武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

シブーイ、渋いスパイ映画『ブリッジ・オブ・スパイ』

投稿日:

© 2015 DREAMWORKS II DISTRIBUTION CO., LLC and TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION.

© 2015 DREAMWORKS II DISTRIBUTION CO., LLC and TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION.

 

スティーヴン・スピルバーグ監督のスパイ映画。

 

てっきり派手な娯楽アクションと思いきや、心地よく裏切られた。

 

東西冷戦期の知られざる事実を描いたシリアスな人間ドラマ。

 

個人が国家を背負う時の覚悟を見せ切った。

 

1957年、ソ連のスパイ、アベル(マーク・ライランス)が米国で逮捕される。

 

この男の弁護人に選ばれたのがドノヴァン(トム・ハンクス)。

 

彼はしかし、保険が専門の門外漢だった。

 

反ソ感情による世間の風当たりが強まる中、決然と大役を引き受ける。

 

その理由が「誰でも弁護される権利がある」という社会正義に基づく信念だ。

 

それが前半の空気を支配する。

 

主人公の実直さが眩いほどに感じられる。

 

彼をヒーローではなく、市井の民間人というスタンスを貫かせたのが共感を呼ぶ。

 

弁護士と被告人の関係を越え、互いにプロであることを認めた上で敬意を払う。

© 2015 DREAMWORKS II DISTRIBUTION CO., LLC and TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION.

© 2015 DREAMWORKS II DISTRIBUTION CO., LLC and TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION.

いつしか信頼感が芽生えてくる様は刺激的ですらある。

 

ここが後半への伏線となるキーポイントだ。

 

ジョエルとイーサンのコーエン兄弟の脚本がよくこなれている。

 

十分、お膳立てできた物語を監督が奇をてらわずに粛々と演出している、そんな風に思えた。

 

五年後、予期せぬ事態が生じ、刑に服するアベルに焦点が当たる。

 

その時、米ソ間の橋渡しをする交渉人としてドノヴァンが再登場。

 

世界平和を左右する重大な任務を負わされた苦悩と使命感はいかばかりか。

 

厳冬の東ベルリンでのクライマックスシーン。

 

緊迫した空気を濃密にはらませ、個人が国家を動かす瞬間を捉えた。

 

非常にスリリング。

 

名場面である。

 

ハンクスの骨太な演技もさることながら、ライランスの抑制の効いた立ち居振る舞いが実に素晴らしい。

 

スパイの実像とはかくも地味なものかと実感させる。

 

渋い秀作だった。

 

2時間22分。

 

★★★★(見逃せない)

 

☆1月8日からTOHOシネマズ梅田ほか全国でロードショー

 

(日本経済新聞夕刊に2016年1月8日に掲載。許可のない転載は禁じます)

 

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

妖しげな2人劇~『毛皮のヴィーナス』

妖しげな2人劇~『毛皮のヴィーナス』

好きか嫌いか、はっきり差が出る映画だと思います。   ぼくははまった!   参ったなぁ、こんな映画を撮るなんて……。   ☆     ☆     ☆     ☆      …

新年1月にこんな講演会が京都で! 『反論!…日本「映画」事始め~』

新年1月にこんな講演会が京都で! 『反論!…日本「映画」事始め~』

拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)に絡み、さる12月4日、京都のおもちゃ映画ミュージアムで、『映画の渡来、120年目の真相~日本の映画発祥地は京都ではなく、大阪だった~!?』という演題でお話しさせて …

人間の誇りと崇高な愛を描いたドイツ映画『東ベルリンから来た女』

人間の誇りと崇高な愛を描いたドイツ映画『東ベルリンから来た女』

最近、見ごたえのある映画が目白押しです。   この映画も、グイグイ引き込まれました。       ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ © SCHRAMM …

ドイツ映画『ちいさな独裁者』のトークイベント~(^_-)-☆

ドイツ映画『ちいさな独裁者』のトークイベント~(^_-)-☆

シネ・リーブル梅田で公開中の『ちいさな独裁者』のトークイベント。 昨日(10日)、午後2時からの回終了後、ほぼ満席の観客を前に、この映画について映画ライターの華崎さんと対談しました~🙆 …

弁護士の坂和章平さんの新刊『“法廷モノ”名作映画から学ぶ生きた法律と裁判』

弁護士の坂和章平さんの新刊『“法廷モノ”名作映画から学ぶ生きた法律と裁判』

映画配給会社の試写室にはいろんな人が来はります。 新聞社の映画担当記者、浜村淳さんに象徴されるタレント、放送、雑誌、ネット系の映画担当者、映画ライター、その他映画業界の関係者……。 そんな中で異色な人 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。