武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

君の瞳に乾杯~♪

投稿日:2009年1月26日 更新日:

casablanca
ズバリ、洋画のなかで一番の名ゼリフだとぼくが思っているのがこれ。
「君の瞳に乾杯~!」
クラシック映画の名作『カサブランカ』(1942年)のなかで、シャンパン・グラスを手にしたハンフリー・ボガートがイングリッド・バーグマンにささやいた言葉です。ちなみに、シャンパンはノド越しの良いコルドン・ヴェール・ドミ・セック。
第2次大戦中、ナチス・ドイツの脅威から逃れようとヨーロッパ中から集まってきた難民でごった返すフランス領モロッコのカサブランカ。運命のいたずらか、逢うべきではない、かつて愛し合ったふたりがそこで邂逅する……。不朽の恋愛映画と思われていますが、じつは反ナチスの映画でもあるんです。
で、例のセリフですが~。
「Here’slooking at you,kid !」
これが英語のセリフ。直訳すれば、「君を見ることに乾杯~!」といったところでしょうか。どこにも「瞳」の文字が見当たりません。でも、バーグマンの潤んだ瞳を見て、字幕翻訳者(故・高瀬鎮夫さん)が「君の瞳に乾杯~!」と訳したんです。
すごいなぁ~と思う。映画の字幕翻訳は、英語力よりもむしろ感性と日本語力がモノを言うんですね。
ほろ酔い気分になった女性が、このフレーズを男性から言われたら、どうなるんでしょう? もちろん男にもよると思いますが、多分、グラッとくるんとちゃいますかね。
でも、「君の瞳に乾杯~!」なんて言える男はまずいません(と思います)。言えるとしたら、よほどカッコをつけている男か、あるいは詐欺師にちがいありません。映画のなかでこそ映える言葉ですよ。
蛇足ですが、日本映画の最高の名ゼリフは、『夫婦善哉』(1955年)のなかで、森繁久弥さんが淡島千景さんに何度も発していた言葉。これがぼくにはたまりません。
「おばはん、頼りにしてまっせ~!」

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

愛すべき〈大阪映画〉、『ねばぎば新世界』が10日から公開~(^_-)-☆

愛すべき〈大阪映画〉、『ねばぎば新世界』が10日から公開~(^_-)-☆

「梅に鶯、松に鶴、牡丹に唐獅子、勝吉いうたら、このコオロギでっせ!」 勝新太郎と田宮二郎のコンビによる任侠映画の金字塔『悪名』を彷彿とさせる、痛快作『ねばぎば新世界』が10日から順次公開されます。 と …

モビィ・ディック(巨大白鯨)は実在していた~! アメリカ映画『白鯨との闘い』

モビィ・ディック(巨大白鯨)は実在していた~! アメリカ映画『白鯨との闘い』

大昔、ハリウッド俳優グレゴリー・ペックが主演した『白鯨』(1956年)という映画がありました。   バカでかいマッコウクジラ「モビィ・ディック」に片足を食いちぎられたエイハブ船長が、復讐心を …

ビートルズ愛が凝縮したイギリス映画『YESTERDAY イエスタデイ』(10月11日公開)

ビートルズ愛が凝縮したイギリス映画『YESTERDAY イエスタデイ』(10月11日公開)

『ボヘミアン・ラプソディ』や『ロケットマン』など英国のミュージシャンを描いた映画が相次いで製作されていますが、極めつけはこれかな!? 10月11日公開の『YESTERDAY イエスタデイ』。 名匠ダニ …

久しぶりのブログ! 新作映画『オフィシャル・シークレット』(英)のご紹介です

久しぶりのブログ! 新作映画『オフィシャル・シークレット』(英)のご紹介です

緊急事態宣言が発令されてから、むしろやるべきことが多くなり、なかなかブログを更新することができませんでした。 久しぶりに新作映画の投稿です。 イギリス映画『オフィシャル・シークレット』。 2003年の …

キネ坊主(Cine Boze)にトークイベントの内容が載りました!!

キネ坊主(Cine Boze)にトークイベントの内容が載りました!!

関西の映画シーンを伝えるサイト「キネ坊主(Cine Boze)」。 そこに17日、テアトル梅田でのイギリス映画『ウイスキーと2人の花嫁』のトークイベントの内容がすべて掲載されています。

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。