武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

大阪 映画 講演・トークショー

道頓堀並木座でのトークライブ『ミナミ・道頓堀と映画の心地よい縁(えにし)』、大盛況でした!

投稿日:

OSAKAものことファクトリー「道頓堀 結」のオープニング企画、『ミナミ・道頓堀と映画の心地よい縁(えにし)』と題したぼくのトークライブが昨夜、道頓堀並木座で開かれました。

会場へ着くと、「満員御礼」の表示が!

否が応でもテンションが上がってきますね。

日本における映画の初上映と初興行が難波で行われたこと、道頓堀にあった映画館の変遷、道頓堀を描いた映画など、てんこ盛りの内容をパワポの画像を流しながら、約1時間半にわたって解説しました。

途中、次作の小説のタイトルとペンネームもこっそり明かしました(どこがこっそりや (笑))。

皆さん、熱心に耳を傾け、よぉ笑うてくれはり、気分よく喋れました~

主宰者の野杁さん(右)と筒井さんの3人で

「懇親会」を終え、心地よい疲労感に浸りながら、1人で近くの居酒屋に入ると、何とトークライブに参加してくれはった〈飲み同志〉と会い、びっくりポンでした~

そんなわけで実に素敵な夜になりました。

-大阪, 映画, 講演・トークショー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今宵、映画『ひとくず』の上映終了後、ゲスト出演~! at 十三のシアターセブン

今宵、映画『ひとくず』の上映終了後、ゲスト出演~! at 十三のシアターセブン

昨年10月以降、各地で五月雨上映され、大好評の映画『ひとくず』。 幼児虐待に真正面から向き合い、人間捨てたモンやおまへんと思わせる骨太な作品です。 今日、大阪・十三のシアターセブンで上映終了後、舞台挨 …

昭和の一断面~映画『11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち』

昭和の一断面~映画『11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち』

三島由紀夫の映画が今日から封切られています。 いろんな意味で、興味深い作品でした。 ぼくには非常に懐かしい事件でしたが……。      ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ © …

摩訶不思議なアート映画~『ブリューゲルの動く絵』

摩訶不思議なアート映画~『ブリューゲルの動く絵』

今日、節分ですね。 知り合いの知り合いになる某女性占い師さんがこんなことを言うてはったそうです。 今夜の午後7時から15分間と8時から15分間、それぞれ静かな状態で座っていたら、今年、自分を支えてくれ …

めちゃめちゃ元気をもらえる『のんちゃんのり弁』~♪

めちゃめちゃ元気をもらえる『のんちゃんのり弁』~♪

      (c)2009「のんちゃんのり弁」製作委員会 今、公開中の日本映画『のんちゃんのり弁』は超オススメです。とくに落ち込んでいる人にはカンフル剤になるかも~。 以下、『うずみ火』(48号)に書 …

落語好きの新聞記者&噺家との珍道中記~『笑福亭純瓶と行く 上方噺三十六景 落語散策そぞろ歩き』

落語好きの新聞記者&噺家との珍道中記~『笑福亭純瓶と行く 上方噺三十六景 落語散策そぞろ歩き』

古巣新聞社の社会部記者、彦坂真一郎さんのもう一つの顔が上方噺研究家。 狐狸窟彦兵衛(こりくつ・ひこべい)という雅号を持ってはります。 確か大学時代、落語研究会に入ってはったと思います。 「遊び心」をみ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。