武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

自信を持って名作と言えます~『瞳の奥の秘密』

投稿日:2010年8月27日 更新日:

瞳の奥
© 2009 TORNASOL FILMS – HADDOCK FILMS – 100 BARES PRODUCCIONES – EL SECRETO DE SUS OJOS (AIE)
今年観た外国映画のなかで、今のところベスト1がこの映画です。
本当に見応えがありました。
今日の日経新聞夕刊に、ぼくの映画エッセーが出ています。
   ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆
殺人事件に絡めて愛を描いた映画は多々あるが、かくも胸をえぐられた作品は稀だ。
細部にわたって計算し尽くされた構成と登場人物の内面に深く迫った演出に陶酔した。
今年のアカデミー賞最優秀外国語映画賞を受賞したスペイン=アルゼンチン合作映画。
ブエノスアイレスが舞台。
孤独な初老の男ベンハミン(リカルド・ダリン)が小説を書こうとしている。
題材は25年前、自身が刑事裁判所の書記官として関わった若妻殺人事件。
苦難の末、1年後、彼が容疑者の青年を逮捕したが、どういうわけか釈放される。
そのうち一緒に事件を担当した同僚が何者かに殺される。
不可解なこの事件にベンハミンが呪縛され続ける。
陰鬱で緊迫したムードが一級の犯罪ドラマに仕立てるが、その裏にさらに濃厚な要素をはらませている。
小説を書くためにかつての職場を訪れたベンハミンを迎えた元上司の女性イレーネ(ソレタ・ビジャル)との関係だ。
彼女も判事補時代に同事件に関わっていた。
2人のもどかしくもピュアな心模様が馥郁たるアンサンブルとして物語に円熟味を与える。
映画はなおも深化する。
被害者の夫モラレス(パブロ・ラゴ)の存在である。
亡き妻への断ち切れぬ想いと得も言われぬ喪失感がベンハミンを執拗な捜査へと駆り立てたのだ。
社会正義だけでは割り切れない素なる感情をファン・ホセ・カンパネラ監督がじんわりとあぶり出す。
そして驚愕の結末へと導くのだ。
事件が起きた1974年は、軍事政権樹立の直前で、国家自体が歪な空気を放っていた。
その重苦しい時代を閉塞感が漂う映像として投影させていた。
「目は口ほどにモノを言う」
この諺を実感させるほど、題名につけられた(いろんな)瞳がいつまでも脳裏に残った。
名作だ。
2間9分。★★★★
☆大阪ではシネ・リーブル梅田で公開中
(日本経済新聞2010年8月27日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジャジャーン、今年の映画ベスト10の発表~!!!

ジャジャーン、今年の映画ベスト10の発表~!!!

恒例の映画ベスト10を発表します。 今年、大阪で公開された作品が対象です。 独断と好みで選びました。 外国映画は、イギリス映画が大健闘です!! 〈日本映画〉 (c)2011「奇跡」製作委員会 ① 奇跡 …

14日の夜、新規オープンのブックカフェ「ワイルドバンチ」でこけら落としのトークイベントをやります~(^_-)-☆

14日の夜、新規オープンのブックカフェ「ワイルドバンチ」でこけら落としのトークイベントをやります~(^_-)-☆

大阪・天六(天神橋筋六丁目)にあるブックカフェ「ワイルドバンチ」。 古本屋とカフェバーがミックスしたユニークな空間で、映画本や映画ポスターが多く、映画ファンにはよく知られているところ。 その「ワイルド …

大阪アジアン映画祭が開幕しますよ~7日から!

大阪アジアン映画祭が開幕しますよ~7日から!

今年で9回目を迎える大阪アジアン映画祭が7日から開幕します(16日まで)。   http://www.oaff.jp/2014/ja/index.html   注目を集めるアジア各 …

アカデミー最有力候補作『英国王のスピーチ』~コンプレックスの克服

アカデミー最有力候補作『英国王のスピーチ』~コンプレックスの克服

© 2010 See-Saw Films. All rights reserved. 今年のアカデミー賞の発表が来週の月曜日(28日=日本時間)に迫ってきました。 作品、監督、主演男優賞など …

ウイスキー専門雑誌『Whisky World』休刊に~!

ウイスキー専門雑誌『Whisky World』休刊に~!

師走ですね。 日本で唯一のウイスキー専門誌『Whisky World』(ゆめディア)の最終号が届きました。 2005年4月に創刊され、67号の今回をもって休刊となります。 ぼくは創刊号から『映画にみる …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。