武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

大阪 映画

愛すべき〈大阪映画〉、『ねばぎば新世界』が10日から公開~(^_-)-☆

投稿日:

「梅に鶯、松に鶴、牡丹に唐獅子、勝吉いうたら、このコオロギでっせ!」

勝新太郎と田宮二郎のコンビによる任侠映画の金字塔『悪名』を彷彿とさせる、痛快作『ねばぎば新世界』が10日から順次公開されます。

ともに大阪生まれの赤井英和さんと上西雄大さんのダブル主演。

上西さんは、子どもの虐待を鋭い視点から見据えた『ひとくず』を世に放ち、国内外で大きな話題になりました。

本作でも、主演、監督、脚本、プロデューサーとすべてこなしてはります。

舞台でも大活躍している注目株の表現者です。

映画は、赤井さんのテリトリーともいえる大阪・新世界を舞台に、宗教団体の仮面を被った悪の組織に、新世界の勝吉と弟分のコオロギが果敢に立ち向かっていくというストーリー。

「絶対、負けたらアカンのんじゃ。ねばぎばじゃ!」

「へー、親分、わかっとりまっ!」

息の合った2人の丁々発止のやり取りがたまりませんわ。

弱きを助け、強気を挫く――。

愚直なほどの正義感を胸に抱いた勝吉とコオロギが、昭和のレトロ感が充満する中、エネルギーを炸裂させるんですわ!

愛すべき「大阪映画」が誕生しました!!

-大阪, 映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画の地を訪ねて~ポーランド・クラクフ『シンドラーのリスト』

映画の地を訪ねて~ポーランド・クラクフ『シンドラーのリスト』

1月も今日で終わり。 月日の経つのが早すぎますね。 今朝の読売新聞朝刊にぼくの拙文が載っています。 (シワシワの紙面をそのまま接写しました。Sorry!) 随時連載をしている『映画の地を訪ねて』。 今 …

「大阪都構想」に対する私見です

「大阪都構想」に対する私見です

「大阪市を廃止し、特別区を設置することについての投票」が1週間後(11月1日)に迫ってきました。 「都」にはならないのに(笑)、いわゆる「大阪都構想」の是非を問う住民投票です。 ぼくは大阪市内で生まれ …

講演『織田作の映画』~30日(火)のオダサク倶楽部6月例会で

講演『織田作の映画』~30日(火)のオダサク倶楽部6月例会で

オダサクさん(織田作之助)は小説だけでなく、映画にもえらい執心してはりました。   その一端を、30日(火)のオダサク倶楽部6月例会でお話ししようと思うています。 演題は『織田作の映画』です …

知的好奇心をくすぐる歴史ミステリー~『もうひとりのシェイクスピア』

知的好奇心をくすぐる歴史ミステリー~『もうひとりのシェイクスピア』

 新年早々、興味深い映画が公開されます。   この手の映画には弱いです。   もう一度、見に行くつもり。        ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ …

クールすぎる韓流フィルム・ノワール~『アジョシ』

クールすぎる韓流フィルム・ノワール~『アジョシ』

映画、ドラマ、音楽などのひろいジャンルで、韓流が日本でも定着してきていますね。 かつては年配の女性だけが心をときめかせていたのに、今では年齢層がグンと下がってきているようです。 火付け役となったあの『 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。