武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(4)

投稿日:2011年1月29日 更新日:

きのうは高校時代の陸上部の友達Sさんと10数年ぶりに会い、楽しい時間を過ごせました。
Sさんは5年前、朝日新聞社を早期退職し、早稲田大学の価値創造マネジメント研究所の客員研究員をしたり、東京工業大学の博士後期課程でソーシャル・イノベーション(社会変革)を研究したりと、アカデミックな世界で頑張ってはりましたわ。
そのあと北新地のバーで同窓生のHさん(建築関係の会社社長)と合流し、3人で青春時代の思い出に花を咲かせました。
「今」をどう生きているか、そこが大切なんだと思いました。
そしてきょうは中学時代の恩師、坂本寿栄子先生を大阪府茨木市の自宅に訪ねました。
大阪万博が開催された1970年(昭和45年)に中学を卒業したので、41年前ですね~(☆_☆)
読売新聞の25日付け朝刊に載った、ぼくの長文エッセー『夫婦善哉~法善寺』をご覧になり、「読みやすい文章でした」(元国語の先生!)と感想を寄せてくださったので、無性にお会いしたくなったという次第。
先生は元気でした。
91歳と聞いてびっくり。
よぉ~喋りはりました。
日本画を描いたり、伊勢物語の読書会を開いたり、講演したりと、信じられないくらいアクティブ。
ええ按配でお年を重ねてはるなぁ~とうれしくなりました。
前置きが長くなりましたが、『お酒を飲みながら読むのにオススメする本
』の4回目です。
【酔える本】
『聖なる酔っぱらいの伝説』 ヨーゼフ・ロート
*白水Uブックス(新書) 1995年
本(10)
題名に惹きつけられる。
ナチス・ドイツに迫害されたユダヤ人作家の遺作(1939年)。
死後に刊行された。
パリのセーヌ川河畔で、ホームレスの男が見ず知らずの老紳士から聖テレーズを祀る礼拝堂に寄付してほしいと大金を託される。
男はしかし飲んだくれとあって、全て酒代に使い果たすが、かつて愛した女性や旧友と再会できたり、お金の入った財布を拾ったりと次々に“奇跡”と遭遇する。
主人公が素面でいるときはほとんどない。
幻影を見ているかのよう。
そう簡単に酔えそうにない内容だが、この男の酔いを体現できるだけでも読む価値はある。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『あまから手帖』9月号にぼくの対談が載ってます~(^_-)-☆ 25日発売!

『あまから手帖』9月号にぼくの対談が載ってます~(^_-)-☆ 25日発売!

『あまから手帖』9月号の見本誌が届きました。 ぼくの対談原稿が写真付きで載っています。 何と6ページ特集~❗❗ なんですが……、対談は3ページ分(笑)。 あまり詳しくない( …

年明けに小粋な本を出します~!!

年明けに小粋な本を出します~!!

昨夜はイラストレーターの宮野さん、デザイナーの時岡さんと打ち合わせ+飲み会でした。 何の打ち合わせか~?? コジャレた本を年明け早々に出すことになっておりまして、2人の協力が不可欠なんです。 本のタイ …

ちょうど20冊目になるんです~!!

ちょうど20冊目になるんです~!!

新刊のことばかりで申し訳ないです。 きょう、書店に並んでいました。 正直、うれしいです。 思わず、1冊買ってしまった!!(笑) 新聞記者時代の1990年に自費出版した『スコットランド気まま旅』から数え …

バー「サンボア」の百年 SAMBOA BAR Established 1918

バー「サンボア」の百年 SAMBOA BAR Established 1918

今年、創業100年を迎えるバー「サンボア」。 大正7年(1918年)、神戸・花隈で母体となる店が誕生し、現在、大阪(8店)、京都(3店)、東京(3店)に14店舗あります。 チェーン店ではなく、各店、独 …

アーサー王伝説の研究者から学術書を謹呈~!

アーサー王伝説の研究者から学術書を謹呈~!

先日、まだ一度もお目にかかったことのない中央大学の渡邉浩司教授から貴重な学術書『アーサー王伝説研究 中世から現代まで』(中央大学出版部)が出版社を介して贈られてきました。 ぼくの新刊『ヨーロッパ古代「 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。