武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

雑学

大先輩の馬場錬成さんが渾身のノンフィクション大作『沖縄返還と密使・密約外交—宰相佐藤栄作、最後の一年』を上梓されました!

投稿日:

古巣新聞社の科学部時代、東京本社に優れた大先輩記者がいました。

御年、82歳の馬場錬成さん。

物腰が柔らかく、非常にリベラルで、絵に描いたようなジェントルマンです。

一緒に仕事をしたことはほとんどなかったのですが、どういうわけか可愛がってもらい、今ではFB友達になっています(笑)。

新聞社を定年退職後、東京理科大学大学院の教授、早稲田大学客員教授、中国総合研究センター長などいろんな要職を歴任し、現在、21世紀構想研究会理事長を務めておられます。

その馬場さんが渾身のノンフィクション大作『沖縄返還と密使・密約外交—宰相佐藤栄作、最後の一年』(日本評論社)を上梓され、1冊、謹呈していただきました。

先輩、改めておめでとうございます!

今年が沖縄返還50年とあって、タイムリーな出版です。

当時、社会部の事件記者だった馬場さんは、沖縄返還反対闘争だけでなく、国会での論争も取材しておられました。

その時の取材記録、新聞記事、数多くの証言録、資料、日記、著書・論文などに残された事実を積み重ねて書き上げたのが本書です。

〈まえがき〉には、胸に突き刺さる文章が散りばめられています。

記者魂、健在です!

「秘密の扉をこじ開けて国民に伝えることが、新聞記者の役割であると確信しながら書き進めた」

「『第四の権力』とまでいわれたメディアの非力ぶりはいまや目を覆うばかりであり、その有様を読者に伝えたいとの思いもあった」

「国会での多数をいいことに、政治倫理を踏みにじって政治権力をふるった佐藤政権の負の遺産が今なお根を張っていることを告発するために書いた」

ページを繰るのが楽しみです。

-, 雑学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

こんな記事が載りました~!

こんな記事が載りました~!

最新刊『スコットランド「ケルト」の誘惑 幻の民ピクト人を追って』の紹介記事が昨日の産経新聞夕刊に載りました。 わが家に取材に来た編集委員の戸津井記者に、ぼくとケルトとの関わりを軸にランニングやライブ活 …

心がくすぐられる『配色事典』

心がくすぐられる『配色事典』

桑染色(くわぞめいろ)、淡黄檗(うすきはだ)、緋褪色(ひざめいろ)……。 すべての色に日本語の名前が付いてるんですね~(^_-)-☆ 京都の出版社、青幻舎に勤務している大学の元教え子(2006年卒業、 …

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(9)

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(9)

きょうは節分です。 関西(西日本)では、鰯を食べる習慣がありますが、この本に出てくる豪勢な料理を節分で味わえれば最高なんですがね。 【美味しい肴が食べたくなる本】 『バベットの晩餐会』 イサク・ディー …

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(11)

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(11)

【今読んでおきたい本】 『剣の天地』 池波正太郎 *新潮文庫 1979年 家来の命を救うため、あっさりと自分の城を捨てたあと、剣士としてその道を極め、新陰流の創始者となる。 木刀では怪我を負うと、竹刀 …

南大阪・泉北ニュータウンの酒肆 BAR KANEDAでのトークライブ~(^_-)-☆

南大阪・泉北ニュータウンの酒肆 BAR KANEDAでのトークライブ~(^_-)-☆

昨夜は南大阪・和泉市にある酒肆 BAR KANEDA酒肆で新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)のトークライブでした。 トークライブは、隆祥館書店(中央区谷町六丁目)⇒ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。