武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

戦争終結に至る激動のプロセス~『日本のいちばん長い日』

投稿日:

この時期になると、戦争モノの映画がめっぽう増えてきます。

 

しかも、今年は戦後70年とあって、特に多いような気がしています。

 

この日本映画『日本のいちばん長い日』もそうです。

 

☆     ☆     ☆     ☆     ☆

 

©2015「日本のいちばん長い日」製作委員会

©2015「日本のいちばん長い日」製作委員会

70年前、戦争終結に向けた激動の日々を再現する。

 

本土決戦か、降伏か。

 

日本の命運をかけた国家中枢部の攻防をどう見るか。

 

映画というフィルターを通して現代史最大の出来事をまずは知ってほしい。

 

同名の岡本喜八監督作品(1967年)は、無条件降伏を盛り込んだポツダム宣言の受諾から天皇の玉音放送に至る24時間に絞った。

 

今回の原田眞人監督版はその4か月前、鈴木貫太郎(山﨑努)の首相就任時以降の動きにまで言及している。

 

戦争の早期終結を願う昭和天皇(本木雅弘)、その「聖断」の実現に奔走する鈴木首相、天皇の気持ちを察しつつ、徹底抗戦を主張する阿南陸相(役所広司)。

 

彼ら3人が軸となる。

 

その中で際立っていたのが天皇である。

 

昨年、公開された「昭和天皇実録」を参考にし、驚くほど人間的な姿が浮き彫りにされている。

 

周囲の者とのやり取りが実に興味深い。

確固たる決意を抱き、御前会議に臨む場面が、玉音放送の録音ともどもハイライトだ。

 

腹を据えた、それでいてゆとりを感じさせる本木の演技に瞠目した。

 

閣僚や天皇の動きをじっくり追った前半とは一転、陸軍の過激青年将校によるクーデター未遂が後半をテンポよく彩る。

 

リーダー的な畑中少佐(松坂桃李)の直情的な振る舞いに原理主義の恐ろしさを垣間見た。

 

結末は周知の事実だが、いかに着地させるのか、そこをサスペンス・タッチで引き込ませる。

 

各人の思惑がうごめく中、暗躍する内閣書記官(堤慎一)の「裏技」が光っていた。

 

原田監督は史実を重視しながら、鈴木首相や阿南陸相の私生活を盛り込み、公私両面を描いた。

 

ただ、国民の悲惨な状況を映さなかったのが大いに残念。

 

この映画を観て、改めて思った。

 

やはりもっと早く戦争を終わらせるべきだったと。

 

2時間16分。

 

★★★★(見逃せない)

 

(日本経済新聞2015年8月7日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

 

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いぶし銀の演技~『新しい人生のはじめかた』

いぶし銀の演技~『新しい人生のはじめかた』

(C)2008 OVERTURE FILMS,LLC.ALL RIGHTS RESERVED ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソン。 米英を代表するベテラン俳優が大人の恋を軽やかに奏でてくれた。 互 …

『クレイジー・ハート』~不恰好な人生、でもカッコいい!

『クレイジー・ハート』~不恰好な人生、でもカッコいい!

(c)2009 Twentieth Century Fox 思い通りにいかないのが人生。でも思い通りにいかそうとするのも人生。 これ、ぼくの人生哲学です。 アメリカ映画『クレイジー・ハート』は、まさに …

武士道の本髄に迫る~『柘榴坂の仇討』

武士道の本髄に迫る~『柘榴坂の仇討』

こういう役どころは中井貴一を置いて他にはいませんね。 阿部寛もなかなかシブイ演技を披露していました。 中村吉右衛門は余裕の演技でした。 広末涼子は……???   ☆     ☆     ☆  …

第7回大阪アジアン映画祭が開かれています

第7回大阪アジアン映画祭が開かれています

アジアの最新映画を紹介する大阪アジアン映画祭がきのう開幕しました。 今年で7回目。 すっかり大阪の初春を彩るイベントとして定着してきました。 きのうはオープニングで日韓合作の『道〜白磁の …

映画『ボックス!』~ボクシングに打ち込む大阪の高校生を熱写~!

映画『ボックス!』~ボクシングに打ち込む大阪の高校生を熱写~!

      (C)2010 BOX! Production Committee ボクシングに打ち込む高校生の青春映画。 舞台は大阪の下町。 それだけで熱く感じてしまうが、市原隼人を主演に起用したことで …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。