?』が関大梅田キャンパスで始まります~(^_-)-☆

関西大学と大阪よみうり文化センターがスクラムを組み、4月17日から関西大学梅田キャンパスで市民向け文化講座『梅田みらいずカルチャーリンク』が始まります。 非常勤講師を務めている関大、古巣新聞社の読売… …

忘れ得ぬラストシーン~ときめきシネマ・ワールド(12月8日)

忘れ得ぬラストシーン~ときめきシネマ・ワールド(12月8日)

映画の締めとなるラストシーン。   名作といわれる映画は、どれもラストシーンにこだわりを見せています。   極めつけといえば、『第三の男』(1949年)。 ウィーンの中央墓地でカメ …

ミステリー風味のドキュメンタリー映画『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』

ミステリー風味のドキュメンタリー映画『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』

  ヴィヴィアン・マイヤー。   ご存知ですか?   全く無名のアマチュア女性写真家でしたが、6年前に死去してから、俄然、世界的に脚光を浴びています。   市井 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。