武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

何とも歪な純愛映画……『彼女がその名を知らない鳥たち』(日本映画)

投稿日:

登場人物が全てクセ者で、嫌悪感すら抱かせる。

そんな泥々とした物語の中で、ピュアな〈無償の愛〉を謳い上げた。

強烈なインパクトを与え、不思議な余韻を残す異色恋愛映画だ。

ⓒ2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

原作は女流作家、沼田まほかるの同名ミステリー小説。

それを実録犯罪映画『凶悪』(2013年)、『日本で一番悪い奴ら』(16年)を手がけた白石和彌監督が映画化した。

舞台は大阪。

物が散乱する自室で怠惰な生活を送る十和子(蒼井優)の〈負のオーラ〉に辟易とする。

ⓒ2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

傲慢で、嫌な女性丸出し。

冒頭からいきなり本性を露呈させる。

そんな彼女を養っているのが15歳年上の陣治(阿部サダヲ)。

ⓒ2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

下品で不器用、その上、不潔極まりない。

十和子に暴言を吐かれても、へらへらとしている。

人間としての矜持がないのか。

ⓒ2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

同棲する2人の何の展望もない閉塞感に胸が痛くなる。

この歪な男女関係を前面に打ち出してから、にわかに本筋が始まる。

恋愛依存症の十和子がデパート社員の水島(松坂桃李)に惚れる。

ⓒ2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

この男、8年前に別れた実業家の黒崎(竹野内豊)とよく似ている。

ⓒ2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

それを機に殺人を匂わせる空気が充満してくる。

ろくでもない彼らの中で、陣治1人だけが異なるベクトルを放つ。

あとの3人は極めて自己中心的だが、彼は全て十和子ありきで行動する。

これぞ愛の本質と言わんばかりに。

ⓒ2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

白石監督はこれまでの作品と同様、非常に粘り気のある演出を貫く。

4人の内面をグイグイあぶり出していく押しの強さが本作の醍醐味でもある。

蒼井の吹っ切れた、それでいて繊細な演技。

そこに阿部が痛々しく、かつカッコ悪く絡み、想定外の相乗効果を生んだ。

大阪弁も申し分ない。

人間の本性をあぶり出した濃密な映画。

それゆえ観るのにそれなりの覚悟がいるだろう。

2時間3分

★★★★(見逃せない)

☆28日から大阪・梅田ブルク7他で全国ロードショー

(日本経済新聞夕刊に2017年10月27日に掲載。許可のない転載は禁じます)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

人生、一度限り……、余命いくばくもない。はて、どうする?ドイツ映画 『君がくれたグッドライフ』

人生、一度限り……、余命いくばくもない。はて、どうする?ドイツ映画 『君がくれたグッドライフ』

人生、一度限り。 余命いくばくもないとわかったとき、どうしますか? そのひとつの回答を、このドイツ映画『君がくれたグッドライフ』は示してくれています。 安楽死、尊厳死の問題にも言及しており、いろいろ考 …

ヴィスキー、ちょうだい~

ヴィスキー、ちょうだい~

この美女がだれだかわかった人は、ご年配の方か、それともかなりの映画愛好家、はたまた洋酒通~。ほんまにべっぴんさんでしょ。こんな女性に見つめられたら、ぼくなら100%確実に金縛り状態になっちゃいます。 …

舞台『フェイドアウト』アンコール公演、始動~(^_-)-☆

舞台『フェイドアウト』アンコール公演、始動~(^_-)-☆

東(ひがし)龍造のペンネームで編んだ初の小説『フェイドアウト 映画を日本に持ち込んだ男、荒木和一』(幻戯書房)の舞台化『フェイドアウト』のアンコール公演まであと3週間となった昨日(8月4日)。 橋口俊 …

神戸で映画講座を開催します~♪

神戸で映画講座を開催します~♪

秋風がそよいでいる10月から、神戸で映画講座を始めます。   NHK文化センター神戸教室の定時講座です。   ときめきシネマワールド 月に1回です。   パワー全開で喋り …

ボクシング映画らしからぬボクシング映画~『ザ・ファイター』

ボクシング映画らしからぬボクシング映画~『ザ・ファイター』

      (C)2010 RELATIVITY MEDIA. ALL RIGHTS RESERVED. ボクシング映画といえば、『レイジング・ブル』『ロッキー』『ミリオンダラー・ベイビー』に代表され …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。