武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

極上! 大人のメルヘン~『グランド・ブダペスト・ホテル』

投稿日:

©2013 Twentieth Century Fox.

 

ハリウッドのメジャーと一線を画し、独特な映像世界を築く奇才ウェス・アンダーソン監督の新作。

 

目を見張らんばかりの造形美を存分に生かし、遊び心が溢れる大人のメルヘンに仕上げた。

 

心ときめく娯楽ミステリーだ。

 

題名からしてハンガリーの話と思いきや、東ヨーロッパの架空の国が舞台。

 

山上に建つ優美なリゾートホテルのコンシェルジェ、グスタヴ(レイフ・ファインズ)と愛弟子のベルボーイ、ゼロ(トニー・レヴォロリ)が常連客の伯爵夫人殺害事件の解明に乗り出す。

 

ピンク色のホテルとケーブルカーは見るからにミニチュア模型丸出し。

 

それを目にした瞬間、お伽噺風の味つけに笑みがこぼれ、気がつくと、ユーモアをまじえた小気味よい物語にどっぷり浸っていた。

 

ホテルが栄華を極めた大戦前夜の1930年代、戦後、共産圏に組み入れられ、すっかり寂れた60年代、そして現代。

 

3つの時代をそれぞれ異なるスクリーン・サイズで見せる。

 

大胆な試みだ。

 

このこだわりが回想形式のドラマであることを強く意識させる。

 

ファシズムの脅威が増し、開戦へと至る厳しい情勢下、伯爵夫人が残した1枚のルネサンス絵画をめぐって東奔西走するグスタヴとゼロはまさに活劇のヒーロー。

 

2人を狙う殺し屋(ウィレム・デフォー)の凄味も光る。

 

実に痛快な冒険譚でもある。

 

プロ意識に徹し、非の打ちどころのないホテルマンをしなやかに演じたファインズの巧さに目を見張った。

 

英国人俳優特有の気品の高さが役どころにぴったり。

 

名立たる役者が随所に登場している。

 

彼らを見つけるだけでも楽しめる。

ノスタルジックな映像からそこはかとなく感じられる無常観と寂寥感。

 

テーマは深い。

 

アンダーソン監督はどこまで進化するのだろうか。

 

目が離せない。

 

1時間40分

 

★★★★(見逃せない)

 

☆6/6(金)よりTOHOシネマズ梅田、TOHOシネマズなんば、

TOHOシネマズ二条、シネ・リーブル神戸ほか全国ロードショー

 

(日本経済新聞2014年6月6日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クールすぎる韓流フィルム・ノワール~『アジョシ』

クールすぎる韓流フィルム・ノワール~『アジョシ』

映画、ドラマ、音楽などのひろいジャンルで、韓流が日本でも定着してきていますね。 かつては年配の女性だけが心をときめかせていたのに、今では年齢層がグンと下がってきているようです。 火付け役となったあの『 …

自信を持って名作と言えます~『瞳の奥の秘密』

自信を持って名作と言えます~『瞳の奥の秘密』

© 2009 TORNASOL FILMS – HADDOCK FILMS – 100 BARES PRODUCCIONES – EL SECRETO D …

「あの夏」に決着をつける~日本映画『アゲイン 28年目の甲子園』

「あの夏」に決着をつける~日本映画『アゲイン 28年目の甲子園』

甲子園。   高校球児にとっては、まさに晴れ舞台。   そこに数々のドラマが生まれます。   この映画で描かれた物語が実際にあってもおかしくないと思いました。 &nbsp …

池井戸潤の原作、初の映画化作品~『空飛ぶタイヤ』(14日公開)

池井戸潤の原作、初の映画化作品~『空飛ぶタイヤ』(14日公開)

「半沢直樹」「下町ロケット」「陸王」などテレビドラマ化が相次ぐ作家、池井戸潤の原作で初の映画化作品。 企業の不正にメスを入れた娯楽作に仕上がった。 逆転劇が実に爽快だ。 ©2018「空飛ぶタイヤ」製作 …

ダブリン発の爽やかな音楽・青春・恋愛映画~『シング・ストリート 未来へのうた』

ダブリン発の爽やかな音楽・青春・恋愛映画~『シング・ストリート 未来へのうた』

© 2015 Cosmo Films Limited. All Rights Reserved 「ONCE ダブリンの街角で」(2007年)、「はじまりのうた」(13年)と胸に染み入る音楽映画を世に放 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。