武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

『牛の鈴音』、丑年の2009年を締めくくるにふさわしい映画~

投稿日:2009年12月28日 更新日:

牛の鈴音メイン
あっと言う間にクリスマスが過ぎ、今年もあと4日でおしまいですね。
あわただしい年の瀬に、こんな映画はいかがですか。ほんとうに心が和みますよ。そのシネマ・エッセーです。
*      *      *      *      *
年老いた農夫と老いぼれた牛との絆を淡々と綴った韓国のドキュメンタリー映画。ほんのりと温かさをかもし出すシンプル・ライフに心が潤った。
チェ爺さんが30年間、世話してきた牛は、人間で言えば、100歳をとうに超えている。なのに畑を耕したり、薪を運んだりとよく働く。
決して酷使しているわけではない。爺さんは夜明け前にエサを作り、牛の毒になるからと農薬をまかない。ありったけの愛情を注いでいるのだ。
それが妻のイ婆さんには気に食わない。「爺さんもラジオもポンコツ」。口から出るのはそんな愚痴ばかり。
メス牛とあって、三角関係のようにも見え、牛を睨む婆さんの眼差しにはどこか嫉妬心も感じられ、クスッと笑わってしまう。
イ・チュンニョル監督は、農業を営む老夫婦に迷惑をかけないよう、距離を置いてカメラを固定、ズーム撮影を多用し、ワイヤレスマイクで声を拾った。
こうして足かけ3年がかりで、爺さんと婆さん、牛の日常をありのままに記録した。
大きな出来事も、メッセージも、ナレーションもない。それがしかし、馥郁とした物語になっていた。
ぼくはてっきりフィクションとばかり思っていた。
穏やかな牛の表情をとらえたクローズアップがやたらと多く、観ているうちに感情移入してしまう。爺さんの魂が乗り移ったのだろう。いい顔している!
その牛と爺さんの歩調が全く同じ。人牛一体。ゆったり、ゆったり。効率を重視し、猛スピードで動く現代社会から取り残された世界だが、自分の生きるペースと価値観を頑なに守り続ける姿に、なぜかたくましさを感じた。
韓国で大ヒットし、社会現象にまでなったという。丑(牛)年の今年を締めくくるにふさわしい映画だった。
1間18分。★★★★(見逃せない)
『牛の鈴音』HP
(日本経済新聞2009年12月25日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クールすぎる韓流フィルム・ノワール~『アジョシ』

クールすぎる韓流フィルム・ノワール~『アジョシ』

映画、ドラマ、音楽などのひろいジャンルで、韓流が日本でも定着してきていますね。 かつては年配の女性だけが心をときめかせていたのに、今では年齢層がグンと下がってきているようです。 火付け役となったあの『 …

26日(日)15時から豊中のショットバー・リーでトークライブの第2弾~(^_-)-☆

26日(日)15時から豊中のショットバー・リーでトークライブの第2弾~(^_-)-☆

先日、大阪・谷町六丁目の隆祥館書店で、新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の発刊記念イベントを済ませたところですが…………。 今度は豊中・服部のショットバー・リーで、 …

ドキュメンタリー映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』

ドキュメンタリー映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』

今日は朝からウキウキ~ なぜなら、ドキュメンタリー映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』の試写があるから。 そして、先ほど観ました~ 案の定、アドレナリン濃度が一気に上昇~ 1960年代後半から1 …

講演『織田作の映画』~30日(火)のオダサク倶楽部6月例会で

講演『織田作の映画』~30日(火)のオダサク倶楽部6月例会で

オダサクさん(織田作之助)は小説だけでなく、映画にもえらい執心してはりました。   その一端を、30日(火)のオダサク倶楽部6月例会でお話ししようと思うています。 演題は『織田作の映画』です …

再び、『ウイスキーと2人の花嫁』〈日経掲載分〉(17日公開~)、トークショーがありますよ!

再び、『ウイスキーと2人の花嫁』〈日経掲載分〉(17日公開~)、トークショーがありますよ!

第2次大戦中、英国スコットランドの西部海域に浮かぶアウター・ヘブリディーズ諸島の小島で、貨物船が座礁した。 積み荷は5万ケース(約26万本)のスコッチ・ウイスキー。船が沈没する。 さぁ、島民はどうした …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。