武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

クリント・イーストウッドが巧演~『人生の特等席』

投稿日:2012年11月20日 更新日:

(C) 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

『人生の特等席』という邦題にまず惹かれますね。

 

懐かしいアメリカ映画、そんな印象を受けました。

 

拙文をどうぞ~(^o^)v

 

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

 

この人の主演映画とあらば、ぜひ観てみたい。

 

そう思わせる俳優の1人、クリント・イーストウッドが老境の滋味な男を巧演した。

 

野球を通して親子の絆を描いた、いかにもアメリカ映画らしい家族ドラマだ。

 

イーストウッドが撮った『グラン・トリノ』(2008年)で、自ら主演した老人が壮絶な最期を見せた。

 

それを機に俳優業を辞めると公言したが、本作のストーリーを気に入り、今回の出番と相成った。

 

監督は愛弟子のロバート・ロレンツ。

 

演じたのは大リーグのスカウトマン。

 

データ主義の時代にあって、ガスという男は現場主義を貫き、選手の一挙手一投足を見て、有望株を発掘してきた。

 

「化石」と揶揄されようが、自分流を変えない。

 

頑固一徹、偏屈な独居老人。

 

昨今、得意とする役どころだ。

 

82歳の重みと孤愁がにじみ出ている。

 

球場で黙々とスコアをつける姿は実に様になっていた。

 

1人娘のミッキー(エイミー・アダムス)は野球一筋の父を反面教師にし、弁護士として活躍している。

 

別世界に生きる親子。

 

2人が会えば、必ずいがみ合う。

 

若い選手の技術やセンスを直感で看破する才があるのに、一番身近なわが子の心が読めない。

 

そのギャップが哀しくもあり、映画はそこをしつこく突く。

 

水と油のような父娘。

 

いかに歩み寄るのか。その手立てとして、ガスの最後のスカウトにミッキーが付き添うという展開を用意する。

 

道中、2人のしがらみや確執が浮き彫りにされる。

 

非常にわかりやすく、予定調和的な内容だ。

 

詰めも甘いと感じるだろう。

 

しかしそれを承知の上で納得させる力がこの作品にはある。

 

バットに球が当たる音を聞き、打者の技能がわかる場面がことさら印象的だった。

 

目に見えないところに真理がある。

 

家族の関係もそうに違いないと思った。

 

1時間51分

 

★★★

 

☆23日から全国ロードショー

 

(日本経済新聞2012年11月16日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画興行120年目(2月15日)、刺激的な1日になりました~(^_-)-☆

映画興行120年目(2月15日)、刺激的な1日になりました~(^_-)-☆

昨日、2月15日は、日本で初めて映画興行が催されてちょうど120年目でした。   明治30(1897)年2月15日~28日、南地演舞場(現在のTOHOシネマズなんばが入る東宝南街ビル、なんば …

クールすぎる韓流フィルム・ノワール~『アジョシ』

クールすぎる韓流フィルム・ノワール~『アジョシ』

映画、ドラマ、音楽などのひろいジャンルで、韓流が日本でも定着してきていますね。 かつては年配の女性だけが心をときめかせていたのに、今では年齢層がグンと下がってきているようです。 火付け役となったあの『 …

笑わせる高度な会話劇~『セトウツミ』

笑わせる高度な会話劇~『セトウツミ』

大阪人が2人寄れば、お笑いが生まれる。 まさにそれを地でいく映画。 高校2年生の男子生徒2人が座ったまま平坦な無駄話を続ける様子をありのままに映し出す。 脱力系の面白さが際立ち、ひと味違った青春グラフ …

ちょっぴりシニカルなお伽噺~スウェーデンの喜劇映画『100歳の華麗なる冒険』

ちょっぴりシニカルなお伽噺~スウェーデンの喜劇映画『100歳の華麗なる冒険』

こんなお爺さんがおれば、オモロイなぁ~(^^♪   クスッと笑ってしまう、そんな映画です。   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆      …

愛の賛歌~♪♪ 『アンコール!!』

愛の賛歌~♪♪ 『アンコール!!』

感動的な音楽映画が公開されています。   『アンコール!!』   もう一度、観たいです。        ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ 著名なミュージ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。