武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

著作一覧

新刊『スコットランド「ケルト」の誘惑~謎の民ピクト人を追って』

投稿日:2013年8月11日 更新日:

スコットランド「ケルト」の誘惑
著者:武部 好伸
販売元:言視舎
発売日:2013-07-26
定価:2415円



謎の民、ピクト人とは何者か? 「ケルト」を追って10年以上、ヨーロッパのほぼ全域、英国島全土を経巡り、12冊の本を書き上げたのちでも、まだまだ尽くすことのない「ケルト」の魅力。ブリテン島のスコットランド、5世紀~10世紀「暗黒時代」と呼ばれる時期に活躍していたといわれる謎に包まれた先住民「ピクト人」の息吹を求めて、かの地を歩く。

-著作一覧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シリーズ第1弾 『スコットランド「ケルト」紀行―ヘブリディーズ諸島を歩く』

シリーズ第1弾 『スコットランド「ケルト」紀行―ヘブリディーズ諸島を歩く』

シリーズ第1弾 スコットランド「ケルト」紀行―ヘブリディーズ諸島を歩く著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:1999-09 定価:2500円+税 「ケルト」紀行シリーズ全10巻の記念すべき第1弾です。 …

シリーズ第2弾  『スペイン「ケルト」紀行~ガリシア地方を歩く』

シリーズ第2弾  『スペイン「ケルト」紀行~ガリシア地方を歩く』

スペイン「ケルト」紀行―ガリシア地方を歩く著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:2000-05定価:2200円+税  ぼくが「ケルト」に興味を抱いてからも、長らくスペイン北西部ガリシア地方のことなどま …

ケルト映画紀行~名作の舞台を訪ねて

ケルト映画紀行~名作の舞台を訪ねて

ケルト映画紀行―名作の舞台を訪ねて著者:武部 好伸販売元:論創社発売日:1998-06定価2000円+税  アイルランド、英国のスコットランド、ウェールズ、コンウォール、マン島といった〈ケルト文化圏〉 …

シリーズ第5弾  『フランス「ケルト」紀行~ブルターニュを歩く』

シリーズ第5弾  『フランス「ケルト」紀行~ブルターニュを歩く』

フランス「ケルト」紀行―ブルターニュを歩く著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:2003-07定価:2300円+税  フランスのなかの異色の地。2002年夏、大西洋ににょきっと突き出たブルターニュ地方 …

シリーズ第3弾 『北アイルランド「ケルト」紀行~アルスターを歩く』

シリーズ第3弾 『北アイルランド「ケルト」紀行~アルスターを歩く』

北アイルランド「ケルト」紀行―アルスターを歩く 著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:2001-10  アイルランドを変化球で斬りたい。ならば、英国領北アイルランドの「ケルト」を探ればいいのでは……。 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。