武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

講演・トークショー

この非常時、書店の果たす役割とは?? 昨日、隆祥館書店で討論会がありました。

投稿日:

昨日、大阪・谷町六丁目にある町の本屋さん、隆祥館書店で、『非常時における文化のインフラとしての本屋のあり方』について、店主の二村知子さん(司会)、作家の増山実さん、ジャーナリストの木村元彦さんと意見を交わしました。

もちろん、「三密」を避けるため、窓を開け放ち、SD(社会的距離)を確保しての「無観客(参加者)」の討論会。

本は‥‥、映画、音楽、演劇、各種芸能などと同様、人の心に潤いと生きる知恵を与えてくれるものだと思うてます。

まさに文化です~

ぼくにとっては、ちょっと大げさかもしれませんが、生きる上で欠かせない「ライフライン」のようなもの。

ともすれば心が枯渇しがちなこの異常な状況下だからこそ、「心の栄養剤」としての本の役割がますます重要性を帯び、本屋さんの存在価値が高まっていると思うのです。

とりわけ、町の本屋さんは、大型書店やネット通販では味わえない「ふれ合い」の場でもあります。

大型書店がスーパーなら、町の本屋さんは、八百屋、果物屋などの個人商店。

ぼくは温もりのあるそんな町の本屋さんが大好きです~

チャップリンではないけれど、「街の灯」のような存在。

幸い、今のところ書店は休業要請の対象になっていません。

厳しい外出自粛が続いていますが、近くに書店があれば、散歩の途中、食料や日用品の買い物帰りに、ちょこっと立ち寄ってもらいたいな~。

休業していない本屋さんがありますから~

こんなことをぼくはお話ししました。

他のゲストの方からも貴重なご意見を拝聴でき、すごく実りのある集いでした。

この場で出た発言が何らかの形で生かされることを切に願っています~

後日、しかるべき形でこの日の内容がオープンになると思います。

-, 講演・トークショー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

4月18日、隆祥館書店で文化イベント~!!

4月18日、隆祥館書店で文化イベント~!!

世の中がだんだんややこしくなってきましたが……、だからこそ、こんなイベントが意味を持つのではないでしょうか。 『文化のインフラとしての本屋のあり方』 4月18日(土)15時~17時、大阪・谷町六丁目に …

南大阪・泉北ニュータウンの酒肆 BAR KANEDAでのトークライブ~(^_-)-☆

南大阪・泉北ニュータウンの酒肆 BAR KANEDAでのトークライブ~(^_-)-☆

昨夜は南大阪・和泉市にある酒肆 BAR KANEDA酒肆で新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)のトークライブでした。 トークライブは、隆祥館書店(中央区谷町六丁目)⇒ …

『探検! 発見! 関西の近代化遺産』

『探検! 発見! 関西の近代化遺産』

『探検! 発見! 関西の近代化遺産』 明治安田生命「関西を考える会」が作成した冊子が届きました。   明治以降、産業・交通・土木に関する建造物について、学識者によるアンケートの回答をまとめた …

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(1)

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(1)

きのうのサッカー「アジア杯」、日本VS韓国戦はめちゃめちゃ見応えありましたね。 PK戦でのGK川島の神がかり的な奮闘には恐れ入りました。 最後の最後まで諦めない韓国チームの粘りにも恐れ入りました。 恐 …

ありがたい紹介記事、大阪日日新聞紹介

ありがたい紹介記事、大阪日日新聞紹介

こんな記事が出ると、無性にうれしくなりますね~(^_-)-☆   ちょっと前ですが、10日付けの大阪日日新聞1面の「潮騒」。     拙著『ウイスキーアンドシネマ』のことを見事な文章で紹介し …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。