武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

ケルト ドイツ「ケルト」紀行(2015年夏)

ドイツ「ケルト」紀行(1)

投稿日:

ドイツ「ケルト」紀行。

 

毎年夏恒例の「ケルト」取材旅行です。

 

『中央ヨーロッパ「ケルト」紀行』(200年)の取材で、ドイツのホイネブルグ(Hoeineburg)とホッホドルフ(Hochdorf)という「ケルト」の重要な地を訪れましたが、他にもいろいろ南西部にはいろいろ点在しているので、それらを押さえるのが目的です。

 

7月27日の夕方(現地時間)、バイエルンの中心都市、ミュンヘンに着きました。

IMG_7258

この街へは、ヨーロッパを放浪していた大学3年の時以来なので、約40年ぶりです。

IMG_7261

街並みや建物がどう変わったのか、よぉわかりません(笑)

 

当時は米ソ冷戦下にあり、ドイツも西ドイツ(ドイツ連邦共和国)と東ドイツ(ドイツ民主共和国)に分断されていました。

 

西ドイツは東側陣営ともろに対峙していたので、やたら軍人の姿が目立ち、街中を戦車が走行している光景を見た覚えがあります。

 

さらにミュンヘン五輪でパレスチナ過激派によるイスラエル選手団の襲撃事件が起きた数年後とあって、街の空気がピリピリしていました。

 

それが今やすっかり様変わりし、ピースフルな都会になっていました。

IMG_7260

 

IMG_7262

 

10986626_833533196727736_4357174319207013356_n

ドイツの街はほんまに整然としていますね。

 

さぁ、今日(28日)から行動(取材)開始。

 

ミュンヘンの散策と観光をそこそこに、さっそく田舎へ足を向けました。

 

ケルトの遺跡や関連スポットのほとんどがガイドブックや『地球の歩き方』すら載っていない僻地にあります。

 

ケルトと縁が芽生え、大好きなヨーロッパの田舎を巡ることができてつくづくよかったと思うてます~(*^^*)

-ケルト, ドイツ「ケルト」紀行(2015年夏)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

読みごたえバッチリ、『映画で語るアイルランド 幻想のケルトからリアルなアイルランドへ』

読みごたえバッチリ、『映画で語るアイルランド 幻想のケルトからリアルなアイルランドへ』

『映画で語るアイルランド 幻想のケルトからリアルなアイルランドへ』(論創社、定価:本体3000円+税)。 映画とアイルランドをこよなく愛するぼくには、たまらなく素敵な一冊です。 20年前、ぼくが上梓し …

9月初旬、スペイン・アンダルシアへ~(^.^)/~~~

9月初旬、スペイン・アンダルシアへ~(^.^)/~~~

イベリア半島南部、イギリスの直轄植民地ジブラルタルの岩山(ターリクの山)へ登り、アフリカに向かって、「イェーツ!」と叫んできます~(^O^)/ 1996年に撮影したジブラルタル 3か月先ですが、9月上 …

日経新聞で連載『〈ケルト〉映画の旅』が始まりました~(^_-)-☆

日経新聞で連載『〈ケルト〉映画の旅』が始まりました~(^_-)-☆

昨年暮れ、日経新聞東京本社から原稿依頼がありました。 『〈ケルト〉映画の旅』 こんなテーマで、毎週水曜日夕刊文化欄の「鑑賞術」で執筆してほしいと。 ケルトと映画~!! ぼくの得意中の得意分野なので、即 …

英国コーンウォールのトークショー~7日(金)夜、天六のワイルドバンチで

英国コーンウォールのトークショー~7日(金)夜、天六のワイルドバンチで

大阪・天六(天神橋筋六丁目)のブック・カフェバー「ワイルドバンチ」は、映画をいろんな形で発信している文化スポットです。 これまで、ぼくはそこで映画や人生訓などいろいろトークをさせていただきました。 そ …

イギリスの「ケルト」を全て解き明かします~!

イギリスの「ケルト」を全て解き明かします~!

ロンドン五輪、日本選手が大健闘していますね。   そのクライマックスが近づいてきました。   舞台のイギリスを「ケルト」のフィルターで切ってみると、また違った世界が見えてきます。 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。