武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

ランニング 映画

オランダ映画『人生はマラソンだ!』

投稿日:

『人生はマラソンだ!』。こんな題名のオランダ映画が21日から公開されます~(^_-)-☆ 

 

文字通り、フルマラソンにチャレンジする中年男たちを描いたヒューマンドラマ。

 

市民ランナーのぼくには、めちゃめちゃ興味深い映画でした。

「大阪映画サークル」に拙文を寄せました。

 

映画の原稿というより、自分のランニング歴を記した内容になっています。

 

まぁ、よろしいやん(笑)

 

映画の公式HP http://www.zaziefilms.com/marathon/

 

 

-ランニング, 映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中島貞夫監督、渾身の本格時代劇~『多十郎殉愛記』(12日から公開)

中島貞夫監督、渾身の本格時代劇~『多十郎殉愛記』(12日から公開)

「伊藤大輔監督の霊に捧ぐ」――。 『多十郎殉愛記』の冒頭に出てくる中島貞夫監督の言葉から、本格時代劇を撮るんだという本気度が伝わってきました。 しかも監督が20年ぶりにメガホンを取った新作とあって、否 …

『日本に初めて映画を持ち込んだ男~大阪の実業家、荒木和一』の拙稿が『大阪の歴史』に載りました!

『日本に初めて映画を持ち込んだ男~大阪の実業家、荒木和一』の拙稿が『大阪の歴史』に載りました!

『日本に初めて映画を持ち込んだ男~大阪の実業家、荒木和一~』 こんな題名の拙稿が大阪市史編纂所の紀要『大阪の歴史』86号に掲載されました。 昨年秋に上梓した『大阪「映画」事始め』(彩流社)に盛り込めな …

子供のけんかに親が出て、4重奏の不協和音が!~『おとなのけんか』

子供のけんかに親が出て、4重奏の不協和音が!~『おとなのけんか』

フルマラソンの完走から一夜明け、目覚めがよかったです。 筋肉痛も思ったほどひどくなく、ホッとしています。 明日、襲われるかも知れませんが…… (*_*) 今、ロマン・ポランスキー監督の面白い映画が公開 …

3月2日、『おおさかシネマフェスティバル2014』が開催~♪

3月2日、『おおさかシネマフェスティバル2014』が開催~♪

映画ファンのための映画まつり――。   春の訪れを告げる『おおさかシネマフェスティバル2014』が3月2日(日)、大阪・法円坂の大阪歴史博物館で開催されます。   大阪アジアン映画祭(3月7 …

三重苦を克服したフランス人少女の物語~『奇跡のひと マリーとマルグリット』

三重苦を克服したフランス人少女の物語~『奇跡のひと マリーとマルグリット』

 『奇跡の人』   この題名を聞くと、年配者ならヘレン・ケラーとサリヴァン先生の話を思い浮かべるでしょう。   よく似たことがフランスでもあったんですねぇ。   ☆    …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。