武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

その他 大阪 映画 演劇 舞台『フェイドアウト』

舞台『フェイドアウト』、いよいよ始動しました~(^_-)-☆

投稿日:2023年1月5日 更新日:

新年になり、拙著『フェイドアウト 日本に映画を持ち込んだ男、荒木和一』(幻戯書房)の舞台作品『フェイドアウト』の本番に向け、いよいよ始動――。

4日の夜、会場となる自宅近くの大阪・新町のイサオビルで、1回目の稽古に立ち会いました。

てっきりリアルな舞台稽古と思いきや、諸事情で各自リモートによる台本(第2稿)の読み合わせでした。

ぼくは、主催者であられる井場さんのご兄妹と一緒に参加しましたが、まだいろいろと煮詰めるところがあり、2人の脚本家が徹夜で第3稿を仕上げてくれているはず。

終了後、必然的に酒盛りとなり、楽しいひと時をすごせました。

そして、翌5日の昼下がり、イサオビルで2回目の稽古。

役者さんの3人が参集し、1人がリモートで、またも煮詰められた台本の読み合わせでした。

やはり台本が基盤になるので、めちゃめちゃ大事なんですね。

終了後、脚本家+演出家+役者+主催者+原作者(武部)が自由に意見を出し合い、さらに台本をブラッシュアップ。

少しずつ洗練されていくプロセスを体現でき、演劇ってこんな風に出来上っていくんやな~と刺激的な時間を味わえました。

チラシも完成したことで、ますます加速がつき、このあと10数回、稽古を重ね、本番へゴー~

ウキウキしてきますねぇ~(^_-)-☆

-その他, 大阪, 映画, 演劇, 舞台『フェイドアウト』

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

作家主義の競演~『ポルトガル、ここに誕生す ギラマンイス歴史地区』

作家主義の競演~『ポルトガル、ここに誕生す ギラマンイス歴史地区』

たまにはこういうシブい映画もいい。 ぼくは大好きです。      ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ 仰々しい邦題から壮大な歴史スペクタクルを想起するかもしれない。 本作はそれを心地よ …

何とお上品な方……、女優の八千草薫さん

何とお上品な方……、女優の八千草薫さん

きょうの午後、女優の八千草薫さんを目の前にして、インタビューしました。 ご主人の亡き谷口千吉監督(1912~2007年)の生誕百年を記念した映画特集が19日~6月8日、大阪・九条のシネ・ヌーヴォで開か …

「ケルト」の守護神、アーサー王を新しい観点から斬った『キング・アーサー』(17日公開)

「ケルト」の守護神、アーサー王を新しい観点から斬った『キング・アーサー』(17日公開)

アーサー王――。   超有名な御仁とあって、これまで何度、映画化されてきたことか。 英国映画界の俊英ガイ・リッチー監督の『キング・アーサー』(17日公開)は、独特な解釈で描かれた新機軸のアー …

極上! 大人のメルヘン~『グランド・ブダペスト・ホテル』

極上! 大人のメルヘン~『グランド・ブダペスト・ホテル』

©2013 Twentieth Century Fox.   ハリウッドのメジャーと一線を画し、独特な映像世界を築く奇才ウェス・アンダーソン監督の新作。   目を見張らんばかりの造 …

ママチャリ琵琶湖1周ツアー(中)

ママチャリ琵琶湖1周ツアー(中)

ママチャリ琵琶湖1周ツアーの2日目(5月19日、日曜日)です。   長浜駅前のビジネスホテルで午前6時半に起床。   カーテンを開けると、うす曇り。   天気予報ではきょ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。