«

»

1月 12

素人ヨットマンの奇抜な行動~英国映画『喜望峰の風に乗せて』

英国を代表する名優コリン・ファースが孤高のヨットマンに扮する海洋ドラマ。

てっきり男のロマンをテーマにした冒険映画と思いきや、全く想定外の展開。

実話と知って驚いた。

(C)STUDIOCANAL S.A.S 2017

1968年、英国で単独無寄港世界一周ヨットレースが開催され、脱サラの起業家ドナルド(ファース)が参加した。

独自開発の船舶用測定器が売れず、金銭的に困窮する中、賞金目当てで出場を決意したのだ。

(C)STUDIOCANAL S.A.S 2017

素人ヨットマンとあって、マスメディアに注目され、時の人になっていく。

さらに資産家からの投資話が絡み、どんどん大騒ぎに。

(C)STUDIOCANAL S.A.S 2017

その翻弄される様が何とも滑稽である。

ドナルドは3人の幼い子を持つ父親。

(C)STUDIOCANAL S.A.S 2017

レース出場に反対する愛妻クレア(レイチェル・ワイズ)との微妙な心模様が浮き彫りにされるにつれ、家族の物語であることに気づかされる。

(C)STUDIOCANAL S.A.S 2017

(C)STUDIOCANAL S.A.S 2017

ヒーローになって妻子を喜ばせ、国民の期待に応えたい。

失敗続きの男が今こそ再生できると思い、自分で設計したヨットで出航する姿には共感できる。

(C)STUDIOCANAL S.A.S 2017

海上に出てからは一人劇。

トラブル続出で孤軍奮闘の主人公と熱狂の本国との対比、彼の武勇伝を書く新聞記者(デヴィッド・シューリス)との通信のやり取り……。

(C)STUDIOCANAL S.A.S 2017

メリハリをつけ、飽きさせなかった。

やがてドナルドはとんでもない行動に出て、映画の様相が激変する。

ジェームズ・マーシュ監督は苦悶する彼に肉迫するも、この重要なシークエンスの描き方がやや単調で弱かった。

ファースの演技は申し分ない。

チャレンジ精神、見栄、弱音、偽善性、家族愛……。

すべての面において完璧に演じ切った。

孤愁が似合う男の日焼けした顔が絵になっていた。

(C)STUDIOCANAL S.A.S 2017

一介の庶民が大舞台に立たった時の身の振り方。

そこに人間の本性が垣間見られる。

その意味で濃厚なヒューマン・ドラマだった。

1時間41分

★★★(見応えあり)

☆大阪ステーションシティシネマ、京都・TOHOシネマズ二条、シネ・リーブル神戸ほかで公開中

(日本経済新聞夕刊に2019年1月11日に掲載。許可のない転載は禁じます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">