武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

著作一覧

シリーズ第7弾  『東ヨーロッパ「ケルト」紀行~アナトリアへの道を歩く』

投稿日:2008年1月14日 更新日:

東ヨーロッパ「ケルト」紀行―アナトリアへの道を歩く東ヨーロッパ「ケルト」紀行―アナトリアへの道を歩く
著者:武部 好伸
販売元:彩流社
発売日:2005-08
定価:2300円+税


中央ヨーロッパから東方へ移動した古代ケルト人の足跡を求めて、2003年の夏、チェコのプラハを皮切りに、スロヴァキア、ハンガリー、セルビア(当時はセルビア・モンテネグロ)、ルーマニア、ブルガリア、ギリシアを経てトルコにいたるルートをたどってきました。8か国、総距離5320キロにもおよぶ大旅行でした。
「ケルト」の遺産だけでなく、1989年の東欧革命後、急速に西欧化する旧社会主義諸国の現状が手に取るようにわかりました。未知の国がほとんどで、しかも国ごとに変化に富んでいたので、「ケルト」紀行のなかで一番思い出深い旅になっています。
セルビアのベルグラードからルーマニアのブカレストまで乗った夜間寝台急行「ブカレスト・エクスプレス」での一夜は、いまとなっては笑い種ですが、劣悪なコンパートメント(個室)といい、国境で機関銃を突きつけられた怖い体験といい、ほんまに参った! いろんなエピソードを本のなかに盛り込んでいます。

-著作一覧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ぜんぶ大阪の映画やねん

ぜんぶ大阪の映画やねん

ぜんぶ大阪の映画やねん (平凡社新おとな文庫―楽)著者:武部 好伸販売元:平凡社発売日:2000-11定価1600円+税  ぼくは生粋の浪速っ子。しかも映画大好き人間ときてる。ならば、大阪と映画をドッ …

シリーズ第8弾  『イングランド「ケルト」紀行~アルビオンを歩く』

シリーズ第8弾  『イングランド「ケルト」紀行~アルビオンを歩く』

イングランド「ケルト」紀行―アルビオンを歩く著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:2006-10定価:2500円+税 イギリスの半分以上を占めるイングランドの「ケルト」を探る旅です。2005年夏に敢行 …

武部好伸・著作一覧

武部好伸・著作一覧

■「ケルト」紀行シリーズ 1. 『スコットランド「ケルト」紀行―ヘブリディーズ諸島を歩く』 2.『スペイン「ケルト」紀行~ガリシア地方を歩く』 3.『北アイルランド「ケルト」紀行~アルスターを歩く』 …

シネマティーニ 銀幕のなかの洋酒たち

シネマティーニ 銀幕のなかの洋酒たち

シネマティーニ―銀幕のなかの洋酒たち著者:武部 好伸販売元:淡交社発売日:1999-08定価1800円+税  映画には小道具が欠かせませんが、そのなかでひときわ目立つのがお酒です。何気なく映っているボ …

シリーズ第4弾  『中央ヨーロッパ「ケルト」紀行~古代遺跡を歩く』

シリーズ第4弾  『中央ヨーロッパ「ケルト」紀行~古代遺跡を歩く』

中央ヨーロッパ「ケルト」紀行―古代遺跡を歩く著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:2002-09定価:2200円+税  「ケルト」の源流を見たい~! そんな思いを抱き、2001年夏、オーストリア、ドイ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。