武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

社会派映画『ペンタゴン・ペーパー/最高機密文書』と人物映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』

投稿日:

映画の祭典アカデミー賞で、てっきり作品賞を受賞すると思っていた『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』が無冠に終わり、いささか驚きました。

まさに今のトランプ政権下にあってこそ生み出された社会派映画だと思っています。

それだけに残念でした。

主演男優賞は、予想通り、イギリス映画『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』でチャーチルに扮したゲイリー・オールドマン。

辻一弘さんの特殊メイクによって、ほっそりしたオールドマンをぽっちゃりしたチャーチルに変身させたことが大きかったと思います。

その辻さんがメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞しました。

ともに30日から公開される『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』と『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』について、映画ファンのための感動サイト「シネルフレ(Cinereflet)の『武部好伸のシネマエッセイ』でこってり書かせてもらいました。

ぼくはゆめゆめ映画評論家ではありません。

あくまでのエッセイスト。

なので、作品そのものをああでもない、こうでもないと批評するのが好きではありませんし、そうするつもりもありません。

映画評論家と自称する人たちとは一線を画し、異なった視点から映画を切るのが好きなんです。

上記の2作品は、時代背景、ジャーナリズム界、人物像などに主眼を置いて執筆しました。

ちょっと長文になってしまいましたが、どうぞご笑覧ください~(^_-)-☆

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

強烈な反戦映画でしたな~『ジョニーは戦場へ行った』

強烈な反戦映画でしたな~『ジョニーは戦場へ行った』

昨夜、書庫を整理していたら、何気に日記を手にし、パラパラと読みふけっていました。 4年前の今ごろ、こんな文章を綴っていました。 アメリカ映画『ジョニーは戦場に行った』について。 某雑誌へ寄稿するため、 …

ウイスキー・フェスティバルで講演した『映画とウイスキー』を再現

ウイスキー・フェスティバルで講演した『映画とウイスキー』を再現

☆プロローグ  「君の瞳に乾杯!」   映画の最高の名ゼリフですね。   ご存知、ハンフリー・ボガートとイングリッド・バーグマンが共演した『カサブランカ』(1942年)で、ボガート …

いぶし銀の演技~『新しい人生のはじめかた』

いぶし銀の演技~『新しい人生のはじめかた』

(C)2008 OVERTURE FILMS,LLC.ALL RIGHTS RESERVED ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソン。 米英を代表するベテラン俳優が大人の恋を軽やかに奏でてくれた。 互 …

ほほ笑ましい大阪映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』

ほほ笑ましい大阪映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』

(C)2014「円卓」製作委員会   こんな大阪映画もええですね~(^^)/   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆   「じゃりン子チエ」や「プリンセス …

極上のサスペンス&ミステリー~『ミケランジェロの暗号』

極上のサスペンス&ミステリー~『ミケランジェロの暗号』

今日から10月、神無月です。 2011年もあと3か月になりましたね。 こんな面白い映画が上映されていますよ。 『ミケランジェロの暗号』 ちょっと珍しいオーストリア映画です。      ☆     ☆  …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。