武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

人間の誇りと崇高な愛を描いたドイツ映画『東ベルリンから来た女』

投稿日:2013年2月8日 更新日:

最近、見ごたえのある映画が目白押しです。

 

この映画も、グイグイ引き込まれました。

 

    ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

© SCHRAMM FILM / ZDF / ARTE 2012

邦題から、米ソ冷戦期、西側への亡命者の映画だと思った。

 

しかしそうではなく、旧東ドイツ国内の過酷な社会を浮き彫りにし、その中で崇高な愛を謳い上げていた。

 

生身の人間から発せられる悲痛な心の叫びが胸に突き刺さった。

 

ベルリンの壁崩壊9年前(1980年)の物語。

 

冒頭から全編を覆うただならぬ空気を予見させる。

 

ベンチに座り、寂しげに、それでいて開き直って紫煙をくゆらす女医バルバラ(ニーナ・ホス)を建物の窓から2人の男が覗き見する。

 

彼女は西ドイツへの移住申請を却下され、ベルリンから田舎町の病院に左遷された。

 

この日が初出勤日。

 

男は上司の医師アンドレ(ロナルド・ツェアフェルト)と秘密警察の諜報員だ。

 

抑圧された管理社会を見事に象徴した場面である。

 

閉塞感に包まれた息苦しい日常の中で増幅する疑心暗鬼。

 

“前科者”と見なされ、主人公の表情はますます氷のように冷たくなる。

 

前半は当時の実像を容赦なくあぶり出した『善き人のためのソナタ』(2006年)と類似した内容だ。

 

本作はしかし、単に告発をテーマにした映画ではない。

 

国外脱出を企む彼女が、ある意味、自分とよく似た境遇の少女の主治医になったことから様相が変わる。

 

人間として、医師としての矜持が芽生え、そこにアンドレとの触れ合いがごく自然に絡まってくる。

 

ほのかに彼女の頬に血の気がさす。

 

その移ろう様に、クリスティアン・ペッツォルト監督は一見、冷徹ながらも、慈愛を込めて迫る。

 

しかもサスペンス風味の不穏な雰囲気を終始、保ったままで。

 

強靭な演出力だと思う。

 

究極の選択。

 

バルバラが取った行動にぼくは感嘆した。

 

その裏に真の愛とは何かという問いかけがあったから。

 

クールな映像とは裏腹に、実に熱い映画だった。

 

1時間45分

 

★★★★(見逃せない)

 

大阪: テアトル梅田 2月9日(土)

京都: 京都シネマ 2月9日(土)

兵庫: シネ・リーブル神戸 2月16日(土)

 

(日本経済新聞2013年2月8日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タランティーノ監督が放つ濃厚密室ウエスタン~『ヘイトフル・エイト』

タランティーノ監督が放つ濃厚密室ウエスタン~『ヘイトフル・エイト』

  27日から公開されるクエンティン・タランティーノ監督の新作『ヘイトフル・ヘイト』はまたも西部劇。   それも密室ミステリーです。   いつものように、残酷で下品、差別 …

最新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の発刊記念イベント、盛り上がりました~(^_-)-☆

最新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の発刊記念イベント、盛り上がりました~(^_-)-☆

昨日、大阪・谷町六丁目の隆祥館書店で、新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の発刊記念イベントが開催されました。 会場がびっしり埋まり、熱気ムンムンの中で、映画とウイス …

京都で「反論」講演会、盛り上がりました!

京都で「反論」講演会、盛り上がりました!

映画が日本で最初に上映されたのは京都ではなく、大阪だった~! 拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)のトピックスに対する「反論」の講演会が昨日(28日)、京都・壬生のおもちゃ映画ミュージアムで開かれまし …

大阪アジアン映画祭が始まりました~!

大阪アジアン映画祭が始まりました~!

黄砂、PM2.5、花粉。   “恐怖の3点セット”が混じった空気に包まれていますが、もう春ですね。   そんな中、大阪では昨日から第8回大阪アジアン映画祭が始まりました。 &nbs …

中島貞夫監督、渾身の本格時代劇~『多十郎殉愛記』(12日から公開)

中島貞夫監督、渾身の本格時代劇~『多十郎殉愛記』(12日から公開)

「伊藤大輔監督の霊に捧ぐ」――。 『多十郎殉愛記』の冒頭に出てくる中島貞夫監督の言葉から、本格時代劇を撮るんだという本気度が伝わってきました。 しかも監督が20年ぶりにメガホンを取った新作とあって、否 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。