武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

お酒

お酒は飲んでなんぼのモン~!?

投稿日:2009年1月28日 更新日:

oldcomberこの写真のボトルを見て、どんなウイスキーなのかピンときた人はかなりの洋酒通だと思います。
アイリッシュ・ウイスキーのオールド・コンバー(OLD COMBER)といいます。1953年に蒸留所が閉鎖され、いまや入手するのが非常に困難なレアな代物です。
蒸留所はイギリス領北アイルランドのコンバーの町にありました。北アイルランドであれ、南のアイルランド共和国であれ、アイルランド島で造られたウイスキーはみなアイリッシュ・ウイスキーです。お酒には国境なんてないんですね。
14年前、アイルランドの片田舎の酒屋さんで購入しました。店の棚の隅に埃まみれになっているボトルを発見し、「ワ~ッ!!」と絶叫! アイルランドにいることをすっかり忘れ、「ちょうだい、ちょうだい、ぼくのん!」と日本語でまくしたて、手を震わせながらお金を支払ったのを鮮明に覚えています。
たしか日本円で2500円ほどでした。多分、値打ちがわからなかったのでしょう。その20倍出しても、OKという人がいると思いますが……。
このボトル、空っぽです。飲んじゃいました~! 昨年の春、自宅で宴会を開いたとき、酔った勢いと心地よい雰囲気に呑まれ、「これ、めちゃ珍しいウイスキーやねん。空けるで~!!」とみんなで味わったんです。
熟成が30年以上も経っているお年寄りのウイスキーなので、枯れた味わいとでも言いましょうか、樽(リグニン)の風味が妙に強かったです。期待したほどではなかった……。
数年前のぼくなら考えられなかったことです。なにしろいっぱしのウイスキー・コレクターでしたから。もったいなくて、そんな大それたことできるわけがありません。封を切るなんてバチが当たるとさえ思っていました。
「日本でオールド・コンバーを持っているのは、ひょっとしてぼくだけかも?」なんて自己満足に浸って、せっせとボトルを磨いていたな~。他にもレアなウイスキーをいろいろ抱えていまして、眺めるだけで眼をトローンとさせていました。
でもねぇ~、お酒は飾っていてもしゃ~ない、飲む人を心地よくするために造られたモノなんやと思うようになって。もし交通事故などで突然、あの世に逝ったら、味もわからぬままそのウイスキーとの縁が切れてしまうんですからね。
あのときオールド・コンバーの価値を知っている人はいなかった。でもめちゃめちゃ楽しい飲み会でした。それでええやんと思ってます。翌朝も、「あ~、なんで飲んでしもうたんやろ」と後悔することもなく。
そうは言っても、正直、未練があり、いまだボトルを捨てきれないでいます。これも煩悩かな。

-お酒

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シェリー酒でほろ酔いに?♪

シェリー酒でほろ酔いに?♪

スペインと言えば、フラメンコと闘牛をまず思い浮かべる人が多いと思います。どちらも南部アンダルシアで育まれた文化です。めちゃ情熱的ですね?♪ じつはスペインは、「ケルト」の息吹が漂う北西部ガリシア、民族 …

ボビーズ・バー……、40年間、お疲れさまです~!

ボビーズ・バー……、40年間、お疲れさまです~!

ボトルが店内にひしめき合っている大阪・曽根崎のオーセンティック・バー、ボビーズの店主、千頭一心(ちかみ・いっしん)さんが創業40周年を迎えはりました。ほんとうにおめでとうございます~! そしてお疲れさ …

仲一馬さん、追悼カクテルコンペ

仲一馬さん、追悼カクテルコンペ

かれこれ5年ぶりでしょうか、本当に久しぶりにカクテル・コンペを見に行きました。 大阪・堺で開かれた(社)日本バーテンダー協会南大阪支部の大会です。 さる6月に不慮の事故で亡くなられた同支部の設立者、仲 …

新刊『ウイスキー アンド シネマ』、ドカーンと紹介されました!!

新刊『ウイスキー アンド シネマ』、ドカーンと紹介されました!!

ウイスキーの専門誌『Whisky World』の2月号に、新刊『ウイスキー アンド シネマ』(淡交社)の紹介記事が大きく載っています!!     この雑誌に連載していたのを出版化し …

マッカラン50年をテイスティング~(^O^)/

マッカラン50年をテイスティング~(^O^)/

マッカラン50年~!! 世界で160本しかリリースされていないシングルモルトの超逸品(1949年)を昨日、大阪の某所でテイスティングしました。 今や信じられない値がついています。 いただいたのは20m …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。