武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

お知らせ 大阪 映画 講演

映画は「なんば」からはじまった!~12月7日(木)18:30~、難波の大阪府立大学サテライト・キャンパスで

投稿日:

大阪と映画との深い関わりを探った拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)を上梓して、早1年以上が経ちました。

難波が映画興行(仏リュミエール商会のシネマトグラフ)のみならず、映画上映(米エジソン商会のヴァイタスコープ)も国内で最初に行われていた可能性が極めて高いことを本書の中で明らかにしました。

言うなれば、難波が「日本における映画のふるさと」です。

その難波を本拠地にする南海電鉄がミナミの町づくりの一環として、12月7日(木)に特別セミナーを開催してくれることになりました。

ぼくの講演と活動弁士付きの無声映画上映です。

会場は南海電鉄の本社ビル内にある大阪府立大学I‐siteなんば(サテライト・キャンパス)。

これまで各地で講演を重ねてきましたが、どういうわけかお膝元の難波では一度もお話しする機会がなかっただけに、すごくうれしいです。

この地が「映画のふるさと」であることを地域の人たち、南海沿線の人たちだけでなく、広く大阪・関西の人、映画好きの人に知ってもらえればと切に願っています。

何と入場無料です~!!!!

大阪の歴史遺産を再認識する1つの機会だと思います。

ふるってご参加ください~(^_-)-☆

-お知らせ, 大阪, 映画, 講演

執筆者:


  1. 奥田幸治郎 より:

    武部様 ご無沙汰をしております。12月7日の催しを南海さんに申し込みました。お目にかかれることを楽しみにしております。奥田幸治郎

    • admin より:

      奥田さま お久しぶりです。申し込み、ありがとうございます!!
      活動弁士によるサイレント映画上映は面白いと思います。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大人を観させる『シン・ゴジラ』

大人を観させる『シン・ゴジラ』

昨日、『シン・ゴジラ』を劇場で観ました。 マスコミ試写がなく、いきなりの封切りでした。 よほどの自信作~と製作・配給の東宝が踏んでいたのでしょう。 観終わって、体が震えた。 これまでのゴジラ映画とは全 …

2014年 映画ベストテンの発表~(^_-)-☆

2014年 映画ベストテンの発表~(^_-)-☆

ジャジャジャーン、映画ベストテンの発表です~(^O^)/ 今年もよぉ、映画を観ました~(^^♪ なにせ仕事とあって、映画配給会社の試写室がほとんどでしたが……。 お金をかけた大作よりも、小粒でピリリと …

Osaka Metroのアプリ『Otomo!』にぼくのエッセイ「〈映画のふるさと……難波!〉が掲載中

Osaka Metroのアプリ『Otomo!』にぼくのエッセイ「〈映画のふるさと……難波!〉が掲載中

Osaka Metro(旧大阪市営地下鉄)のアプリ「Otomo!」に掲載中のぼくのエッセイです。 タイトルは、『〈映画のふるさと〉……難波!』 これ、拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)を上梓した2年 …

笑わせる高度な会話劇~『セトウツミ』

笑わせる高度な会話劇~『セトウツミ』

大阪人が2人寄れば、お笑いが生まれる。 まさにそれを地でいく映画。 高校2年生の男子生徒2人が座ったまま平坦な無駄話を続ける様子をありのままに映し出す。 脱力系の面白さが際立ち、ひと味違った青春グラフ …

3月6日(土)、奈良・今井町でトークショー『映画に見るカフェ~ティー&コーヒーは名脇役』

3月6日(土)、奈良・今井町でトークショー『映画に見るカフェ~ティー&コーヒーは名脇役』

江戸時代にタイムスリップしそうな奈良県橿原市今井町。 国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されている古風な町です。 全編、奈良で撮影されたミュージカル映画『すくってごらん』が3月12日から公開され …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。