武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

大人を観させる『シン・ゴジラ』

投稿日:

ダウンロード (9)

昨日、『シン・ゴジラ』を劇場で観ました。

マスコミ試写がなく、いきなりの封切りでした。

よほどの自信作~と製作・配給の東宝が踏んでいたのでしょう。

観終わって、体が震えた。

これまでのゴジラ映画とは全くベクトルが異なっていたから。

政府の危機管理と想定外の災害に遭った時の対応に主眼を置いており、単なる怪獣映画ではなかった。

これまで大都会が怪獣に襲われた時、当たり前のように自衛隊が出動し、武器を行使していましたが、そこに至るまでいろんな法網があることがよくわかりました。

安保条約による米軍の支援についてもそう。

そういうリアリズムがたまらなく面白かった。

もういっぺん、観に行こう!

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パワーアップした第2弾『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』

パワーアップした第2弾『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』

イギリス・ロンドンで半年間、英語留学してきた教え子の倉田君(関大JP5期生)が昨夜、お土産のスコッチ・ウイスキー(シングル・モルトのBladnoch)を提げて、会いに来てくれました。 内定していた金融 …

生命の息吹が芽生える、「聖なる中州」の物語~ジョージアの映画『とうもろこしの島』

生命の息吹が芽生える、「聖なる中州」の物語~ジョージアの映画『とうもろこしの島』

雪解け水が大量の土砂を運び、大河に中州を作る。   小舟を漕いでやって来た老人がそこに「上陸」。   そして黙々と土を耕し、トウモロコシを栽培する。 かつてグルジアと呼ばれていたコ …

映画の地を訪ねて(5)京都・相国寺瑞春院 ~『雁の寺』

映画の地を訪ねて(5)京都・相国寺瑞春院 ~『雁の寺』

とっくに済んでしまいましたが、9月8日は帰雁忌。 作家・水上勉さんの没日。 今年は7回忌ですね。 下の原稿に面白いエピソードを載せています。     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ …

郷土誌「大阪春秋」からの依頼原稿を脱稿! 『映画と上方の芸能、演芸~切っても切れない間柄~』

郷土誌「大阪春秋」からの依頼原稿を脱稿! 『映画と上方の芸能、演芸~切っても切れない間柄~』

春からこつこつと調べ、書き進めてきた大原稿を脱稿~!! 郷土誌『大阪春秋』(季刊)からの依頼原稿です。 「メディアと上方の芸能」(仮)という特集で、ぼくは映画との関わりについて書きました。 歌舞伎、文 …

映画の地を歩く(8)イタリア・ベネチア~『旅情』

映画の地を歩く(8)イタリア・ベネチア~『旅情』

「中国人の観光客だらけ!」 先日、イタリアのベネチアへ旅してきた知人が苦笑いしていました。 ぼくも4年前に訪れたとき、200人ほどの中国人観光客が、先頭で旗を振る添乗員に引率され、列をなしてベネチアの …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。