武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

フランス映画『100歳の少年と12通の手紙』~善意のウソはいい?

投稿日:2010年11月2日 更新日:

関西発!! 映画ファンのための感動フリーペーパー。
新作映画をズラリと紹介する『CINE REFLET』(シネルフレ)の秋の特別号が発行されました。
映画館に置いてあるそうですので、遠慮なくピックアップしてださいね。
ぼくはジョン・レノンの青春譚『ノーウェアボーイ』(英)と一風変わったファンタジー映画『100歳の少年と12通の手紙』(仏)を書きました。
ここでは後者の原稿を載せます。
     ☆     ☆     ☆    ☆     ☆
100歳少年
© 2008 Pan-Européenne–Studiocanal–Oscar Films–TF1 Films Production–Cinémaginaire–RTBF (Belgian Telecision)
正直、難病モノは苦手。
ましてや子供が余命幾ばくもないとなると、もうお手上げだ。
なのにこの映画は最後まで楽しく観ることができた。
白血病と闘う10歳のオスカー少年と彼の話し相手になったデリバリーのピザ屋の中年女性との絡みが絶妙だったから。
ユーモラスな空気で包み込んだ作風も穏やかな風がそよいでいるようで、気持ちが安らいだ。
このおばちゃん、ケバくて、ガラが悪い。
心がささくれ立っている。
しかもよくウソをつく。
1日を10年間と考え、毎日、神様に手紙を書くといいと少年に勧め、自分は百戦錬磨の女性プロレスラーだったと自慢する。
でも善意のウソだから許せる。
それがオスカーの生きる拠り所となる。
プロレスのシーンが劇画っぽくて、たまらなくおかしかった。
4日目。つまり少年が40歳を迎えた日。
自分の愚かな行為を反省し、「男は魔が差します」と手紙にしたためた。
思わずドキッとした。
★監督・脚本 エリック=エマニュエル・シュミット
 出演 ミシェル・ラロック、アミール、アミラ・カサール
 (1時間45分)
☆11月13日~大阪・シネ・リーブル梅田で公開

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

明日、ABCラジオ『おはようパーソナリティ道上洋三です』に出演します

明日、ABCラジオ『おはようパーソナリティ道上洋三です』に出演します

ちょこっと告知~😁 明日の朝8時ごろ、ABCラジオ『おはようパーソナリティ道上洋三です』で、夏公開の映画についてお話しさせていただきます~😁 道上さんからラブコールが寄 …

亡き母親の秘密……、仏映画『ミモザの島に消えた母』&独映画『生きうつしのプリマ』

亡き母親の秘密……、仏映画『ミモザの島に消えた母』&独映画『生きうつしのプリマ』

テアトルグループの「チラシ」に、ぼくの映画エッセーが載っています~(^_-)-☆

映画の地を歩く(8)イタリア・ベネチア~『旅情』

映画の地を歩く(8)イタリア・ベネチア~『旅情』

「中国人の観光客だらけ!」 先日、イタリアのベネチアへ旅してきた知人が苦笑いしていました。 ぼくも4年前に訪れたとき、200人ほどの中国人観光客が、先頭で旗を振る添乗員に引率され、列をなしてベネチアの …

心に響くフランス映画~『奇跡の教室 受け継ぐ者たち』

心に響くフランス映画~『奇跡の教室 受け継ぐ者たち』

ひと味違った学園モノの映画『奇跡の教室 受け継ぐ者たち』が大阪では13日からテアトル梅田で公開されます。 東京では公開中。 映画ファンのための感動サイト「シネルフレ(Cinereflet)」の『武部好 …

何とお上品な方……、女優の八千草薫さん

何とお上品な方……、女優の八千草薫さん

きょうの午後、女優の八千草薫さんを目の前にして、インタビューしました。 ご主人の亡き谷口千吉監督(1912~2007年)の生誕百年を記念した映画特集が19日~6月8日、大阪・九条のシネ・ヌーヴォで開か …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。