武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

2016年、映画ベストテンの発表~!

投稿日:

今年は新刊『大阪「映画」事始め』(彩流社)を上梓すべく全精力を注いできたので、昼間、試写室に行く時間があまりありませんでした。

それでも1年間に227本の映画を観ることができました(12月23日現在)。

日本映画80本、外国映画147本。

映画ノートを見ると、DVDでの鑑賞がやたら多かったです。

試写で観られなかった作品のDVDが映画配給・宣伝会社から送られてきて、仕事が一段落した深夜に観ていました。

テレビの画面よりスクリーンでないと!

そのことを改めて実感できました。

それと試写で観損ねた映画を、何とか時間を作って映画館でも観ていました。

やはり劇場で観賞するのが一番ええです~!(^^)!

で、恒例の映画ベストテンです。

毎年、日本映画と外国映画に分けて発表していましたが、今年から、【実写ドラマ】の日本映画と外国映画、【ドキュメンタリー】、【アニメーション】に細分化します。

なぜなら、すべて同じ土俵で判断できないと思ったからです。

独断で決めたベストテン、どうぞご覧ください(アニメはそれほど観ていなかったので、ベスト5)。

2016年 映画ベストテン

【実写ドラマ】

「日本映画」

1.『リップヴァンウィンクルの花嫁』監督:岩井俊二

      黒木華、綾野剛、Cocco

2.『シン・ゴジラ』総監督:庵野秀明、監督・特技監督:樋口真嗣

      長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ

3.『怒り』監督:李相日

      渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ

4.『海よりもまだ深く』監督:是枝裕和

      阿部寛、真木よう子、樹木希林

5.『湯を沸かすほど熱い愛』監督:中野量太

      宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー

6.『何者』監督:三浦大輔

      佐藤健、有村架純、二階堂ふみ

7.『64-ロクヨン―前編/後編』監督:瀬々敬久

      佐藤浩市、綾野剛、永瀬正敏

8.『永い言い訳』監督:西川美和

      本木雅弘、竹原ピストル、深津絵里

9.『セトウツミ』監督:大森立嗣

      池松壮亮、菅田将暉、中条あゆみ

10.『後妻業の女』監督:鶴橋康夫

      大竹しのぶ、豊川悦司、尾野真千子

〈外国映画〉

1.『スポットライト 世紀のスクープ』(米)監督:トム・マッカーシー

      マーク・ラフォロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス

2.『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』(米)監督:ジェイ・ローチ

      ブライアン・クランストン、ダイアン・レイン、ヘレン・ミレン

3.『ブリッジ・オブ・スパイ』(米)監督:スティーブン・スピルバーグ

      トム・ハンクス、マーク・ライランス、スコット・シェパード

4.『奇跡の教室』(仏)監督:マリー・カスティーユ・マンシオン・シャーレ

      アリアンヌ・アスカリッド、アハメッド・ドゥラメ、ノエミ・メルラン

5.『ヘイトフル・エイト』(米)監督:クエンティン・タランティーノ

      サミュエル・L・ジャクソン、ジェニファー・ジェイソン・リー

6.『レヴェナント:蘇えりし者』(米)監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ

      レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディー、ドーナル・グリーン

7.『ハドソン川の奇跡』(米)監督:クリント・イーストウッド

      トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー

8.『とうもろこしの島』(ジョージア・チェコ・仏など)監督:ギオルギ・オバシュビリ

      イリアス・サルマン、マリアム・ブトゥリシュビリ

9.『帰ってきたヒトラー』(ドイツ)監督:デビッド・ベンド

      オリバー・マスッチ、ファビアン・ブッシュ

10.『イレブン・ミニッツ』(ポーランド・アイルランド)監督:イエジー・スコリモフスキ

      リチャード・ドーマー、ボイチェフ・メツファルドフスキ

【ドキュメンタリー】

(日本映画、外国映画)

1.『クワイ河に虹をかけた男』(日本)監督:満田康弘

2.『The BEATLES EIGHT DAYS A WEEK』(米)監督:ロン・ハワード

3.『ヤクザと憲法』(日本)監督:土方宏史

4.『でんげい』(韓国)監督:チョン・ソンホ

5.『ヒッチコック/トリュフォー』(仏・米)監督:ケント・ジョーンズ

6.『FAKE』(日本)監督:森達也

7.『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』(米)監督:マイケル・ムーア

8.『カンパイ!世界が恋する日本酒』(米・日本)監督:小西未来

9.『さとにきたらええやん』(日本)監督:重江良樹

10.『道頓堀よ、泣かせてくれ!』(日本)監督:舩橋淳

【アニメーション】

(日本映画、外国映画)

1.『この世界の片隅に』(日本)監督:片渕須直

      声優:のん、細谷佳正、尾身美詞

2.『レッドタートル ある島の物語』(仏・日本)監督:マイケル・デュドク・ドゥ・ビット

3.『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』(アイルランド・ルクセンブルク・ベルギーなど)監督:トム・ムーア
声優:デビッド・ロウル、ルーシー・オコンネル、ブレンダン・グリーソン

4.『君の名は。』(日本)監督:新海誠

      声優:神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ

5.『聲の形』(日本)監督:山田尚子
      声優:入野自由、早見沙織、悠木碧

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

圧巻、綾野剛の怪演~『日本で一番悪い奴ら』

圧巻、綾野剛の怪演~『日本で一番悪い奴ら』

北海道警察で実際にあった警察官による違法捜査事件をベースにした異色犯罪映画。 人間の悪意を直視した『凶悪』(2013年)で濃密な演出力を示した白石和彌監督が、実績重視の組織のなかで歪められていく正義感 …

拙著『大阪「映画」事始め』、『大阪の歴史』で紹介されました!

拙著『大阪「映画」事始め』、『大阪の歴史』で紹介されました!

このほど刊行された大阪市史料調査会の紀要『大阪の歴史』(編集:大阪市史編纂所)第85号の「新刊図書紹介」に、拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)が載りました。 調査員の古川武志さんが過分な評価をしてい …

天国に逝かれたイラストレーターの安西水丸さんが拙著のレビューを書いてくれはりました

天国に逝かれたイラストレーターの安西水丸さんが拙著のレビューを書いてくれはりました

先月19日、71歳で死去されたイラストレーターの安西水丸さんがキネマ旬報(4月下旬号)の書評欄で、拙著『ウイスキーアンドシネマ』(淡交社)のレビューを書いてくれてはりました。 村上春樹さんのエッセーに …

大島渚監督、逝く……~あゝ、『戦場のメリークリスマス』

大島渚監督、逝く……~あゝ、『戦場のメリークリスマス』

大島渚監督が亡くなられました。   享年、80。   ぼくにとっては、大阪・釜ケ崎(アイリン地区)を舞台にした『太陽の墓場』(1960年)が大島映画の原点でした。   商 …

『牛の鈴音』、丑年の2009年を締めくくるにふさわしい映画~

『牛の鈴音』、丑年の2009年を締めくくるにふさわしい映画~

あっと言う間にクリスマスが過ぎ、今年もあと4日でおしまいですね。 あわただしい年の瀬に、こんな映画はいかがですか。ほんとうに心が和みますよ。そのシネマ・エッセーです。 *      *      *  …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。