武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

園子温監督の青春譚~『ヒミズ』

投稿日:2012年1月16日 更新日:

公開初日から、若者を中心に結構、入っているらしいです。
賛否両論あるそうですが、そんなこと関係なく、とにかく観てください。
そして自分なりに感ずるまま受け止めてほしいと思っています。
     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆
『ヒミズ』メイン【小】
ⓒ2011『ヒミズ』フィルムパートナーズ
今、最も注目されている映画人、園子温監督が青春ドラマを撮った。
性や暴力を濃厚に表現してきた人が、本作では一転、東日本大震災と向き合い、言い知れぬ不安感を抱く若者像を鮮烈に映像に焼き付けた。
漫画家、古谷実の同名人気コミックの映画化。
オリジナル作を手がけてきた園監督初の原作モノである。
中学3年生の住田(染谷将太)は実に悲惨な状況に置かれている。
暴力を振るう父親は借金まみれ、母親は愛人と出奔。
だから1人で貸しボート屋を営む。
諦観しているのか、老成しているのか、どこか大人びた住田に同級生の茶谷景子(二階堂ふみ)が恋焦がれる。
愛に飢えている2人。
距離を縮めていく様が妙に痛々しい。
普通の大人になりたい。
そう願う少年がとんでもないことをしでかし、「オマケの人生」を送る。
その瞬間、一気に閉塞感が濃縮され、絶望が渦巻く。
いつもの園監督なら、ここから過激な演出に拍車がかかるところ。
それがしかし、陰を潜め、とてつもなく厳しい現実の中でもがく少年の悲痛な叫びとやり場のない怒りをひたすらすくい取る。
地味な映像に拍子抜けするかもしれないが、そこが狙い。
全体を覆う空疎な緊張感が絶妙にかもし出され、それが主人公の吐息とシンクロしていた。
撮影準備中に大震災が発生、急遽、被災地の場面を取り入れた。
しかしあざとさは微塵も感じられない。
舵を見失った現代の日本を直視する姿勢は大いに評価したい。
極限まで追い込んだ染谷と二階堂の演技が素晴らしい。
脇を固める渡辺哲、でんでんといった常連組の存在感も申し分ない。
絶望の淵に立たされているからこそ、一抹であれ、希望に胸が揺さぶられる。
同時に、「頑張れ」の意味を痛切に考えさせられた。
2時間9分。
★★★★
☆大阪・梅田ブルク7ほかで公開中
(日本経済新聞2012年1月13日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

不審死のナゾに迫る女医~異色サスペンス映画『午後8時の訪問者』

不審死のナゾに迫る女医~異色サスペンス映画『午後8時の訪問者』

あの時、ああしておけばよかった……。 日々、後悔するのが世の常だが、そこに人の死が絡むとどうなるのか。 本作の主人公は自責の念と罪悪感にかられ、ストイックな行動に移す。 その姿を徹底的に追尾した異色サ …

23日(土)、ABCテレビ『おはよう朝日 土曜日です』に出演します~(^_-)-☆

23日(土)、ABCテレビ『おはよう朝日 土曜日です』に出演します~(^_-)-☆

ABC朝日放送からまたまたお声がけいただき、23日(土)、朝のテレビ情報番組『おはよう朝日 土曜日です』の映画特集にゲスト出演します。 前回(4月11日)の映画特集が高視聴率を取ったそうで、二匹目のド …

京都の「おもちゃ映画ミュージアム」で講演します。12月4日(日)~(^_-)-☆

京都の「おもちゃ映画ミュージアム」で講演します。12月4日(日)~(^_-)-☆

びっくりポンです! 拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)の関係でトークイベントが続いていますが、何と12月4日(日)、京都で講演することになりました~!! 演題は『映画の渡来、120年目の真相~日本の …

栄光からの転落、自分の居場所を求めて~『レスラー』

栄光からの転落、自分の居場所を求めて~『レスラー』

2代目タイガーマスクとして活躍したプロレスラーの三沢光晴さん、そしてレフェリーの田辺哲夫さんが、相次いで試合中に亡くなりはりました。ご冥福をお祈りします。 最近でこそあまりプロレスを観なくなりましたが …

映画館で映画を観る……、当たり前やん!

映画館で映画を観る……、当たり前やん!

映画配給会社のちいさな試写室で封切り前の映画ばかり観ているぼくが、エラそうなことは言えませんが、かつてはまぎれもなく「映画館主義者」でした。 「かつて」とは、新聞社で映画記者になる以前のことです。つま …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。