武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

ケルト

新著『ヨーロッパ古代「ケルト」の残照』が紹介されました!

投稿日:

新刊『ヨーロッパ古代「ケルト」の残照』(彩流社)の紹介記事が、先日、古巣新聞社(読売新聞大阪本社)の本日夕刊に載りました。

元同僚の文化部N記者、ありがとさんです~😍

読売新聞大阪本社 10月22日付夕刊

そう言えば、「ケルト」紀行シリーズの10巻目『アイルランド「ケルト」紀行~エリンの地を歩く』(彩流社)を上梓したとき、節目として毎日新聞が「ひと」欄でドカーンと紹介してくれはりました~❗

あれから11年か……。

ウクライナとアメリカの「ケルト」探求の旅はまだ実現できてませんが……😅

この記事が載った日(2009年3月10日)、1985年の阪神タイガース優勝時、道頓堀川に放り込まれたケンタッキー・フライド・チキンのマスコット人形「カーネル・サンダース」が発見されたというニュースが飛び込み、どういうわけかぼくが振り回されちゃいました。(知っている人は爆笑しているでしょう)。

毎日放送(MBS)が絡んでいます(笑)

何はともあれ、浪速のケルト人です(ダジャレ)~❗

「浪速」ではなく、「浪花」の方がしっくりくるんですが……。

-ケルト,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

福岡で「ケルト」講演、そして教え子たちとの再会~濃厚な2日間

福岡で「ケルト」講演、そして教え子たちとの再会~濃厚な2日間

9日(日)、新幹線で博多駅へ到着後、駅構内の長浜ラーメンで腹ごしらえし、講演会場の福岡市立婦人会館へ向かいました。   日本ケルト協会主催のセミナー。   会長の山本さんとツーショ …

ドイツ「ケルト」紀行(4)

ドイツ「ケルト」紀行(4)

ヨーロッパの母なる川。   そう呼ばれているドナウ川ですが、上流域のケールハイム(Kelheim)の町ではそれほど大河ではありませんね。   町の向こうの丘の上に古代ケルト人が巨大 …

スペインひとり旅(3)

スペインひとり旅(3)

マドリッドのバスターミナルから2時間少し、バスに揺られ、アレナス・デ・サン・ペドロ(Adenas de San Pedro)という山間の町に到着。 高度があり、涼しい。 避暑地ですね。   …

隆祥館書店「作家と読者の集い」200回突破記念パーティー~(^_-)-☆

隆祥館書店「作家と読者の集い」200回突破記念パーティー~(^_-)-☆

大阪市内の中心部、谷町六丁目にある町の本屋さん、隆祥館書店が8年前から1か月に2回のペースで「作家と読者の集い」を続けておられます。 このほど200回を突破したので、その記念パーティーが昨夜、中之島の …

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(10)

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(10)

大相撲が揺れに揺れています。 これまで何度も八百長疑惑が浮上してきましたが、今回は現役力士が八百長に加担したことがわかり、もはや絶体絶命のピンチ。 ガチンコ勝負の面白さを味わってきただけに、期待を裏切 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。